株式会社Z会の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/08/15

執筆: 編集部

教育関連事業の各社との資本提携、業務提携に力を入れる「株式会社Z会」の第20期決算

第20期決算公告

  • 当期純利益:5,900万円
  • 利益剰余金:28億3,600万円

となりました。

Z会は経済産業省が主導する「未来の教室」実証事業に、昨年に引き続き採択されたと発表しました。

2019年は中学校1年生138名を対象に、「AI教材と人の指導による数学修得の効率化」を通して、探究学習の一層の充実を試みます。
この取り組みは、実証校の教員と同社の子会社であるZ会エデュースから派遣されるサポーターとが連携し、タブレット型AI教材「atama+(アタマプラス)」を用いた個々の生徒に最適化された数学の指導を行うことで実現をめざすものです。




出典:公式HP

第19期決算公告(2019年7月更新)

業績推移

決算期
(百万円)
16/3
(第17期)
17/3
(第18期)
18/3
(第19期)
当期純利益 115 △231 △3
利益剰余金 3,011 2,780 2,776 

株式会社増進会ホールディングスの完全子会社で事業会社の株式会社Z会。幼児から大人まで対象に通信教育事業を手がけてます。

小中高校生向けにプログラミング学習を提供していたり、親会社である増進会ホールディングスは学習プラットホーム「Clear」を運営するアルクテラス株式会社に出資したりするなど教育の変化に柔軟に対応しています。

会社概要

会社名 株式会社 Z会
事業内容 通信教育事業、首都圏および関西圏の教室事業、出版事業、模擬試験の運営
所在地 静岡県三島市文教町一丁目9番11号
設立日 2000年
代表 藤井 孝昭
資本金 1億円

 

kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

ページトップへ