AtCoder株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/10/17

執筆: 編集部

国内最大のプログラミングコンテストを運営する「AtCoder」の第7期決算 

第7期決算公告

  • 当期純利益:421万円
  • 利益剰余金:3,790万円

となりました。

AtCoderはプログラミングコンテストの企画、運営、さらにソフトウェアエンジニアの採用支援を手掛けています。

プログラミングコンテストとは、「もの作りのアイデアを競う」とか「製品を作る」という部分から少し乖離した、「複雑な処理を正しく記述する」や、「計算時間のかかる処理を、数学的/情報科学的にスマートに処理する」を競うコンテストです。

多くの人が参加できるように、専門分野に対する知識等は出題されず、ベースとなるアルゴリズムに関する問題が出題されます。
コンテストは毎週開催され、3000人ほどが同時に参加しています。

ソフトエンジニア採用支援は、プログラミングコンテストで多くのエンジニアと接点を持てるAtCoderならではのビジネスと言えます。

今期の純利益は420万円ですが、エンジニア採用支援が軌道に乗れば、さらにマネタイズが可能になると考えられます。

出典:公式HP

第6期決算公告(2018年12月更新)

AtCoderの業績推移

決算期
(千円)
16/05
(第4期)
17/05
(第5期)
18/05
(第6期)
当期純利益 10,103 7,919 6,572
利益剰余金 35,040 27,122 33,694

2018年第6期の当期純利益は前年比-17%で657万円、利益剰余金は3,369万円となりました。

プログラミングコンテストは2017年9月時点で参加者が1万人を突破しました。参加者のうち、半数が外国からの参加というのが特徴的です。

会社概要

会社名 AtCoder株式会社
事業内容 プログラミングコンテストの企画・運営、ソフトウエアエンジニアの採用支援・能力判定業務
所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-13-18オフィスコート代々木C2号室
設立日 2012年6月
代表 高橋直大
資本金 100万円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

決算、M&A、出資情報の最新記事

ページトップへ