日本大学の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2020/01/22

執筆: 武井彩菜

在籍学生数が74,000人を超える「マンモス大学の代表格」日本大学の第9期の決算

第9期決算公告

  • 当期純利益:1億568万円
  • 利益剰余金:2億3,226万円

となっています。

業績推移

決算期
(千円)
第7期 第8期 第9期
当期純利益 32,077 53,976 105,683
利益剰余金 72,600 126,577 232,261

16学部87学科、在籍学生数は74,000人を超える、いわゆる「マンモス大学」の代表格ともなっている日本大学。

そんな日本大学の第9期の決算公告を見ていきます。

ここ数年、アメフト部のタックル問題やラグビー部員の薬物所持疑惑など、度々メディアに騒がれている日本大学ですが業績は順調に推移し、第9期の当期純利益は1億568万円となっています。

しかしながら内訳を見てみると、収入の部では「私立大学等経常費補助金」が予算対比で31億円の減収となっており、"タックル問題"が世間で騒がれたことが原因との見方もできます。

それに対し、支出の部では退職金の減少により人件費支出が減ったほか、校舎建設・改修工事の計画変更により全体的に予算対比で支出は減っています。

その結果、当期純利益・利益剰余金ともに増となりました。

大学概要

大学名 日本大学
事業内容 1889年(明治22年)に創立された日本法律学校を前身とし、平成31年で創立130年を迎えました。幼稚舎から大学まで幅広い教育活動を行なっています。
所在地 東京都千代田区九段南4-8-24
設立日 1889年
創立者 山田顕義
資本金 -

 

kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

決算、M&A、出資情報の最新記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ