OnlineOCR.net

記事更新日: 2021/04/30

執筆: 編集部

編集部コメント

PDF書類をワードファイルに変換する際、従来はファイルを確認しながら手入力で文章を書き起こすという作業が一般的でした。しかし、複数のPFDファイルをこの方法でワードに書き起こしていたのでは、莫大な時間や手間がかかってしまいます。そんな手間を省ける便利なツールが、今回ご紹介する無料で使える「OnlineOCR.net」です。

AI-OCRツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

AI-OCRツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

1. 文字認識

キャプチャされたイメージから文字認識できる

2. 変換機能

PDFをワードに変換できる

3. 表や囲み記事にも対応

表や囲み文字に対しても元の文章を再現して変換できる

良い点

「OnlineOCR.net」は無料で利用できるツールで、ダウンロードすればすぐに利用が可能になります。現在使っているコンピューターにインストールする必要もありません。

悪い点

基本的には高精度ですが、新聞のように、行間が狭かったり、縦書きと横書きが入り混じった文章の場合、誤認識を起こす可能性があります。そのため、一度画像編集ソフトで文章の切り抜きなど編集をしなければならない場合もあります。

費用対効果:

無料で利用でき、ダウンロード後に費用が発生することもありません。

UIと操作性:

ダウンロードするだけですぐに利用でき、利用にあたって専門的な知識も必要ないため気軽に利用し始めることができます。

社外連携:

社外連携には対応していません。

OnlineOCR.netの特徴3つ

1. ダウンロードだけですぐに利用可能

「OnlineOCR.net」は、ソフトを購入したりオンプレミスまたはクラウドサービスの申込は必要なく、ダウンロードすれば無料で利用できる利便性の高いツールです。

このツールは登録なしのゲストモードで利用できますが、1時間に15ファイル(ファイルが複数ページある場合では15ページ分)までという利用制限があります。

そのため、変換したいファイルが大量にある場合では、終了までに長時間を必要とする可能性もあります。

登録してからの利用では、複数ページのPDFを変換できたり、あらゆる機能の利用が可能になります。

変換が必要なファイルが多い場合には、ゲストモードではなく登録したうえでの利用をおすすめします。

2. 今すぐに編集が可能なワードファイルに変換できる

「OnlineOCR.net」はPDFをワードに変換できるツールで、文章だけでなく、表、囲み文字、図表から元の文書を再現することもできます。

表や囲み文字、図表などは、PDFから書き起こそうとすると手間や時間がかかりますが、このツールを利用すれば、ややこしい手作業の必要がなく、直ちに元の文章を再現できます。

3. キャプチャ画像からの読み込み、46の言語にも対応

「OnlineOCR.net」はスキャンPDFドキュメントのほか、写真またはデジタルカメラでキャプチャされたイメージからも文章を起こすことができます。

また、このツールはワードだけでなくエクセルやテキストファイルへ変換することもでき流ため、使い勝手が良いツールだと言えます。

 また、日本語、中国語、韓国語をはじめ、46か国の言語にも対応でき、実際の文字に忠実に文章を再現できます。

OnlineOCR.netの料金プラン

無料で利用できるツールで、利用開始後に料金が発生することはありません。

まとめ

「OnlineOCR.net」は無料で利用できるOCRツールで、ゲストモードまたは登録した状態で利用できます。

ファイル素数やページ数が少ない場合では、サイトにアクセスした状態でゲストモードを利用すれば、登録なしで利用できます。

ただし、ゲストモードでは1時間に変換できるファイル数やページ数が限られているため、大量のPDFファイルがある場合は、登録してから利用することをおすすめします。

画像出典元:「OnlineOCR.net」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

AI-OCRの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

AI-OCR
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ