AI スキャンロボ

記事更新日: 2021/04/30

執筆: 編集部

編集部コメント

いつもの請求書や発注書の処理、大変だと感じていませんか?それなら、今回ご紹介するAI-OCRツールの「AI スキャンロボ」の導入がおすすめです。このツールは、従来のOCRとは異なり、座標を固定しなくても正確に読み取ることができるという特徴を持っているため、面倒なテンプレート作成でも数分で完了できます。

AI-OCRツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

AI-OCRツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

1. 独自の文字認識システム

ネットスマイル独自のOSRプログラムを導入、高精度の読み取りが可能

2. 非定形レイアウト対応

請求書など、非定形のフォーマットを分析し、その蓄積によって使用頻度が高いフォーマットをいち早く読み込めるようになります。

3. 経理システムとの連携

データファイルを作成すれば、経理システムとの連携が可能

良い点

「AI スキャンロボ」に搭載されているAIは精度が高く、座標がズレた状態であっても素早くかつ正確にデータを読み取れます。

悪い点

申込後にヒアリングが行われ、その後に見積もり、契約、利用開始という流れになるため、申込から利用開始までには少々時間がかかる可能性があります。

費用対効果:

長時間を費やしていたデータ入力やテンプレート作成の時間を大幅に削減できます。

UIと操作性:

従来のOCRよりも高性能なため、専門性が高い知識なくても難なく操作できます。

社外連携:

自社の経理システムと連携できますが、他社との連携には対応していません。

AI スキャンロボの特徴3つ

1. 特許出願中・オートセグメンテーション機能

「AI スキャンロボ」のオートセグメント機能とは、あらゆる形式の請求書などの画像と文字領域を分割、分析したうえで、自動的にテンプレートを作成できる機能です。

この機能では、文章の配置を細かく解析し、自動的に文字認識を行う順番を決めていきます。

そのため、多種多様な請求書や帳票に対応でき、これまでのOCRのように、何度も手作業で修正しなければならないというトラブルが起こりにくくなります。

独自のオートセグメンテーション機能搭載

2. 修正機能が充実

テンプレート作成の際にはマウス操作で直感的に修正エリアを選択し、修正できます。従来のOCRでテンプレート作成をする場合、エリアの修正に長時間を費やすことが少なくありませんでした。

一方、「AI スキャンロボ」なら見たままの修正を容易に行えるため、面倒なテンプレートも短時間で作成できるのです。

さらに、スキャンした画像の傾きや縮小については自動修正が行われ、ノイズ除去や網掛け文字処理なども簡単に行えます。

素早いエリア修正が可能

自動修正機能も充実

3. スムーズなDB連携

AIによってテキスト化したデータを、人の目で再確認することにより、より精度の高いデータとなります。この状態で経理システムのデータベースと連携させれば、正確性が高いデータになり、連携に関する不安は軽減されます。

なお、スキャン画像と認識文字は画面上で並べて表示できるので、確認がしやすく修正もスムーズに行えます。

経理システムのDBとスムーズに連携

スキャン画像を確認しながら修正できる

AI スキャンロボの料金プラン

料金プランは公式HPからお問い合わせください。

AI スキャンロボの評判・口コミ

省力化を実感
三菱食品株式会社様

省力化という点で、すでに効果は出ています。新規事業の部署には、経理のわかる人間が必要になります。そういった部署で活躍できる人材を育成することはミッションのひとつでもあります。業務整理ができて定型化された業務は、なるべく機械にまかせる。次はAI照合や、決済自体も自動化したいと考えていますし、RPAにも取り組んでいるので、他の部署と連携しながら進めていきたいと思います。」

職員の業務の削減に期待
株式会社ジェーシービー様

「データ入力そのものは大してコストもかからないので、処理すべき量が何万件というレベルにならない限りは、それほど効果は感じないと思います。しかし、データ入力したものが正確なのかどうかをチェックする必要があり、そこにかなりの労力とコストがかかっています。データ入力そのものではなく、データ入力後の照合を自動化したいというのが、もともと当部署の施策でした。チェックや再鑑は一定の役職者以上の業務になるため、コストがかかります。サービス導入で、高単価な職員の業務の削減にもつながることを期待しています。」

*「AI スキャンロボ」公式HP参照

まとめ

「AI スキャンロボ」には独自のオートセグメンテーション機能が搭載されており、めんどうなテンプレートでも数分あれば作成できます。

また、このツールの最大のメリットは、非定形書類に柔軟に対応できるという点にあり、あらゆる種類の請求書や発注書でも素早くかつ正確にスキャンできます。

時間がかかっていた手入力業務を削減したいなら、「AI スキャンロボ」の導入を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「AI スキャンロボ」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

AI-OCRの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

AI-OCR
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ