smart OCR

記事更新日: 2021/03/24

執筆: 編集部

編集部コメント

Smart OCRはオンプレミス型とプライベートクラウド形のライセンス版2タイプと、汎用型のクラウドサービスとAWS環境付属の専用クラウドサービスの2タイプが用意されているAI-OCRツールです。基本インターフェースはWebブラウザ上に表示され、同時に複数人での操作が可能であるため共同作業にも最適です。大量の書類を複数人で整理することが多い方々におすすめのAI-OCRといえるでしょう。また、名刺などもスキャンして保存できるので、名刺管理ツールとしても利用できます。

AI-OCRツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

AI-OCRツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

1. 高精度データ抽出機能

文字背景のノイズのようなカラー情報を瞬時に読み取り、抽出したい文字だけを認識しデータ化

2. 変換後の文字チェックが容易

OCR変換後に自動で文字の信憑率が色分け表示されるので、変換後の文字チェックを効率よくできる

3. RPAとの連携が可能

RPAツールだけでは対応できなかった紙文書のデータ化を効率的に行え、一連の業務プロセスを自動で実行できる

良い点

データを取り込んでからおよそ3秒で画像の歪みを補正したり、ノイズを除去しながら必要な項目だけをデータ化

悪い点

初期費用が高く、月額費用もスキャン数で縛りがある

費用対効果:

初期費用がかかるため、複数人で使えるといえ少数人での使用には少し高いと言える。

UIと操作性:

クラウド型であればインストールを行う必要なく、簡単に導入可能

smart OCRの特徴

保険代理店業務の業務フローにベストマッチ

smart OCRを提供するインフォディオ株式会社は、親会社に保険代理店であるアイリックコーポレーションを持っているため、保険代理店業界の業務フローに精通しています。

そして、smartOCRも保険代理店の業務フローにぴったりなAI-OCRツールと言われており、実際に保険代理店への導入実績と高評価を得ています。

保険関連を扱う会社でAI-OCRの導入を検討している場合はベストマッチなAI-OCRツールと言えるでしょう。


ディープランニングで改善を

smartOCRはAI-OCRとRPAの2つの側面を併せ持っているツールです。

AI-OCR面では、ディープラーニングを使用した文字認識エンジンとノイズ除去エンジンを搭載しているため、使用すればするだけ機能の改善が見込まれる点が特長です。特にノイズ除去エンジンが強力だと言われています。

文書画像のノイズ、網掛けの文字処理、反転していて読みづらい文字の処理、塗りつぶしてある文字の処理、罫線処理の文字など識字を行う上で邪魔なこれらの障害をディープランニングによって学習し、自動でいらないものと認識させ、除去することを可能にしています。

そのため、読み取った文書を綺麗に整え、データ化することが簡単にできます。


 

smart OCRの料金プランの特徴

  • クラウドサービスは3ユーザー、300枚まで月額3万円~
  • 専用クラウドサービスは5ユーザー、1万枚まで月額35万円~
  • プライベートクラウドは5ユーザー、1万枚まで月額10万円~
  • オンプレミスは5ユーザー、1万枚まで月額10万円~

それぞれのプランで別途初期費用10万円~がかかります。

画像出典元:「smart OCR」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

AI-OCRの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

AI-OCR
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ