Refcome Engage

記事更新日: 2020/03/30

執筆: 編集部

運営コメント

社員のモチベーション向上のためのデータ収集・分析・改善アクションをおこないたい企業におすすめのモチベーション管理システムです。アンケートによる社員の状況の分析だけでなく、個別のヒアリングもコンサルタントに任せることができます。ワークショップの開催もサポートしえもらえるなど、サポート体制が充実しています。

1. アンケート機能

社員に対し1~2分程度で回答できるかんたんなアンケートを実施できる

2. 分析機能

「人間関係」「組織風土」「職務内容」などの項目によって組織の状況を詳細に分析

3. グラフ化機能

アンケート集計結果・分析結果はグラフ化することができる

良い点

アンケート結果の分析だけでなく、個別のヒアリングからワークショップ開催の補助まで、サポート体制が充実している点が大きな魅力です。

悪い点

アンケートにはスマートフォンで回答できますが、公式サイト上にはフィーチャーフォンで回答できるかの記載はないため注意が必要です。

費用対効果:

UIと操作性:

スマートフォンで回答できる手軽さに加え、画面表示もスマートフォン向けとなっており操作しやすいです。

サポート体制:

個別のヒアリングからワークショップ開催までサポート体制は万全です。

Refcome Engageの特徴

高いアンケート回答率

Refcome Engageでは、かんたんなアンケートを実施することが可能です。担当者は社員に対しメールでアンケートを送信し、社員はURLにアクセスすると1〜2分程度で回答することができます。

設問はかんたんに回答できる選択式のものほとんどなので、業務時間やプライベートの時間を削ることはありません。画面はスマートフォンに最適化されており、操作もしやすくなっています。

回答期限までに回答していない社員には自動でリマインドメールが送信されます。Refcome Engageを利用したアンケート平均回答率は95%を超えるため、社員の状況をくまなく把握することが可能となるでしょう。

詳細なデータ分析とサポート体制が魅力

アンケートにより収集されたデータは「人間関係」「組織風土」「職務内容」など11項目から組織の状態をスコアリングできるので、各部門ごとの強み・弱みを可視化することができます。

また、「自社で働くことを周りの人に薦めることができるか?」という質問に対する回答点数で社員を「推奨者」「中立者」「批判者」に分類し、推奨者の割合から批判者の割合を差し引いたeNPSも計測することができます。

この機能を利用すれば、ストレスチェックにも活用できます。

さらに、Refcome Engageは、個別のヒアリングをコンサルタントに任せることができます。コンサルタントは、アンケート結果だけでは見えてこなかった社員の悩みなどをヒアリングし、改善提案として報告。

そして、ヒアリングをもとに、状況改善につなぐためのワークショップを実施し、当日の運営までサポートしてもらえるなど、一気通貫のサポート体制が魅力的です。

 

Refcome Engageの料金プラン

料金プランの詳細は問い合わせをする必要があります。

画像出典元:「Refcome Engage」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

モチベーション管理システムの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の【モチベーション管理システム】のツール

起業ログが厳選するモチベーション管理システム
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
Well
識学
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ