モチベーションクラウド

記事更新日: 2020/11/17

執筆: 編集部

編集部コメント

「モチベーションクラウド」は組織が抱える様々な課題を徹底的に追及。日本最大級の組織データベースをもとに組織を診断し、改善策を見出しながら、企業を成長させてくれるシステムです。人事戦略を練り直し、既存の評価制度を1から作り直したい企業におすすめです。

人事評価システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

人事評価システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

1. 組織診断サーベイ

従業員にアンケートを取ることで、現状を把握できる

2. 目標設定

サーベイの結果をもとに、実現可能な目標を設定できる

3. 進捗確認

改善項目の進捗状況をリアルタイムで確認・把握できる

良い点

組織診断サーベイの結果は他社と比較することが可能。広い視野で組織が抱える問題にアプローチできます。

悪い点

導入後のサポートを必要としない企業向けのリーズナブルなプランを廃止。以前より低予算での導入が難しくなりました。

費用対効果:

UIと操作性:

管理画面から確認画面まで直感的な操作で見たい情報にたどり着くことができます。

サポート体制:

運用サイクルが安定るするまで、コンサルタントが徹底的にサポートしてくれます。

モチベーションクラウドの3つの特徴

1. 簡単なアンケートで組織状態を可視化

「モチベーションクラウド」は、従業員のモチベーションを把握するためにアンケートを実施できます。

パソコンだけでなくスマートフォンなどモバイル端末にも対応しているので、従業員が1人1台パソコンを所持していない職場でも問題ありません。

 

モバイルでのアンケート回答画面のイメージ

アンケート画面は従業員が負担に感じないよう、操作性にもこだわっています。

回答を選択すると自動で次の問題へスライドするなど、最小限の操作で全ての設問に答えられるよう構築されています。

設問内容を自由に追加することも可能。組織の中にいるからこそ気になっている従業員の意識を余すことなく回収できます。

従業員から集まった回答はリアルタイムで集計。

全ての項目を数値化することで、従業員の期待度や満足度を評価し、その結果はエンゲージメントスコアと呼ばれる偏差値として表示されます。


アンケート結果表示画面のイメージ

エンゲージメントスコア以外にもあらゆる項目の詳細な分析を表示できます。

それらを確認することで、企業のどの部分から改善していけばいいのかを明確に把握し、組織改善に役立てられます。

2. 意識改革に役立つイベントが豊富

「モチベーションクラウド」を導入すると、「モチベーションクラウド」を運営しているリンク&モチベーションの経営陣が主体となったイベントに参加でき、組織人事に関する知識やノウハウを更に深めることができます。

イベントの1つ「モチベーションカンパニーセッション」は、サーベイの結果はじき出された「エンゲージメントスコア」の高かった企業が、成長した理由を講演するイベント。

具体的な組織運営の情報を得ることができるので、好評を博しているイベントです。


モチベーションカンパニーセッションの様子

その他、「モチベーションクラウド」を導入している経営者が参加できる「経営者ディナー」や「組織開発プロフェッショナルライセンスコース」と呼ばれるライセンス付与型イベントも実施。

組織の改善に役立つノウハウを多方面から得られます。

3. 日本最大級のデータベースを保有している強み

「モチベーションクラウド」は、約4000社、90万人以上の組織データベースを保有。この数値は、言うまでもなく日本最大級です。

このデータベースを参考にしながら、今組織として取り組むべき改善項目を選定し、改善計画を効率的に組み立てられます。


改善項目設定画面のイメージ

また、改善項目に関わる部署を「モチベーションクラウド」が特定。

部署単位で改善項目に取り組めるので、状況の改善をよりスピーディに行えて、効果を実感しやすいでしょう。

モチベーションクラウドの料金プラン

「モチベーションクラウド」の導入にかかる費用は、企業の規模や導入環境により異なります。

詳細はお問い合わせする必要があります。

モチベーションクラウドの評判・口コミ

生産性の向上により残業時間が大幅に減った
株式会社富士通マーケティング
モチベーションクラウドの結果から、「階層間の意思疎通に関してメンバーの期待値と満足度に乖離がある」という課題に特に注力。非常に効果がありました。実際私へのアポなしの相談・報告は増えましたし、職場全体として上司の判断を仰ぎやすくなり、スピード感が出てきました。時間あたりの生産性が上がり、残業の削減にも繋がりました。
マネジメントの課題に向き合うことで成長できた
株式会社サイバーエージェント
2012年当時、事業部の売上額は数100億円規模でしたが、2015年までに営業利益は160%以上の成長となりました。エンゲージメントサーベイを継続して実施し、マネジメントに課題があることを冷静に評価できたことが、こうした成長につながりました。

※「モチベーションクラウド」公式HP参照

まとめ

この記事では「モチベーションクラウド」の特徴・評判・料金を解説しました。

組織の状況を可視化した上で的確な目標を設定し、実行支援まで行えるシステムは、今のところ「モチベーションクラウド」のみ。

組織改善にまつわるすべてのアクションを無駄なく行いたい企業にうってつけのシステムです。

組織全体を視野に入れてから各アクションを行うため、部署間で改善施策に矛盾が出ることもありません。

組織改善を実行した後も、改善項目に絞ったサーベイを実施することが可能。

その結果は全ての従業員がリアルタイムで確認でき、今やるべきことに各々が率先して取り組む積極性に富んだ組織を生み出すでしょう。

画像出典元:「モチベーションクラウド」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

人事評価システムの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の【人事評価システム】【モチベーション管理システム】【従業員満足度調査ツール】のツール

起業ログが厳選する人事評価システム
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
HRBrain
sai*reco
あしたのクラウド™️
識学
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ