ダイナックス健診予約システム

記事更新日: 2023/05/12

執筆: Tomoyo.Y

編集部コメント

健康診断や人間ドッグの健診予約に特化したカスタマイズ可能なシステム

ダイナックス健診予約システムは、Web系システム開発を得意とするソフトウェア開発会社ダイナックスが運営する健診予約システムです。

受診者・管理者共にメリットの多いサービスで、受診者は健診種類に合わせて3段階の絞り込み選択できたり、細かくカスタマイズできる予約設定24時間受付可能なwebシステムは、管理者にとっても工数削減ができる大きなメリットとなります。

予約の受付対応に工数がかかる、予約ハードルが高く受診率が上がらない、健診の問い合わせが多いなどの課題を持った従業員数の多い企業、健保組合におすすめのサービスです。

予約管理システムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

予約管理システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする5サービスの資料をダウンロードできます。

ダイナックス健診予約システムだけ知りたい方はこちら

ダイナックス健診予約システムの資料を請求
良い点

業務改善はもちろん、企業ニーズに合わせてカスタマイズができるクラウドサービスと、分かりやすく間違えにくい予約機能で、管理者・受診者の双方にメリットがあるシステム。

悪い点

健診予約に特化した機能のため、問診票の登録、健診結果の発行・データ管理といった機能はありません。

費用対効果:

既存システムに運用事例に合わせたカスタマイズができるため、従来の新規システム開発/導入のコストと比べリーズナブルです。

サポート体制:

平日9時-17時間で、ダイナックス社の開発メンバーを中心としたサポートデスクがあります。

セキュリティ体制:

Amazon Web Service (AWS) の東京リージョンにあるサーバを利用し、個人情報においてはプライバシーマーク取得済です。

ダイナックス健診予約システムの導入メリット3つ

1. 申込者と管理者双方に利便性の高いWebシステム

ダイナックスの健診予約システムはオンラインで24時間受付ができるので、健診の申込者にとって利便性が高いクラウド型システムとなります。

申込者の情報登録は一度だけで、2回目以降は入力いらずで簡単に申込みができます。

また、受診者以外も申し込みができるので、代表者がまとめて予約を取ることも可能です。

管理者にとっては、応対に時間ががかる電話やFAX、メールで届く申し込み内容の入力作業・日程調整などの作業時間を大幅に削減でき、条件登録・設定のみでシステムを活用することができます。

 高セキュリティのクラウドシステムで安心して利用できる

2. 3段階の選択で予約ミスがなくなる

ダイナックスの健診予約システムの最大の特徴が、予約時の健診→コース→オプションの3段階選択です。

予め設定された受診者情報の属性に基づき、受診資格のある選択肢のみ表示されるため、無効な予約を取られる心配がありません。

また、リアルタイム空き状況画面でも選択した内容が受診できる日程のみ表示されるため、利用者にとって操作性がよくスムーズに予約を取ることができます。

受診者に該当する項目のみ表示される

3. 柔軟なカスタマイズ条件・枠設定

ダイナックスの健診予約システムは運用の準備段階時に、特定のコースやオプションを時間枠・共通枠・特別枠などと追加設定することができ、設定内容も性別・年齢・被保険者かどうかなど細かく条件設定することができます

予約システムの運用が始まった後は、見やすい管理画面で一目で予約状況などを把握することができ、テンプレート登録のできるリマインドメール自動送信などの設定も可能となります。

その他、企業ごとの運用事例に合わせて豊富な導入実績より得られるアドバイスや、既存のシステムにカスタマイズをすることで、新しくシステム開発導入せずに費用や導入期間を短縮できたり、運用するにあたっての自由度が高く、費用対効果もめざましいでしょう。

実際の管理メニュー

資料請求リストに追加する

ダイナックス健診予約システムのデメリット2つ

1. 予約に特化した機能のため、その他に付随する機能はついていない

医療機関向けの予約システム等に多い、WEB問診・データ収集機能や、健診結果の発行・健康労務連携など機能はありません。

ダイナックスの健診予約システムは、複雑に絡む予約条件をクリアにし、申込者と管理者両サイドで使いやすくできる目的で構築された予約システムです。

2. 初期導入費が高い

既存システムで安価なサービスは競合他社にもありますが、カスタマイズの自由度が高く、セキュリティや高品質なサービス内容から、システム導入の際にかかる費用が比較的割高です。

しかし、今まで複数の企業や健保で導入実績がある通り、丁寧な打ち合わせを重ね、時にはマスタの設定方法の提案もあるなど、企業に合った仕様をカスタマイズしながら導入サポートを受けることができます。

初期導入費がかかる分だけの導入サポートを受けられるので、社内にITに詳しい人がいない、初めて導入する企業でも安心して導入することができるでしょう。

ダイナックス健診予約システムの料金プラン

ダイナックス健診予約システムのサービスは、全てダイナックス社が開発・自社運用をしているため、フォーマットや入力項目の追加などカスタマイズを依頼することができます。

内容に応じて、別途見積もりが必要となります。

  カスタマイズ/サービス価格
初期導入費 健診予約システム基本料:30万円
月額費用 3万円〜

(税表示なし)
※会場数、見込予約数、対象者数(アクセス数)に応じて変動します。

競合サービスとの料金比較

他社比較をしてみると、基本の予約機能にプラスして違いがあるようです。

カスタマイズの可否、予約数に応じた従量課金制の料金プラン、電子カルテや決済システムなどのAPI連携の有無、安価なサービスはカスタマイズ制が低いようです。

  ダイナックス MRS リザエン
費用 3万円〜/月 無料
予約数に応じた従量課金制
1万円〜/月
予約件数500件まで/月
特徴 人間ドッグ/健診予約に特化
受診者属性別項目表示あり
24時間オンライン受付
既存システムに
カスタマイズ可
人間ドッグ/健診予約に特化
24時間オンライン受付
受診者属性別項目表示なし
多種多様な業界対応
予約システム
カスタマイズ可
顧客管理〜決済対応

 

資料請求リストに追加する

ダイナックス健診予約システムの評判・口コミ

資格確認も兼ねた健診コード入力のカスタマイズ
T健康保険組合

T健保では被保険者や被扶養者の情報を外部に出すことができなかったため、申込者登録時の認証がシステム的にはできませんでした。そのままWeb予約を受け付けてしまうと組合員以外の誰もが申し込めてしまうため、手元に郵送で届く問診表に記載の健診コードを入力しないと実際の予約に進めないという仕組みをカスタマイズとして実装しました。

Web予約の受付を開始してから一週間程度で数百件の予約が実際に入りました。その間、システム的なトラブルはもちろん、大したお問い合わせもなく、スムーズな運用開始ができました。

3段階の選択を活用して会場を選択
S病院

検診車による巡回検診の予約受付として毎年利用頂いております。健診の種類→コース→オプション検査という3段階が標準のところを、健診の種類の代わりに会場選択ができるようにしました。

会場ごとに受診できるコースも異なるため、会場→コースという絞り込みをして頂くことで受診者自ら正しい内容の予約をWebから申し込んで頂ける仕組みが実装できました。また、標準の設定の範囲でほとんど対応できたため、カスタマイズも最低限に抑えて導入ができました。

*「ダイナックス健診予約システム」公式HP参照

まとめ

ダイナックス健診予約システムは、独自の開発技術により実現する、カスタマイズが可能な健診予約特化システムです。

健診→コース→オプションの3段階の選択で予約ミスがなくなることで、受診者の予約ハードルが下がり受診率が向上し、きめ細かい設定と24時間web予約受付により管理者の大幅な工数削減に繋がります。

年間を通して何百〜何千件と電話・FAX・メールで予約応対をしている、従業員数が多く予約条件が複雑で管理に困っている企業などにおすすめのサービスでしょう。

資料請求リストに追加する


画像出典元:「ダイナックス健診予約システム」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

予約管理システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

予約管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ