WTE

記事更新日: 2022/06/28

執筆: 編集部

編集部コメント

「WTE」は充実の機能とサポートで1人でも効率よく運営可能

「WTE」は、生徒数3万人以上を誇るオンライン英会話スクールが提供する、予約管理システム。
予約管理だけでなく、スケジュール管理や講師管理から決済・請求・コンテンツ販売など、スクール運営に必要な機能をこれ一つでカバー。
豊富な予約機能や管理画面で効率的に管理でき、日程調整などの手間を大幅に削減、担当者1人でもスムーズに運営可能です。
ただし、初期費用が100万円からと高額になるので、コストには注意が必要。
IT導入補助金などの支援サポートもあるので、活用してコスト削減することが重要です。

予約管理システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

予約管理システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

予約システムや管理画面が充実しているので、担当者1人でもスムーズに管理が可能です。決済管理・スケジュール管理などにも対応しておりスクール運営のすべてをカバーできます。

悪い点

初期費用がかなり高額。 しかし、導入サポートの一環として、補助金申請に関する支援も受けられます。 補助金等をうまく活用すればコスト削減も可能。

費用対効果:

初期費用が100万円からと他の予約管理ツールに比べ高額。ただし、IT補助金などを利用して費用を抑えるためのサポートがあるので、活用すればコスト削減可能。

UIと操作性:

会員用・講師用・運営用・代理店用の4つの管理画面で効率よく簡単に操作・管理できます。

サポート体制(運営会社の):

導入後のサポートだけでなく、資金調達から起業立ち上げ・運営支援などサポート体制が充実しています。

WTEの導入メリット3つ

1. 担当者1名でも運営できる抜群のシステム性能

WTEは、豊富な予約システム機能に、月謝管理・講師の給与計算から入金・請求管理など、これ一つですべての運営管理をまかなえます。

管理画面は4種類

会員が利用する画面や運営管理画面に加え、講師のスケジュールや報酬管理のできる講師画面と代理店画面で効率よく管理できます

日程調整も会員自身で簡単に行えるので、管理の手間が省けます。

運営担当者が1人しかいなくても、スムーズに管理運営できる充実のシステムです。


4つの管理画面のイメージ

2. 事業立ち上げから売上成長まで充実のサポート

WTEの強みは、運営元のオンラインレッスン事業のノウハウと180社以上の導入実績です。

その運営ノウハウや導入実績を共有することで、予約管理だけではない幅広いスクールの運営のサポートが可能。

・資金調達方法や事業立ち上げ

・運営方法

・集客、マーケティング

・外国人講師採用

上記のように支援内容も充実しています。

また、素人では難しい、導入後のサイト構成やLP作成・SEO対策も支援してくれるので、会社の成長に役立つでしょう。


ノウハウ共有のイメージ

3. IT導入補助金やクラウドファンディングにも対応

WTEは、IT導入補助金対象となるため、導入費用の5~70%の負担を削減できます。

また、導入したいけど資金がない…という会社でも、資金調達にむけたアドバイスもしてくれます。

また、WTEではIT導入補助金などの公的補助金の活用方法をコンサルティングしてくれます。

資金不足でWTEの導入を躊躇している会社でも、資金調達方法から支援してくれるので安心です。


資金調達支援のイメージ

画像出典元:「WTE」公式HP

 

WTEのデメリット

初期費用が高額

初期費用が無料という予約管理システムが多いなか、初期費用が比較的高額である点に注意が必要。

その分機能は充実しているが、無料ツールでもカバーできる規模の会社では導入のメリットをあまり感じられない可能性があり。

公的補助などを活用してどれくらい費用を削減できるのかを検討したうえで、導入を検討する必要があります。

WTEの料金プラン

初期費用が3種類のプランから選べます。

おすすめは、支払い機能まで利用できる初期費用150万円のWTE Contentsプランです。

ただし、導入後の月額料金については確認の必要があります。

  WTE Light WTE Contents WTE
初期費用 ¥1,000,000 ¥1,500,000 ¥3,000,000
レッスン予約
決済機能 ×
オリジナルレッスン機能 × ×

 

 

競合製品との料金比較

WTEの初期費用に比較すると、STORES予約は初期費用が無料、Reservia LINEサロン予約も3万円からとかなり安く設定されています。

ただし、STORES予約は月額によっては予約条件数やページ数に制限があるので、予約数が多い会社は月額料金が高くなる可能性があります。

  WTE STORES予約 Reservia LINEサロン予約
初期費用 100万円~ 0円 100,000円~
月額費用 問い合わせ 8,778円~ 9,000円~

 

WTEの評判・口コミ

電話・対面共に非常に信頼できる対応
スモールワールド

飛び込みの電話営業がきかっけでした。通常は100%断るのですが、初対面からすんなり契約に進みました。電話・対面共に非常に信頼できる対応で好感が持てました。契約後も誠実に対応していただける会社という印象に変わりはありません。

安定性と信頼性は間違いありません
大人の英会話倶楽部

基本機能が安定しているからこと付加機能の追加も容易で、何よりもサポート体制が信頼できます。数十社が利用しているオンライン英会話のスタンダードなエンジンなので、安定性と信頼性は間違いありません。自社開発とは比較できないコストパフォーマンスの良さがあります

*「WTE」公式HP参照

 

WTEを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

予約管理やスケジュール管理を効率化したい会社

WTEの予約管理機能は、会員自身で予約とキャンセルができるので講師の仲介は不要です。

管理画面も4つに分かれており、会員向け・講師向け・運営向けというように効率よく管理可能。

会員や講師のやりとり可能なメッセージ機能や予約完了メール・リマインドメール機能なども充実しており、日程管理の負担を大きく減らせます。

予約やキャンセル処理・会員とのやり取りが多く、処理に時間が掛かっている会社にはうってつけです。

向いていない企業

小規模で運営しているスクール

会員数が少なく、今後も大きく増やすつもりはない、少人数に絞って運営したいといった小規模スクール運営の会社には、向いていないでしょう。

人数が少なければコストをかけて予約システムを運用しなくても、自分で管理できる場合や無料の予約管理ツールで十分運営できる可能性があります。

導入前のシステム説明で無料デモンストレーションも可能なので、自主管理と比較して検討するとよいでしょう。

 

まとめ

「WTE」は、豊富な予約機能や管理画面で、少ない担当者でもスムーズに運営管理が可能です。

予約だけでなく、決済・請求やスケジュール管理・講師管理などの機能も充実しており、スクール運営をこれ一つでカバーできます。

予約管理や報酬管理に時間が掛かる、うまく回せないといったシステム運用に悩んでいる会社におすすめです。

また、資金調達方法や起業支援・導入後の運営サポートなどの支援も充実しているので、これからオンラインスクールを検討している会社にも役立つでしょう。


画像出典元:「WTE」公式HP

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

予約管理システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選する予約管理システム
予約管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ