派遣can

記事更新日: 2020/08/07

執筆: 編集部

編集部コメント

派遣can(ハケンカン)は人材登録から契約、勤怠管理、給与請求計算などの項目から必要な機能を選んで利用でき、企業の規模・人数に応じた価格体系や基本料金プラス契約書の枚数での課金制など用途によってプランが選べます。

人材派遣管理を比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

人材派遣システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

1.必要最低限の派遣管理業務が可能

人材登録から契約、勤怠管理、給与請求計算などの項目から必要な機能を選んで利用できる。

2.数千人単位の大量データにも対応

最大稼働数に応じた料金設定と強力な人材検索機能で数千人単位の大量データも対応可能。

3.用途に合わせたラインアップ

企業の規模や必要な機能で選べる3つのプラン。

良い点

簡単に導入できて、企業の規模・人数に応じた価格体系や基本料金+契約書の枚数での課金制など用途によってプランが選べます。

悪い点

帳票出力用にMS-Office2000以上が必要です。

費用対効果:

「派遣canSTARTING10」では最大人材登録数50人で月額料金5,800円(税別)となっています。

UIと操作性:

契約書はMS-WORDで出力、データベースも直感的なUIでわかりやすいです。

派遣can(ハケンカン)の2つの特徴

1.選べる3つのプラン

「派遣canライト」は基本機能(自社管理・派遣先管理・人材管理・レポート機能)+契約管理機能が利用でき、 毎月の支払いは基本料金+利用月の有効期限内の契約書の枚数での課金制です。

新規開業応援パック「派遣canSTARTING10」では月額料金5,800円(別途消費税)で、最大人材登録数50人・最大稼働スタッフ数10人まで、自社管理・派遣先管理・人材登録・求人管理・レポート機能 ・契約管理・勤怠管理・ウェブ勤怠管理・請求管理・給与明細管理を利用できます。

「 派遣canウルトラQ人材」派遣業務をワンストップでシステム化。

求人だけでなく、契約、クラウド勤怠管理から給与、請求計算までの機能を提供し、利用する機能を選べて、最大稼動人数に応じたリーズナブルな価格体系です。

2.人事の時間とコストを削減

導入が簡単で必要最低限の機能が選べるので無駄なコストがかかりません。

ウェブ上で勤怠管理、スタッフが自ら勤怠入力するためリアルタイムで勤務状況が把握できます。

また、給与明細の電子発行により、郵送の手間や無駄な費用をカットできます。

派遣can(ハケンカン)の料金プラン

「派遣canライト」は基本料金プラスご利用月の有効期限内の契約書の枚数での課金制で、「派遣canSTARTING10」では最大人材登録数50人で月額料金¥5,800(別途消費税)となっています。

まとめ

派遣can(ハケンカン)の特徴・評判・料金について解説しました。

この機会に是非導入を検討してみてはいかがでしょうか。

派遣can(ハケンカン)の特徴・評判・料金について解説しました。 この機会に是非導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「派遣can」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

人材派遣システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

人材派遣システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ