DigiSheet

記事更新日: 2021/04/30

執筆: 編集部

編集部コメント

DigiSheetは、導入派遣先数 4,500社以上、利用ユーザ数 60,000名以上の実績を誇る人材派遣管理システムです。クラウド型なので、すぐに利用を開始できます。勤務パターン設定機能や、勤務報告・勤務承認についての督促を通知する機能により、勤怠管理業務にかける時間の短縮も可能。労働基準法改正にスピーディーに対応したい企業にもおすすめです。

人材派遣管理を比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

人材派遣システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

1. 別名(アリアス)設定機能

別名設定し、ログインを簡単にする

2. 勤務パターン設定機能

標準的な勤務パターンをテンプレートに設定

3. メッセージ設定機能

勤務報告・勤務承認などへの督促などを通知

良い点

スタッフの全員の勤怠の打刻や休暇取得の状況がクラウド上で一括管理でき、リアルタイムで確認できます。労務管理の手間や時間が大きく省けます。

悪い点

豊富なオプション機能が用意されていますが、カスタマイズしてオプション追加をするには、別途費用が発生します。

費用対効果:

UIと操作性:

他社のシステムに比べて、操作画面が見やすく、使いやすいと好評です。操作手順も簡略化されていて、知識が無い方でも楽に利用できます。

サポート体制:

バックアップ体制が整っていて、問題などが生じても、ユーザ視点で解決策を提案してもらえます。

導入ハードル:

導入までの期間は最短1ヵ月となっています。

DigiSheetの特徴3つ

1. 勤怠の打刻とデータ集計は一括操作で簡単に

1つ目の特徴は、「勤怠の打刻とデータ集計が一括操作で簡単にできる」ことです。

紙ベースで管理している企業は、確認作業やシステムへの打ち込み作業など、とにかく手間や作業時間がかかり、疲弊していた担当者もいるのではないでしょうか。

DigiSheetでは、スタッフの勤怠管理を全てシステム上で行い、スタッフによる勤怠の打刻からデータの集計まで全て一括して管理が行えます。

スタッフにその都度確認をとることもしなくて良いですし、勤務データの集計もシステムに任せられるようになっています。計算間違いなどのミスも発生しませんので、正確にデータを扱えます。

勤務管理の業務を効率よく行えるようになることで、作業負担だけでなく心理的な負担も減らすことができ、他の本質的な業務に力を注ぐことも可能になります。

システムでデータを一元化し、手間なく正確に管理できる

2. リアルタイム打刻で残業時間などを正確に把握

2つ目の特徴は、「残業時間を正確に把握できる」ことです。

例えば、リアルタイム打刻オプションでは、打刻した時間を勤務表へリアルタイムに反映できるので、残業が多くないか?きちんと勤務しているか?などといったことも随時確認しながら管理ができます。

多くの派遣スタッフを抱えている企業も、それぞれの休日や欠勤、勤務時間などの勤務状況を把握しやすいので、派遣先やスタッフとの間の調整も、正確なデータをもとにスムーズに進められます。

豊富な機能であらゆるニーズに対応

3. 労働基準法改正にも迅速かつ柔軟に対応できる

3つ目の特徴は、「労働基準法改正にも迅速かつ柔軟に対応できる」ことです。

近年、労働環境に関する法規制が緩和または強化されたりすることが多く、労働基準法への対応に苦戦している企業も多いのではないでしょうか。

DigiSheetは、労働基準法の一部改正法などにも柔軟に対応し、機能の追加などを随時実施しています。

派遣先管理台帳も手入力なく作成することができるので、管理者の負担を大幅に削減することができます。

36協定による残業時間の把握も簡単

DigiSheetの料金プラン

料金の詳細はお問い合わせをする必要があります。

DigiSheetの評判・口コミ

全国に拠点があるが、サポートを受けて大規模な導入を達成
スミリンビジネスサービス株式会社

勤怠データ管理のさらなる効率化を求めてDigiSheetの導入を決めました。社員と派遣スタッフでは給与計算の方式など様々な差異がありますが、DigiSheetだからこそできる対応で、管理がとてもラクになり、精度も上がりました。全国に拠点が散らばっていて、導入はスムーズにはいきませんでしたが、サポートを受けて無事に大規模な導入を達成することができました。

勤怠集計作業を効率的に行えるようになった
株式会社JR東日本パーソネルサービス

導入前はファックスOCRを使って勤怠管理を行っており、確認作業がとても大変で、ミスも多く発生していました。DigiSheetを導入してからは、スタッフが入力したものがそのまま自動的に計算されるようになったので、物理的な作業が軽減できました。また、心理的な負担も減ったことで精神的な余裕が出て、スタッフは全般的な仕事を能率的に行えるようになりました。

*「DigiSheet」公式HP参照

まとめ

DigiSheetには、導入派遣先数 4,500社以上、利用ユーザ数 60,000名以上の実績があるので、あらゆる企業のニーズに合わせた対応ができるようになっています。

企業によって、派遣スタッフの数や派遣先の種類なども異なりますが、丁寧に企業のニーズに合わせてシステムを作りこんでから導入できるので、企業にマッチした状態で運用できます。

多くのスタッフを抱える場合、勤怠管理は非常に作業負担が大きく、手間や時間もかかりますがDigiSheetを導入すれば、その負担を大幅に削減することができます。

労働基準法改正にも柔軟かつスピーディーに対応できるので、今まで改正の度に管理業務の変更作業に時間をとられていた企業にはうってつけです。

画像出典元:「DigiSheet」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

人材派遣システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

人材派遣システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ