SWIM

記事更新日: 2020/04/03

執筆: 編集部

運営コメント

「SWIM」は、エンゲージメント獲得に注力したインフルエンサー マーケティング支援サービスです。画像投稿と比較してエンゲージメントを高獲得できる「動画」に着目し、 マーケティングのプロが、クリエイティブ企画・動画制作・分析・改善提案までをトータルで行います。

1. 広告配信

各種SNS広告・インフルエンサーによる拡散

2. 投稿・拡散

タイミングやハッシュタグ等、プランニングした内容に沿った投稿を実施し拡散

3. キャスティング

商材や目的にマッチしたインフルエンサーをリストアップしアサイン

良い点

「SWIM」なら、クリエイティブ企画・動画制作・分析・改善提案までをトータルで行えるので、プロモーション効果を得やすいと言えます。

悪い点

インフルエンサーマーケティングと言うものの性質として、時には炎上する(批判を浴びる)という可能性もはらんでいます。開始前にミーティングの機会をしっかりと持つ必要があります。

費用対効果:

エンゲージメント課金プランの場合、リーチ出来ていないフォロワーから課金されることはありません。 費用対効果抜群です。

サポート体制:

プランニングから、改善・提案まで一貫した充実サポートが魅力です。

知名度:

2018年に開始された、比較的新しいサービスで、知名度はまだ高いとは言えないようですが、これからのサービスへの期待度は高いです。

SWIMの特徴3つ

1. 繰り返すPDCAサイクルで効果を最大化

「SWIM」なら、PDCAサイクルを回して何度も分析・改善を行うことにより、プロモーションをただ実施するだけでなく、着実なプロモーション効果を期待できます。

プラン実施後は、エンゲージメント数・視聴完了数などの各種指標を目的に沿って分析し、目的に対してどのような効果が見られたかを整理したり、今後の動画活用に役立つ改善点を取りまとめたりできます。

これらを継続的に繰り返すことで効果を最大化でき、インフルエンサーマーケティングの実施効果を確実に実感できます。

戦略的なサポートをするためのミーティング

2. 戦略的なプランニングでマーケティングゴールへ

「SWIM」なら、マーケティングのプロが商品や目的が一致したインフルエンサーを選び、最適な投稿ストーリーをプランニングします。

キャスティング後は、投稿用の全てのクリエイティブを自社でインフルエンサーの世界観や利用するプラットフォームに合わせて制作します。

プランニングから、クリエイティブの制作・投稿・拡散・分析・改善と、トータルでサポートしてくれるので、マーケティングゴール達成に近づけるでしょう。

3. 媒体に応じた最適なクリエイティブを制作

「SWIM」は利用するプラットフォームごとに、媒体の特性を踏まえた上で、インフルエンサーマーケティングを展開。最適なクリエイティブを企画・制作できます。

例えば、写真や動画の投稿やハッシュタグ検索が人気の「Instagram」
リツイートで拡散力が強い「Twitter」
動画での紹介や広告に適した「You Tube」
自由度が高くてビジネスにも使いやすい「Facebook」と、それぞれ特徴があり、それぞれに特化したプロモーションを実施。

また、「SWIM」では、従来の広告やSNS・自社サイト向けの施策などと連携し、キャンペーンの全体設計やサポートも可能なので、プロモーション効果を最大化出来ます。

サポートイメージ

SWIMの料金プラン

「SWIM」には、リーチ課金プラン・エンゲージメント課金プランと二種類のプランが、あります。

⬛︎リーチ課金プラン....依頼するインフルエンサーが、抱えているフォロワー数によって課金されるプラン

Instagram・Twitter・Facebook

画像:3円〜/1フォロワー、動画:5円〜/1フォロワー

⬛︎︎エンゲージメント課金プラン....投稿に関するエンゲージメントの数で課金されるプラン

Instagramでのみ利用でき、画像投稿の場合は100円/1投稿、動画投稿の場合は150円/1投稿です。

TwitterやFacebookでのインフルエンサーマーケティングを希望する場合はリーチ課金プランがお勧めです。

SWIMの評判・口コミ

デジタル施策から若年層を獲得でき活気あるイベントとなりました
株式会社朝日新聞社

新聞広告によってシニア層を集客できることは見込めていましたが、若年層が集まるイメージがなかったため、若年層向けの集客として、デジタル施策を活用しました。狙い通り、新聞広告からはシニア層を、デジタル施策からは若年層をそれぞれ獲得でき、本番当日は若い人の多い活気あるイベントとなりました。

アカウントは成長し、認知獲得やファン化に貢献
株式会社NOYES

投稿への反応などを元に丁寧なPDCAを繰り返すことでフォロワー数・リアクション・保存数等が順調に増加。ハッシュタグ「#NOYES」が、支援開始時から2倍以上増加。投稿を保存してWEBサイトやショップに行く方や、ショールームでInstagramの写真を見せて実物を確認するお客様も見られるようになりました。

*「SWIM」公式HP参照

まとめ

「最近、広告の効果が減ってきた。」「従来とは違うアプローチで今までとは違う顧客層を開拓したい。」とお悩みのマーケティング担当の方必見!

昨今、インターネットの普及により何処にいても、簡単に多くの情報にアクセスがしやすくなり、ソーシャルメディアが人気を博しています。

「インフルエンサー」や「インスタ映え」という言葉が流行し、「好きなインフルエンサーがいますか?」という質問や「好きなインフルエンサーのソーシャルメディアから、何か購入したことがありますか?」という質問もよく聞かれるようになりました。

多くの人がインフルエンサーに肯定的な意見を示し、インフルエンサーを使ったマーケティング方法は非常に注目されています。

インフルエンサーマーケティング「SWIM」では、インフルエンサーが抱えているフォロワーに対してPR配信を行うため、狙った顧客層に情報が届きやすく、効果的なプロモーションが可能です。

また、インフルエンサーとのコネクションやソーシャルメディアのノウハウやリソースが社内になくても、手厚いプロモーションが可能な為、ユーザーの購買意欲を刺激し販売促進へと繋げます。

画像出典元:「SWIM」「サムライト株式会社」公式HP

その他の【インフルエンサーマーケティング】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ