記事作成代行サービスについて

おすすめ記事作成代行サービス6選を比較!コスパのいい外注のコツは?

記事更新日: 2019/11/04

執筆: 編集部

Webメディアやブログを運営していくには、小まめな記事更新が欠かせません。

しかしただ文章を作成するだけではなく、検索サイトの上位に掲載されるようなSEO対策や魅力的な文章作り、他サイトからの盗用を防止するためのコピペチェックなど、やるべきことはたくさんあります。

それ加えてデザインの変更や更新ネタの検討など、サイトの更新には日々手間がかかるものです。

できれば文書の作成だけでも外注して、サイト更新の手間を減らしたいと思う事はありませんか?

こんなときに是非ご検討頂きたいのが、記事作成代行サービスです!

今回は世間に数多く展開されている記事作成代行サービスの中から、それぞれの特徴をまとめたので、比較検討する際のご参考にしていただければと思います。

おすすめの記事代行サービス3選

1. 利用満足度No.1!『ランサーズ』

画像出典元:「ランサーズ」公式HP

特徴

「ランサーズ」はライティングをはじめとした様々な専門知識を持つフリーランスが多く集まるプロフェッショナル集団です。ライティング担当者の経歴や評判などを一目で比較できるため、要望に合ったライティング担当者を選択できます。

クラウドソーシングサービスとしてベンチャーから大手企業まで35万社以上の実績があります。

機能

・応募者の提案を比較しての選考が可能
・相手探し代行機能
・最短即日での担当者決定が可能

料金プラン

初期費用:なし

手数料:
・コンペ方式、タスク方式、プロジェクト方式の場合はなし
(ランサーズへの手数料は依頼者への報酬に含まれる)
・時間報酬の場合は打刻承認した時間報酬(税抜)のうち3%

 

2. ライティングに特化!『サグーワークス』

画像出典元:「サグーワークス」公式HP

特徴

ライティングに特化したアウトソーシングサービスです。簡単なテキスト作成を請け負う初心者向け文書作成から、「サグーワークス」独自のテストに合格したライターへの高難度なライティング依頼も可能です。

SEO対策や企画段階からのコンサルティングも行っており、手続きや発注などは全て「サグーワークス」で一括して行うため、企業側での煩雑な対応は必要ありません。

機能

・ライターへの発注や報酬支払を一括管理対応
・高品質ライターの紹介が可能
・SEO対策や企画段階からのコンサルティング対応

料金プラン

初期費用:なし

発注料金:
・オンライン発注プラン:0.75円 / 1文字~
・オーダーメイドプラン:1.2円 / 1文字~

 

3. 面倒な作業は丸投げできる!『Shinobiライティング』

画像出典元:「Shinobiライティング」公式HP

特徴

業界最速を謳うスピード納品が特徴のライティングサービスです。業界最多数の31万人ライターが登録しており、ジャンルを問わず対応できる体制を整えています。

記事の作成だけに留まらず、コピペチェックまで「Shinobiライティング側」が行うため、納品記事をそのまま使用できます。1文字1円からという明瞭な料金体系も魅力です。

機能

・100記事を3日で納品するスピード納品
・業界最多数のライターを登録
・業界最高水準のコピペチェックシステム対応

料金プラン

・初期費用:なし
・発注料金:1円 / 1文字~

 

その他のおすすめ記事作成代行サービス

Bizseek

画像出典元:「Bizsee」公式HP

特徴

システムアプリ開発やウェブデザインなど、記事制作以外も代行してほしい会社にはうってつけです。一般的なクラウドソーシングサービスにはない業務も取り扱っているので、どんなニーズにも答えられます。

料金プラン

依頼金額
・10万円超の部分
・10万円以下の部分

ワーカー
・依頼金額の5%(税別)
・依頼金額の10%(税別)

依頼手数料:無料

業務にかかる値段の詳細はお問い合わせをする必要があります。

 

記事作成代行ドットコム

画像出典元:「記事作成代行ドットコム」公式HP

特徴

記事作成代行に特化したサービスを探している会社にはうってつけです。SEO対策や自社サイトの更新内容・運営方法が分からない時、顧客の注目を集めたい時に便利です。

短納期での記事執筆代行もあるので、手っ取り早く効果を出したい企業にもおすすめです。

料金プラン

おまかせコース
・800文字目安:1記事 800円(税別)
・1,000文字目安:1記事 1,000円(税別)

※1文字1円程度

こだわりコースは、記事野よって値段が変わります。SEO対策用のコラム全般なら1文字2円~5円です。

 

記事作成代行・Webライティング

画像出典元:「記事作成代行・Webライティング」公式HP

特徴

コンテンツマーケティングをしたい会社や大量に記事が欲しい会社におすすめしたいサービスです。SEO対策された記事や自社メディアの定期的なコラム用記事、アフィリエイト用の記事が欲しい場合に便利です。

短納期での執筆代行もあるので、手っ取り早くアウトプットを増やしたい企業にもおすすめです。

料金プラン

CASE1:140,000円
・キーワード指定なしのスタッフブログ記事
・記事数:500記事
・文字数:400文字

CASE2:100,000円
・キーワード指定ありの店舗紹介や商品紹介記事
・記事数:100記事
・文字数:1,000文字

CASE3:150,000円
・キーワード指定あり、具体的な指示やテーマのあるコラム記事
・記事数:100記事
・文字数:1,000文字

1文字0.7円~受注できます。記事内容によって値段が変わってくるので、見積をする必要があります。

 

内製とどっちがいい?記事作成代行のメリットとデメリット

記事作成代行のメリット

1. 記事更新の工数が削減できる

Webサイトは更新頻度が命と言えます。

しかし毎日文章を作成するのは、時間も手間もかかります。

記事作成代行サービスを利用すれば、記事を作成してもらう間にサイトの企画など別の作業に工数を振れますので、更新作業が劇的に効率良くなります。

2. 専門知識を駆使した文書が期待できる

サイトを大人数に閲覧してもらうためのSEO対策には専門知識が必要ですし、他サイトと文章がかぶらないように行うコピペチェックには結構な手間がかかるものです。

記事作成代行サービスではこういったSEO対策や文章チェック機能が備わっているので、安心して記事を依頼でき、依頼側が記事の校閲を行う手間が省けます。

3. 24時間365日のサポートが期待できる

サーバが稼働している限り、Webサイトの掲載記事は休日でも夜間でも閲覧できてしまいます。

その間に記事が改ざんされたり、記事内容に不備があったりして至急手直しが必要な場合、すぐにサポートしてもらえる体制があることは心強いものです。

万が一のアクシデントを考えるとサポート体制が手厚いに越したことはありません。

記事作成代行のデメリット

1. 担当ライターとの相性が合わない場合がある

文章作成を担当するライターは、文章作成代行サービス側から提案された担当者となる場合が多いのですが、依頼側が期待した品質をライター側が納品してくれるかは、まずは1記事依頼してみないと判りません。

文章力があってもサイトのコンセプトから外れていたり、伝えたいポイントが判りづらい内容の場合は、依頼者側で修正の工数がかかってしまいます。

サービスによってはコンペ形式で文書を複数のライターに書いてもらい、その内容で依頼するライターを決めることができるサービスもありますので、サイト運営計画に合ったサービスを利用するようにしましょう。

2. 納品スケジュールが変更される可能性がある

依頼したライターが病気や所々の事情で〆切までに納品できない場合、サイト更新計画に影響する場合があります。

自身で執筆するか、代わりのライターに執筆を依頼するかで乗り切れるケースもありますが、長期連載などで同じライターが担当していると、その回だけ雰囲気が変わって見えるかもしれません。

このような場合、記事代行サービス側がどのような対応を取ってくれるかを事前に確認しておきましょう。

自社に合った記事作成代行サービスの3つの選定ポイント

1. クラウドソーシングか、ライター専門業者か

ライティングを外注する場合には大きく分けて「クラウドソーシング」「ライター専門業者」の2つに分けられます。

どちらを選択するかは、何を重視して外注するかで変わってきます。

・とにかく大量の文章を短期間で作成して欲しい

・手直し無しで読者の心をつかむ魅力的な記事が欲しい

・とにかく費用を抑えたい

「クラウドソーシング」に登録されているライターは専門職として請け負うライターから、会社員や主婦が空き時間に作成するケース、バイト感覚で請け負うライターまで様々です。

基本的に依頼したライターは文章を作成するのみで、品質チェックは依頼側が行わなくてはいけません。

「ライター専門業者」はその点熟練した高品質な文章を納品してくれますが、当然報酬は高く、大量に発注するには費用がかさんでしまうかもしれません。

ライティングを依頼する際には、何を一番重要視するかを決めておきましょう。

2. 料金設定は明確か

記事の作成を依頼する場合、報酬として支払う料金の基準を明確にしておきましょう。

支払料金は

・文書を作成するライター本人への報酬

・ライターを管理しているサービス運営会社への手数料

この2つの合算です。

サービスによって料金設定はまちまちです。明確に料金体系が決まっている場合、ライターにどれだけ支払われているかを運営会社に確認しておきましょう。

執筆するライターへの報酬額はおおむね文字単価×文字数で決まります。

ライターにはその報酬からサービス手数料が引かれた金額が支払われますが、ライターが報酬に不満を持っていると、以降の記事質に影響するかもしれません。

依頼側としては、コストが割に合わないと外注する意味がありませんが、逆に安すぎると、納品された文章に不安を抱く可能性もあります。

記事単価と記事質とのベストポイントを見極める感覚は、記事を複数依頼する過程で培われていくもの。最初のうちは複数サービスに依頼して、徐々に依頼者を絞り込んでいくという手順をおすすめします。

3. SEO対策を任せられるか

通常の文書作成とWebサイトに掲載する文章作成との違いで代表的なものが、SEO対策です。

サイト運営者がSEO対策を行える場合は、割安なライティングサービスの利用でも問題ないでしょう。

大量更新が必要なサイトの場合は、スピードを重視したサービスを安価に利用することで、外注金額を大幅に削減できます。

しかし、SEO対策まで丸投げしたい場合は、記事作成代行サービスの利用がおすすめです。

記事作成代行サービスは、SEOを意識した文章を納品してくれるだけでなく、Web記事作成に関する専門的な知識を持ったスタッフがサイト運営の相談にのってくれる場合もあります。

ただしそのクオリティは様々です。自社のコンテンツに見合ったレベルの見極めが重要です。

コスパよく記事作成代行を活用するためのコツ

せっかく記事作成代行サービスを利用するのですから、少しでも安く高品質な記事を納品してもらいたいところです。

そのためには、記事を依頼する際に作成ポイントを明確にすることです。

・この文章の読者は誰か

・この文章はどの程度のボリュームで作成するべきか

・この文章で伝えたいポイント、伝えたくないポイントは何か

まずは読者像をライターに明確にしておくことで、想定していた記事と違う内容が納品されることを防止します。

また、記事のボリューム感も明確にしておきましょう。

ブラウザで表示できる範囲内で概要を伝えたいのか、スクロールさせてもじっくり読ませたいのかで書き方は違ってきます。

文字数によって納期や報酬額も変わってきますので、料金的にも重要です。

最後に記事中で伝えたいポイントを明確にしておくことで、よりシンプルに意図が伝わる文章を作成し易くなります。

一方で、あまりネガティブな内容を書いて欲しくない場合は、その旨も伝えておきましょう。もしくは、ネガティブな内容を書いて欲しい場合は、その狙いを先に伝えるとよいでしょう。

細かい部分ではありますが、こういったところまで記事の意図をライターと共有しておくと、結果的に求めていたクオリティに近い記事が納品されます。

まとめ

今回ご紹介した記事作成代行サービスの導入によって文書作成の工数が削減でき、その分サイトそのものの質の向上に注力して作業を行えるようになります。

訪問者に飽きられない魅力的なサイトを維持できれば、アフェリエイト成果の向上や企業商品の認知度アップなど、本来の目的への効果も期待できるようになるでしょう。

サイトを運営されている方は、ぜひ今回紹介したサービスを始めとした記事作成代行サービスの導入を検討してみることをおすすめします!

画像出典元:O-dan

記事作成代行サービスのITツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ