ショルイラ

記事更新日: 2023/10/06

執筆: Mai Nemoto

編集部コメント

コスト削減と業務効率化を実現できるペーパーレスサービス

「ショルイラ」は働き方改革の実現に役立つ帳票のペーパーレス化サービスです。

パソコンやタブレット・スマートフォンを活用し、場所を問わずに記録や業務指示が可能になります。

紙のコスト削減だけでなく確認・承認作業もオンライン化できるので業務効率化が可能となる点も魅力です。

電子帳票システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

電子帳票を徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする6サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

現場からの報告書の管理、集計や管理者による承認作業をオンライン上で完結できることで、圧倒的に業務が効率化されます。

悪い点

現時点ではAndroidに対応していません。

費用対効果:

現場のレポート作成者や現場管理者の業務効率化が見込めるだけでなく、紙コストの削減もできるのは魅力的です。

UIと操作性:

シンプルなUIにより、誰でも簡単にひな形の作成や報告書のカスタマイズができる仕様となっています。

導入ハードル:

スマートフォンやタブレットなどのデバイスを準備する必要はあります。

 ショルイラの導入メリット4つ

1. 簡単に帳票のペーパーレス化を実現

シンプルなUIにより専門知識がなくても操作ができるショルイラは、簡単に電子チェックシートが作成できる電子帳票サービスです。

記録や報告の記入ができるひな形をベースに、必要に応じて項目を追加するなどカスタマイズもできます

直感的な操作で誰でも簡単に紙帳票を電子化できるショルイラを導入すれば、担当者の属人化を回避し業務効率化に繋がります。

作成や記録が簡単な電子チェックシート

2. 記録や業務指示をすばやくできる

タブレットやモバイル端末で利用できるショルイラは、場所を問わずに記録や業務指示が可能です。

リアルタイムに記録や報告を管理者がチェックできるため、現場に異常があった際はアラート機能を活用して内容を指摘できます。

ショルイラであれば、紙の記録で生じていた発見までの時差やチェックの見逃しを回避することができるでしょう。

スピーディな現場管理を実現

3. 承認作業の電子化により生産性の向上を実現

ショルイラは、内容確認から承認作業までオンライン上で可能なサービスです。

記録内容の自動チェックにより、逸脱項目をアラートとして表示してくれるため確認作業の業務効率化を実現します。

管理者の確認工数をも大幅に削減できるショルイラを導入すれば、本来であれば1日2時間かかる作業を5分で実行できるでしょう。

管理者の作業をオンラインで完結

4. さまざまな業種での活用が可能

多くの業種で紙でのオペレーションが残る中、ショルイラは幅広いシーンで活用できる可能性をもっています。

たとえば、ホテル業では客室清掃時に紙のチェックシートで担当者が清掃箇所をチェックし、管理者へ報告をあげるオペレーションが主流です。

電子化すれば、紙のコスト削減に繋がるだけでなくチェック漏れなどのミスが減り、清掃のクオリティを高めることにつながるでしょう。

他の業種でも、日報やチェックリストから監査・点検まで、日々もしくは定期的に発生する多量の紙書類を電子化できます。

ショルイラを導入すれば、業務効率化によって働き方改革の実現にもつながるでしょう。

多くの業種でオペレーション改善に利用できる
 

 ショルイラのデメリット

 利用するにはデバイスの準備が必要

ショルイラの導入には、現場や管理者が利用するためのタブレット・スマートフォン・パソコンなどのデバイスを用意する必要があります。

デバイス端末の購入における予算や、キッティング作業のリソース確保は必須となります。

電子帳票の導入におけるデバイス準備がボトルネックとなっている場合は、数台の端末から始めてみて、効果を確認してから本格導入するとよいでしょう。

 ショルイラの料金プラン

初期費用や月額費用はお問合せが必要となります。

競合製品との料金比較

電子帳票サービスは、i-Reporterやカカナイが有名です。

ショルイラには、トライアルが用意されているので、まずはお試しで使ってみたいという場合にも利用しやすいでしょう。

  ショルイラ i-Reporter
クラウドプラン
カカナイ
トライアル 0円 0円
※最大2ヶ月100ユーザー
0円
※オーダーメイドのデモ体験あり
初期費用
(税表示なし)
要問い合わせ 50,000円 要問い合わせ
月額費用
(税表示なし)
要問い合わせ 37,500円
(5ユーザー〜)
20,000円〜

 

 ショルイラの評判・口コミ

ショルイラの公式HPには、導入企業からのコメントは掲載されていません。

しかし、ショルイラの運営企業である株式会社センシンロボティクスは、企業としての受賞歴や他のソリューション導入実績があり、その評判は確かなものです。

 ショルイラを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

 紙でレポートや管理者チェックをしている製造業の会社

現場担当者が紙でレポートを作成し、管理者へ提出している企業は導入すべきです。

紙での記録では漏れや紛失のリスクも高く、エクセルなどへ転記の際に多くの手間がかかります。

ショルイラを導入し、オンライン化することで紙のコスト削減に繋がるだけでなく生産性向上も実現できます。

 リアルタイムに現場管理をしたい会社

紙のレポート提出により、現場管理がリアルタイムでできていない企業は導入すべきです。

提出されたレポートをすぐにチェックし、アラート機能を活用することでスピーディな現場指導が可能となります。

ショルイラを導入することで、書類の承認や管理が簡単にできるようになり業務効率化にも繋がります。
 

向いていない企業

 全ての機能をすぐに利用して電子帳票化したい会社

現場管理をすぐに完全に電子化したい企業は導入が難しいかもしれません。

ショルイラはリリースしたばかりの電子帳票サービスであり、2023年3月まで無料版が利用できます。一部機能はまだ利用することが出来ませんが、今後の拡張性や開発に期待が高まっています。

また、外部サービスとの連携機能は未搭載のため、基幹システムとの連携が必要な会社はCSV等での出力を取り込む必要があります。

新機能のリリース時期などをショルイラに相談したうえで導入時期を判断するとよいでしょう。

 まとめ

現場のレポート作成や管理者の承認作業を紙でおこなっている場合は、ショルイラを導入して電子帳票化することがおすすめです。

必要なデータを簡単に検索ができるだけでなく、リアルタイムなチェックによる現場指導が可能となり、コスト削減や業務効率化の実現が期待できます。

無料版は2023年3月までの期間限定となっているため、効果を確認するためにも早めに試してみることをおすすめします。
 

画像出典元:「ショルイラ」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

電子帳票の資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

電子帳票
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ