FNX e-帳票FAXサービス

記事更新日: 2019/10/11

執筆: 編集部

編集部コメント

「FNX e-帳票FAXサービス」は、取引先への発注書・納期回答書・支払通知書などの帳票を手作業でFAXしていた会社にはもってこいのサービスです。紙の使用量が削減されるだけでなく、人的ミスでFAXが送られていなかったなどの心配もなくなります。

1. 高度な通信技術

大量のFAXもスピーディーに処理できる

2. 万全のサポート

24時間365日専任スタッフによるサポート体制

3. 自社に設備が不要なクラウド型サービス

自社で設備を整える必要がないため、場所を選ばず使用可能

良い点

24時間365日専任スタッフがサポートをしてくれるので万が一トラブルが起こった際も安心です。さらに運用サーバーも国内にあるのでシステムも安定しています。

悪い点

クラウド型のサービスであり、どこからでもアクセスが可能なためセキュリティ面に若干の不安が残ります。

費用対効果:

初期費用が無料なので導入コストが安いのが魅力です。FAXにかかっていた人件費も削減できます。

UIと操作性:

パソコンでCSVファイルを作成して送信するだけなので簡単です。導入時に回線の準備などで少し知識が必要になります。

セキュリテイ:

クラウド型のサービスであるため、セキュリティ面は万全とは言いにくいです。

FNX e-帳票FAXサービスの3つの特徴

1. 充実したセキュリティサポート

「FNX e-帳票FAXサービス」の最大の特徴、それは充実したサポート。

「FNX e-帳票FAXサービス」は24時間365日専任スタッフがサポートをしてくれるので万が一のトラブルでも安心です。

システム管理に関しても同様に専任のスタッフが24時間365日サポートしているので、自社で管理をする必要がありません。

また同様のサービスを行っている他社ではサポートはメールのみがほとんど。

いつでもすぐに相談できる専任スタッフがいるだけで安心感が違います。


充実したセキュリティサポート

2. 高度な通信技術

次に紹介する「FNX e-帳票FAXサービス」の特徴、それはスピーディなFAX送信が可能になる高度な通信技術。

自社でFAXサーバーを抱える会社も多いですがそのほとんどがFAX送信の際に通信スピードが落ちてしまうことに悩んでいるのではないでしょうか。

FAX送信の時だけサーバーの回線を増やすわけにはいかないので、どうしても通信が集中し速度が落ちる、さらには自社サーバーのハードディスクなどが不具合を起こせばFAX業務自体がストップしてしまうなどの可能性も高くリスクも多いですよね。

通信技術の高い「FNX e-帳票FAXサービス」を導入することでスピーディにFAXを送ることができます。

自社でFAXを送る手間も省けるので作業を効率化できることも良い点です。


高度な通信技術

3. 導入ハードルの低さとコストの削減

「FNX e-帳票FAXサービス」の特徴3つ目は、導入ハードルの低さです。

「FNX e-帳票FAXサービス」は導入の初期費用が無料。

それだけでなく月額基本料金は10,000円〜なので安心してスタートできます。

また「FNX e-帳票FAXサービス」を導入することで、FAXをするために使っていた時間も紙も削減できるのでコストも減らせます。

FAXの数にもよりますが、使用ボリュームによっては割引も提案してくれるので使えば使うほどお得なサービスと言えます。

導入までの流れもシンプルなので、簡単です。


導入までの流れ

料金プラン


上記の通り、基本使用料が月額10,000円~です。

FAXのボリュームによっては金額が変わることもありますが基本使用料は安く設定されています。

FAX送信の際に使用するテキストファイルのタイプを選ぶと別途帳票フォーマット作成料金80,000円/枚が発生するため、注意が必要です。

詳細は公式HPにお問い合わせください。

まとめ

取引先への発注書・納期回答書・支払通知書などの帳票を手作業でFAXしていた会社には特にピッタリのサービスです。

FAX作業にかかる時間や紙の削減が可能です。

自社でFAXサーバーを持っている場合は自然災害などでのサーバーダウンのリスクも考えられますが、そのようなリスクを回避するためにもクラウド型「FNX e-帳票FAXサービス」の導入をおすすめします。

画像出典元:「FNX e-帳票FAXサービス」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ