PandoraClimber

記事更新日: 2019/10/11

執筆: 編集部

編集部コメント

「PandoraClimber」は電子帳簿保存法及びe-文書法に対応しており、国税関連帳簿や書類の長期保存にも安心して利用できる電子帳票保存ソリューションです。その他、オフィス文書や画像・動画の保存も可能。「PandoraClimber」内に保存したデータ全てを検索対象にできるため、企業の書類管理業務がスマートに行えます。

1. 電子帳票管理

国税関係帳簿をはじめあらゆる書類を保存・管理できる

2. ワークフロー

スキャナ保存対象の書類や帳票の認証プロセスまでワークフロー機能にて実行できる

3. ユーザー管理

ユーザーをグループ分けし必要な権限のみ与えられる

良い点

「PandoraClimber」は国税関係の帳簿から業務で使用した文書や画像まで一括管理できるため、取り扱う書類の数が多い企業でも業務を大幅に効率化できます。

悪い点

InternetExplorerと相性が悪く、処理速度が他のブラウザよりも低下します。

費用対効果:

電子帳票保存ソリューションとして必要な機能が十分備わっており、他システムを併用せずとも業務効率を向上させられます。

UIと操作性:

直感的な操作でほとんどの機能が利用できます。

セキュリティ体制:

アクセス権限の設定やログ管理で徹底した運用管理ができます。

PandoraClimberの3つの特徴

1. 業務効率向上に貢献するUI

「PandoraClimber」のユーザーインターフェースは直感的な操作が可能で、パソコンに詳しくない従業員でも使いやすいと好評です。

デザインはGoogleが推奨するマテリアルデザインを採用。

Googleがリリースしているツールを使ったことがある従業員なら、操作マニュアルがなくても目的の業務を遂行できます。


操作画面イメージ


また、「PandoraClimber」はパソコン以外のデバイスにも対応。

マテリアルデザインを採用したことで、タブレットやスマートフォンでも最適な表示ができ、ノンストレスで作業を進められます。

ソフトやツールのインストールは不要なので、活用シーンが広がり業務効率が向上するでしょう。

2. 便利なワークフロー機能

「PandoraClimber」は帳票や書類のデータだけでなく、紙媒体の帳票や書類までワークフローを用いた承認プロセスを実行できます。

その際、スキャンデータと原本の入れ違いを防ぐ機能も搭載。

紙媒体の帳票や書類はスキャンしPDFなどのファイルとして「PandoraClimber」に保存しますが、スキャンを行った担当者と帳票や書類の原本確認者は必ず別の担当者でなければ作業を完了できない仕組みになっています。

更に、スキャンデータにはタイムスタンプを付与。データ改ざんへの対策も万全です。

先述の通り、「PandoraClimber」はタブレットやスマートフォンでも使用可能。

承認者が外出中でもチェックを依頼することができ、紙媒体の帳票や書類が欠かせない業務の滞りまで解消します。


ワークフロー機能の流れ

 

3. OCRソフトと連携可能

「PandoraClimber」は保存した全ての帳票や書類を一括して検索できます。この検索機能はスキャンニングして保存したPDFファイルにも対応。

ただ、PDFファイル毎に検索キー情報を追加しなければなりません。

帳票や書類の量が少なければ検索キー情報を1つ1つ手動で入力し、処理数が多い場合はOCRソフトを利用して検索キーを抽出することで作業効率がアップ。更に「PandoraClimber」は各種OCRソフトとの連携が可能なので、自動抽出した検索キーを自動で登録できます。

万が一読み込みミスがあっても手入力で修正ができ、帳票や書類の管理をより確実なものにするでしょう。


OCRソフトとの連携イメージ

 

料金プラン

「PandoraClimber」は導入環境や利用規模により利用料金が異なります。

詳細はお問合せする必要があります。

まとめ

「PandoraClimber」は重要な国税関係帳票や書類を高度なセキュリティ環境下で保存し管理できます。

電子帳簿保存法にも対応しているシステムなので、電子化した帳簿や書類の長期保存を検討している企業にも最適です。

高機能なシステムなのに操作性に優れている点も「PandoraClimber」が選ばれている理由の1つ。

特別な研修やマニュアルがなくても導入したその日から使いこなせるので、帳票や書類の保存・管理方法の切り替えに時間と手間をかけたくない企業にうってつけのシステムと言えます。

画像出典元:「PandoraClimber」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ