LINC Biz

記事更新日: 2020/11/30

執筆: 編集部

編集部コメント

「LINC Biz」は、企業のビデオ会議だけではなく、学校の授業や各種オンラインセミナー・イベントの利用でも十分使える高機能を備えつつも、低予算で利用できる点が嬉しいビデオ会議システムです。決して安かろう・悪かろうではなく、セキュリティ対策もしっかりしており安心して利用できる点も魅力です。

ビデオチャットツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

ビデオチャットツールツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

低予算で高機能なビデオ会議システムが利用できます。業種も問わず、企業の会議だけではなく学校の授業やイベント・セミナーなどにも使えるシステムです。

悪い点

フリープランはログインせずに180日経つと契約が解除され、登録情報などが全て自動削除されます。翌年のイベント再開催を計画している場合には注意が必要です。

費用対効果:

100人まで利用可能なフリープラン、「IT導入補助金2020」対象など、費用面でも嬉しいポイントです。

UIと操作性:

シンプルなインターフェースで、主催者も参加者も使いやすい画面になっています。

セキュリティ:

データは全て暗号化、国内のデータセンター利用など信頼できる環境が整っています。

導入ハードル:

規定ブラウザの他、デスクトップPC・モバイル用のアプリインストールが必要です。

サポート体制(運営会社の):

マニュアルの他、運営サイトのチャットボットで24時間質問が可能です。

LINC Bizの特徴3つ

1. 柔軟な使い勝手を実現

「LINC Biz」はウェビナーとしての使い勝手も良い点が魅力です。

例えばオンライン研修を実施する際、一方的な講義だけに留まらず、グループ毎に分かれてディスカッションができる「ブレイクアウトセッション機能」や、参加者のマイク・カメラ制限ができる機能、挙手やチャットによって参加者が意思表明できる機能があります。

企業の会議だけではなく学校の授業などにも利用しやすい機能が揃っています。

これらはフリープランでも最大100人まで利用可能な点も嬉しいところです。


「ブレイクアウトセッション」実施イメージ
 


「参加者・主催者の機能制御」イメージ
 

2. IT導入補助金が使える

「LINC Biz」はIT導入補助金2020において、IT導入支援事業者に採択されています。

補助対象者は中小企業・小規模事業者等となっており、導入ハードルも他のビデオ会議システムに比べて低くなっています。

業種も問われないため、これを機にテレワーク環境を充実させ、再び来るかもしれないコロナ禍のオンライン授業などの対策をとるには最適なタイミングと言えるでしょう。

ビデオ会議実施イメージ

3. 展示会や学会も気軽にオンライン化

「LINC Biz」には「ポスターセッション」という機能も備えています。

これは、イベント主催者がイベント概要などを所定のファイル(CSV)でアップロードすると、目次などから該当する各“チャンネル“へのリンクが自動生成されます。

この“チャンネル“には任意の記事(*)を掲載でき、参加者はイベント内容を知ることができます。

この記事には参加者が自由にコメントを付けられるので、開催前に反響もダイレクトに知ることができます。

このポスターセッションはイベントの成功に大きな助けとなってくれそうです。反響に応じて、イベントや講演の内容を変化させ、より参加者の満足度を高めることに利用できます。

外出自粛などでイベント開催がままならない状況になっても、オンラインで気軽にイベントや講義が開催できるようになります。

*記事:PDF、JPEG/PNG等の画像、MP4などの動画


ポスターセッションイメージ

 

LINC Bizの料金プラン

基本プラン

  • フリープラン:0円 / 月
  • スタンダードプラン:3,500円 / 月

表示価格はすべて税別、1ユーザーライセンスの価格です(拡張プランを除く)。

申込月は無料です。

月の途中でユーザーライセンス数/拡張プランを増やした場合も、増やした分は申込月は無料となります。但し、変更受付は毎月20日までです。

拡張プラン

  • ビデオPack100:1,700円 / 月
  • ビデオPack300:4,690円 / 月
  • ビデオPack500:7,820円 / 月
  • ビデオPack1000:13,200円 / 月
  • ウェビナーPack:2,200円 / 月
  • ストレージPack:300円 / 月
  • 外部ユーザーPack:500円 / 月

ビデオ会議は1つにつき連続12時間までです。

ウェビナーPackは開催したい日時にどのビデオPackとも組み合わせて使用できます。

開催時間が重複するウェビナーを開催する場合は、同時開催数のビデオPackおよびウェビナーPackが必要になります。

LINC Bizの評判・口コミ

オンライン授業やリモート授業に採用
フリースクール 花鶏学苑

集合形式の学習ができなくなった状況の中でも、途切れることなく家庭学習形式でサポートが受けられる点で保護者の方から評価をいただいております。 また、対面が恥ずかしいという子どもたちでも、チャットで気軽にカウンセリングが受けられるメリットもありました。

市立校24,000人分のオンライン学級支援を10日間で構築
奈良市教育委員会

特別なソフトウェアをダウンロード無しに、学校、学年、教室の単位での構成と約24,000人分の登録が短時間で実現できました。サーバが国内で運用されている、セキュリティの対応も評価できる点でした。

*「LINC Biz」公式HP参照

まとめ

今回は、「LINC Biz」の評判や口コミ・特徴・料金について紹介しました。

フリープランでも100人までのビデオ会議が可能なので、急にテレワーク環境が必要になった場合にも重宝するサービスです。

グループセッションや参加者の挙手機能・チャット機能など、主催者の一方通行にならないビデオ会議を開催できる機能が揃っています。

特に「ポスターセッション」は、イベントや学会などの内容をいつでも確認でき、参加者の反響をコメントでダイレクトに受け取れる面白い機能もあります。

「IT導入補助金2020」対象にもなっているので、費用を抑えてビデオ会議システムを備えたいと考えている企業におすすめです。

画像出典元:「LINC Biz」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ビデオチャットツールの資料を一括ダウンロード

その他のビデオチャットツール

起業ログが厳選するビデオチャットツール
ビデオチャットツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ