LiveCall

記事更新日: 2020/11/26

執筆: 編集部

編集部コメント

オンライン接客のためにビデオチャットツールの導入を検討している会社におすすめしたいサービスです。アパレルの接客やオンラインの不動産商談、多言語通訳でのコールセンターなど、さまざまな利用ケースに対応できる便利な機能が充実しています。アプリが不要、他サービスとの連携ができるなどユーザーの使いやすさに優れているためBtoCサービスの運営に重宝します。

ビデオチャットツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

ビデオチャットツールツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

アプリのダウンロード不要、画面上のカレンダーから予約ができ、ブラウザ上で通話可能なため、スケジュール調整に関してユーザーに負担がかかりません。

悪い点

最低利用期間は12カ月間となっています。

費用対効果:

UIと操作性:

予約から通話までを「LiveCall」プラットフォームで完結できる操作性の良さが魅力です。

導入ハードル:

アプリ不要で利用可能。利用者同士のID交換やアカウント登録が不要なため、手軽に利用できます。

社外連携:

企業独自のアプリやサービスにビデオ通話機能を追加可能。アカウント・データ連携もスムーズで、シームレスなサービス提供が実現できます。

LiveCallの特徴3つ

1. アプリのダウンロードが不要でチャットや通話がすぐに始められる

「LiveCall」の最大の特徴、それは専用アプリのダウンロードが不要で、ブラウザから通話ができることです。会社のウェブサイトにリンクを設置し、顧客はLiveCallのリンクをワンクリックするだけで、通話やチャットに接続できるため、とても手軽です。

ウェブサイト上にウィジェットを埋め込めるため、ウェブサイトを閲覧しながらの通話、チャットが可能です。

一般的なビデオチャットと同様に、ファイルの送信や画面の共有も可能。また、通話の際にヘッダーデザインの変更やロゴ、背景色の設定なども自由に変更できる点も魅力的です。


ウェブサイト内でのチャットや通話も可能

2. 予約から通話までがシームレス

次に紹介する「LiveCall」の特徴、それは予約から通話までの一連の流れが「LiveCall」のプラットフォームで完結していることです。対応するスタッフや顧客の手間がかからないユーザビリティの高さが魅力です。

「LiveCall」では、スタッフが対応可能なスケジュールを登録すると、顧客が閲覧している画面に自動で反映されます。さらに顧客が予約を完了すると通話用UR Lの自動メールを送信。予約のリマインドメールや事前アンケートを送れる機能もあるのが便利です。

他のWeb会議システムでは手動で行なっていた作業が不要な点は満足度が高いといえるでしょう。


カレンダーの利用でスケジュール調整が簡単に

3. オペレーターをグループに分けて、優先着信順位を設定

「LiveCall」の特徴3つ目は、コールセンターへの着信を優先順位を付けて任意のオペレーターに振り分ける設定ができるという点です。通常、コールセンターではランダムにオペレーターが振り分けられますが、「A店からのコールはA店のオペレーターに振り分ける」などのルール設定が可能です。

また「LiveCall」には「あふれ呼」という設定があり、複数の拠点で通話対応を行っている場合に、特定拠点のオペレーターに着信を振り分け、着信件数がオペレーターの対応可能数からあふれてしまった際に、別拠点のオペレーターに着信を振り分けることができます。

このように柔軟に着信対応の振り分けができることで、顧客の待ち時間を減らし、満足度向上に繋げることができます。

さらに、管理者は通話状況のモニタリングや通話履歴の確認、Googleアナリティクスの連携等ができるため、サービスの改善にも役立てられます。


オペレーターごとに優先順位を設定

 

LiveCallの料金プラン

「LiveCall」は年間契約で、最低利用期間が12ヶ月となっています。

料金の詳細はお問い合わせをする必要があります。

LiveCallの評判・口コミ

パーソナライズされた接客ができ、顧客単価が店舗の約5倍にアップ
スワロフスキー・ジャパン株式会社 【ジュエリー販売】

アプリ不要、リーズナブルな値段、サービスの柔軟性が良いです。事前アンケートでお客様の要望や質問を捉えながらパーソナライズされた接客ができる上、接客画面にブランドロゴを表示できるためブランドの世界観を保てるなど、お客様にブランド体験を楽しんでもらえるための機能が充実していることが、導入の決め手でした。顧客満足度は80%以上、そして購入率も約80%です。結果として、オンライン接客の顧客単価は、通常の店舗の平均顧客単価の約5倍となっています。

通話の安定性と利便性がコンタクトセンター業務にとって理想的
株式会社NTTマーケティングアクト

多言語通訳業務においてLiveCallを利用しています。ビデオ通話の安定性と利便性に優れ、コンタクトセンターに対応する「自動振り分け」や「あふれ呼」、「管理者コンソール」などの機能も備わっているLiveCallは理想的で、すぐに導入を決めました。 感心するのは、わかりやすい画面のデザイン(UI)、シンプルかつ優れた操作性、高いユーザビリティー。「LiveCall」は厳しい基準をクリアした確かな商品だと感じています。

*「LiveCall」公式HP参照

まとめ

この記事では「LiveCall」の特徴・評判を解説しました。

オンライン接客の導入ハードルが高いと感じていたり、リモートでの接客に難しさを感じている方に使ってほしいBtoCに特化したビデオチャットツールです。

アプリ不要で、予約と通話がシームレスに行えるなど操作方法も簡単なユーザビリティの高さが「LiveCall」の大きな特徴といえます。

コールセンターでも役立つ着信の優先順位設定など、さまざまな業界のオンラインでのコミュニケーションに対応している点は他にはない特徴で重宝するでしょう。

充実した機能を使って、さらに顧客満足度を高めたいという会社に特におすすめです。予約から通話まで、効率的で操作性の高いサービス提供を実現できるでしょう。

画像出典元:「LiveCall」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ビデオチャットツールの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他のビデオチャットツール

起業ログが厳選するビデオチャットツール
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
Chatwork
Calling
B-Room
ビデオチャットツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ