B-Room

3.8

記事更新日: 2021/03/11

執筆: 編集部

良い口コミ・評判

エンジニアや管理者も商談に参加できる

初期費用は無料で、月額のみ。ルームに4人入れるため、営業マンやエンジニアがいつでも取引先と同席して打ち合わせでき、ありがたいです。AIで会話の重要な部分を文字に起こしてくれるので会話を録音する必要もなく便利です。

悪い口コミ・評判

月額負担が大きい

Sプランで1ルーム35千円/月、5人で使用した場合は7千円/月になります。BーROOMはかなり使いやすいので解約するつもりはありませんが、毎月の負担を考えると高すぎると思います。

編集部コメント

B-Roomは商談に特化した“オンライン商談システム“です。誰もが知っている大手企業も多数含め、リリース約1年で700社以上の導入実績があります。Web会議ツールでの商談では難しい、商談に特化した利便性の高い機能が多くの企業から支持を集めています。

ユーザー企業からも、AIによる録音・文字おこし機能、カンペ機能など営業担当者に嬉しい機能が好評です。一方で、年間契約のため、コスト対効果が得られるか、金額面での不安が聞かれます。

オンライン商談ツールを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

オンライン商談ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする2サービスの資料をダウンロードできます。

B-Roomだけ知りたい方はこちら

B-Roomの資料を請求
1. 全端末インストール不要

スマホ・タブレットも含め全端末でアプリのインストールは不要。

2. お互い触れる資料共有

画面上に表示した資料は、双方指差したり、めくったり、ペンで書き込めます。

3. 商談内容記録機能

自動音声議事録や録画、報告書の3通りで商談の内容を記録します。

良い点

客先への自動リマインドメールや、訪問時に掛かるコストの自動算出などユニークな便利機能も多数。

悪い点

海外の一部の国との接続については動作保証の対象外となります。

費用対効果:

初期費用なしで1ルームから導入できる月額制。商談支援機能で成果を上げてすぐに納得いただけます。

UIと操作性:

マニュアルがなくても、直感的にその日からすぐに使い始められるくらい、操作性抜群です。

導入ハードル:

あらゆる端末で双方インストール不要。すぐに商談が開始可能で導入しやすいと言えます。

B-Roomの特徴3つ

1. オンライン商談専用の機能が充実

「B-Room」なら、オンラインで商談をする為の「ルーム」というオンライン上の会議室に入る方法を、状況に合わせて2つの方法から選べます。

URLを送信するという方法と、ワンタイムパスワードを伝えるという方法です。

メールアドレスを知っている相手には入室URLを送れば、クリックのみで簡単に入室できます。

URLを送る方法はZoomなどのWeb会議システムでも一般的ですが、「B-Room」ではメールアドレスを知らない新規顧客にも、8桁の数字からなるワンタイムパスワードを入力してもらうだけで入室ができるので、メールアドレスを知らない相手にもスムーズに商談に持ち込むことができます。

その他、プレゼン時に話す内容を自分側だけに表示させ、スムーズに提案ができるトークスクリプト機能や、同じ会社の同じルームに入室している同席ユーザとクライアントに内密で相談しあったり、アドバイスを受けたりといったシチュエーションに便利なステルスメモ機能等様々な便利機能により、成約率アップに貢献します。

さらに、「B-Room」は、最高レベルのビデオコーデックを採用しています。そのためこれまでのテレビ会議システムのイメージを遥かに超える高画質・高音質で、リアルの商談と変わらない臨場感のあるオンライン商談が実施できます。

相手の表情がはっきりと見えるので、表情や声のトーン、ジェスチャーなどのその場の雰囲気もしっかり捉えながら商談を進められます。

また利用デバイスに合わせた最適な方式で接続し、ネットワークの状況に応じてビットレートを変更するので、話の途中で音声や画像が途切れることも無く、商談に集中できます。



2. 導入して成果を出すところまで伴走する支援体制

「B-Room」は利用料金の中に導入後のレクチャーや、活用の進め方のコンサルティングも含んでいます。

ITツールを導入したはいいものの、使われないまま忘れられてしまう話も耳にしますが、B-Roomなら商品を知り尽くしたBloomActのサポートチームによる操作方法のレクチャーはもちろん、社内の状況やお客様のスケジュールに合わせてカスタムする導入支援メニューもご用意されています。

導入推進の担当者と定期的なミーティングで、社内での進捗を確認し自走できるまで支援を受けられます。

B-Roomの導入効果を最大化するために、ツールを知り尽くしたメーカーの支援は心強いですよね。

サポートデスクももちろんメーカー直営の有人対応ですので、「商談中にカメラが映らない」など、困った時にも適切な対処を教えてもらうことができます。お客様との約束の時間を使っていただくことが多い商談ツールだからこそ、時間を少しも無駄にさせないようサポート体制も充実させているようです。

3. 全方位的に”商談を守る”セキュリティ体制

「B-Room」はユーザーが安心して利用できるようセキュリティが確保された信頼性の高いシステム設計です。その為、ユーザーが特別な対策を取らなくても通信の安全が保証されます。

まず、「B-Room」は、全システムのデータ通信で暗号化されていないデータの通信を絶対にしないという決まりで運用していてるので非常にセキュリティが高いです。

セキュリティ方式は、長年インターネットの世界を支えてきたSSL通信をより安全に通信できるよう改良を加えたDTLS-SRTPとTLS通信を採用しています。

動画や音声の通信は、高画質・高音質を維持しつつ、高度な暗号化のもと高速通信を行えるDTLS-SRTPを採用。

現在、その他の通信は全て信頼性の高いTLS通信を採用し保護しています。大切なデータを悪意のある攻撃者から守れ、商談といったセキュリティ対策不可欠の場でも安心して会話できます。

また、「B-Room」のデータセンターは国内にあり、本サーバーも東京周辺にあるとのことですが、セキュリティを保つ為に場所の公開はされていません。

しかしながら、中継地点の少なさからタイムラグのないサービスの提供が可能です。

そして全ての通信とデータの保管を暗号化した上で行い、サーバーで管理しているデータも不正アクセスをシャットアウトといった対策を行うことで、あらゆる側面からユーザーデータの機密性が保証されます。

また万が一の場合の、障害対策もされていて、どこか1拠点で発生した障害が他の拠点に影響を与えるということが無いよう複数あるデータセンターはそれぞれ独立して稼働し、ルームや他の機能が利用出来ないという状況が極力生まれないよう対策されています。

勿論、データベースも多重化されている為、データの消失へのリスク対策もされているので安心です。

さらに、情報セキュリティの国際規格ISO27001も取得しており、適切な情報管理を行っています。

「B-Room」はサービスを契約してい利用しているユーザーだけでなく商談でルームに招待されるクライアントの方々にも安心して利用できるよう配慮しています。



B-Roomの資料を無料ダウンロードする

 

B-Roomの料金プラン

上の表の通り、Sプラン・Mプラン・Lプランとあります。

初期費用も従量課金もない、明瞭でリーズナブルな価格プランです。

  • 追加も1ルーム単位で可能。100ルーム以上の場合は、特別価格プランがあり、問い合わせの必要があります。
  • 1ルーム契約の場合、他ユーザーは別の商談を同時刻に行うことは不能
  • 利用時間が重ならなければ、実際の会議室同様、社内ユーザーでシェアが可能
  • 契約ルーム数に関わらず個人アカウントは無制限に作成可能
  • アカウントごとに、プロフィール・ルーム予約情報・格納資料・接続履歴などの管理が可能

B-Roomの資料を無料ダウンロードする

 

B-Roomの評判・口コミ

IT/インターネット/通信業界

51〜100人

初対面の商談に使いやすくなるともっと便利

利用にかけた費用

初期費用がかからなかったため、月額69,000円のみかかりました。

使いやすいと感じた点を教えてください。

既存の取引先企業の担当者と社内にいながら打ち合わせをすることができるところは便利に感じています。

また、営業マンが今まで1週間あたり15時間~20時間かけていた外出時間が削減された効果もあります。残業時間も同様に減る効果を得ています。

不便だと感じた点を教えてください。

取引先に初対面の人物がいる場合、不便に感じることがあります。 名刺交換機能がありますが、初対面だとプロフィールがわかりません。画面上に「会社名と役職と氏名」が自動表示される機能が追加されれば、もっと使いやすいと思います。

他の会社にもおすすめしますか?

toBの企業にはオススメできるツールだと思います。特に、複数の会社で共同で製品開発をしている会社におすすめです。

理由は、相手先に出向く必要がなく、社内にいながら商談を進めることが可能なだけではありません。移動時間がないことから、常に営業マンやシステムエンジニア、さらに必要があれば営業部長や開発部長も出席して、商談をすすめることができるためです。 決裁権限を持つ人物を商談に同席させやすくなったため、商談が前に進むスピードが早くなったと感じています。

小売/流通業界

31〜50人

音声のテキスト化が最大のメリット

利用にかけた費用

 1ルームあたり月額35,000円で使用しています。

使いやすいと感じた点を教えてください。

離れた場所で、いつでも上司や先輩と面談に近い形でグループミーティングをできたので、非常に使い勝手が良いと思いました。

不便だと感じた点を教えてください。

お試し期間としての1か月単位での契約ができず、1年単位の契約でした。実際に使いにくいなと思ったときに途中で解約するのが難しかったのは、困りました。

他の会社にもおすすめしますか?

コロナの状況下でのミーテイングがしづらい部署同士での連携を高めたい会社にはおすすめしたいです。音声をテキスト化してくれるのが最大のメリットで、商談中にメモを取る必要がないので助かります。

デザイン

31〜50人

料金設定は高いがとても使いやすい

利用にかけた費用

初期費用が無料で、ランニングコストは1ルーム月額35,000円です。

使いやすいと感じた点を教えてください。

このツールは、イニシャルコストが無料な点、ルームに4人も入ることができる点が、特に魅力的だと思います。

1対1だけでなく、複数での商談もできるので、状況に合わせて使えてとても便利です。他にも、pickuponとの連携はとても使いやすいと感じました。AIで会話の重要な部分を文字に起こしてくれるので、会話を録音する必要がなくなります。

不便だと感じた点を教えてください。

月額の利用料がとにかく高いです。Sプランで、月額1ルーム35,000円、5人で使用した場合の一人当たりは月額7,000円になります。さらに、Lプランの場合は、20ルーム月40万円もかかります。さすがに料金設定が高すぎると思います。

ただ、このツールはかなり使いやすいので、これから解約をするつもりなどはありません。

不動産

2〜10人

生産性1.5倍増!でも今までの商談述は使えない

利用にかけた費用

月額:35,000円

使いやすいと感じた点を教えてください。

使い始めこそ慣れるまで大変でしたが、移動せず事務所で商談をまとめることができます。交通費、移動時間を半分削減できた分、商談に時間をかけることもできました。売上に繋がり、商談数自体も1.5倍ほど上昇!!

お客様からも好印象で、コロナに敏感で移動したくないという方にこのシステムの話をしたら喜んで頂けました。

不便だと感じた点を教えてください。

コロナ対策として始めましたが、オンラインだと熱量や実際に会ったときの雰囲気を出せません。思いがダイレクトに伝わらないので、これからオンラインで伝える方法を模索しているところです。今までやってきた商談術は使えないという点は、不便だなと思いました。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめはします。ルーム数を増やすとランニングコストが高くなるのでおすすめできないですが、うちの会社のような小規模の会社であれば安く済むでしょう。新たに人を採用しなくても、1人当たりの生産性を1.5倍~2倍に上げられるので、他の会社にすすめても恥ずかしくないと思います。

ゲーム

31〜50人

コロナ禍でもネット環境があるだけで商談可能

利用にかけた費用

20万円で利用していました。

使ってみた感想を教えてください。

B-Roomは、初見でも操作がわかりやすい画面運びです。アドレスの共有のみで使えるので、商談時間に接続確認するケースが少なく、スムーズに商談に入れます。ユーザーとして現時点では改善点はないです。今後も使いこなしていきます。また新たなシステム入れて、操作説明しなくても皆さん接続できるようになりました。

使いやすいと感じた点を教えてください。

コロナで企業訪問などできなくなったので、ネット環境があるだけで商談できるのは助かります。営業として活用できる機能、カンペ機能など、継続的に営業活動するにもメリットが多々あります。

他の会社にもおすすめしますか?

他社にもおすすめします。高画質から得られる臨場感は双方の表情チェックなどにつながり、訪問時とオンライン時の削減コスト数値化はコストの意識づけに役立ちます。専用アプリインストール不要、操作性の簡便さなど、使用者側の目線で作られています

郵送

51〜100人

営業

場所を問わず簡単に使えて便利

あなたはそのツールの「導入決定者」、「利用ユーザー」のどちらの立場ですか? 

営業 

利用期間 

2020年3月~2021年10月現在も利用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

コロナ禍でも会議や商談をスムーズに行うため。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

専用のアプリなどのインストールやダウンロードは一切不要で、URLをクリックするだけでどこにいても簡単に会議や商談ができるようになりました。「場所を問わず」というのが魅力的で、在宅ワークをしていても何の不自由もなく進めていけました。 

不便だと感じた点を教えてください。 

音声自動テキスト化の精度がまだそこまで充実していないと感じました。例えば校正に関しては、結局は人の手を入れなければならないぐらい精度が低いです。仕事効率を上げるためのツールと考えると、正確性は追求してほしいと感じました。

金融

1人

ファンド業務

サポート機能も充実で初心者におススメ

あなたはそのツールの「導入決定者」、「利用ユーザー」のどちらの立場ですか?

ファンド業務 

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

初期費用:無料 月額料金:14,000円 

利用期間 

2021年1月〜2021年10月現在使用中 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

ブラウザ上で全て対応できるので、専用ツールやアプリなどのインストールが必要ないです。通信環境さえあれば先方も利用できるので非常に使いやすいです。 

不便だと感じた点を教えてください。 

オンラインでの会議や商談内容に関しての議事録作成時に、自動音声ツールを使用してますが、性能が今ひとつなのが残念です。作成中にすぐにフリーズしてしまうので、結局は、使用せずに自分で手入力しています。 

他の会社にもおすすめしますか? 

オンライン会議・面接・商談などに活用すると、時間の使い方がも大幅に改善されます。月額費用は他社システムと比較すると安くはありませんが、サポート機能は充実しているので、初心者にもオススメです。 

IT

251〜500人

導入決定者

メモを見ながら商談が出来て便利

 あなたはそのツールの「導入決定者」、「利用ユーザー」のどちらの立場ですか? 

導入決定者 

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

初期費用は無料です。月額費用は6万9000円です。料金プランは3ルームです。 

利用期間 

2021年8月~2021年11月現在も利用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

3ヶ所以上の離れた場所であってもオンラインで繋ぐことができて、途切れることなく円滑に商談を進められるところが決め手となり、導入することになりました。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

取引企業と市役所と自社と、新しいプロジェクトについて会議をするときに、自分が話す内容のメモを、相手に見えないように表示しながら商談を進められた点です。 

商談の中で、事業内容について自分が特に伝えたいと思った内容を予めまとめて、自分だけに内容が見えるように表示しておきながら商談を進められます。緊張している中であっても、事業の魅力を分かりやすくお伝えできるのは便利です。市役所の方たちにも取り引き先の企業の方たちにも好感触を持って頂けたので、助かりました。 

不便だと感じた点を教えてください。 

安く抑えることができた費用が計算されるまでに、30分近くかかることがあったことです。商談の対象となっている企業や市役所の場所などを考慮して、訪問して商談を行った場合と比較して浮かせることができた費用を自動計算で表示してくれるようになっています。ですが、場所を把握するのに時間がかかったのか計算結果がなかなか表示されず、商談の内容を振り返りつつ費用の確認を行うことが難しくなってしまい、不便さを感じました。 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

PowerPointと連携して、商談で使用する資料を複数であってもすぐに送信できたので、連携しやすかったです。 

メーカー

1001人以上

営業

自動校正やメモ共有などの機能が優秀

 あなたはそのツールの「導入決定者」、「利用ユーザー」のどちらの立場ですか? 

営業 

期間 

2020年4月から2021年11月現在も利用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

元々Skypeを導入していましたが、別のツールとも比較して見たいという事でZoomとB-Roomをお試しで導入することになりました。B-Roomは他のツールにはない、議事録の自動校正機能が便利で本格導入に至りました。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

会議に参加していると聞き慣れないワードが出てくる事が多々あります。そのワードをネットで調べているうちに話は次に進んでしまうし、話の流れがわからなくなってしまいます。そういう時に議事録の自動校正機能のあるB-Roomが活躍してくれました。また、お客さんとメモを共有できる機能も含め会議に集中するための機能が優秀です。 

不便だと感じた点を教えてください。 

同時接続できる拠点数が3-4箇所に限定されている事が不便です。5箇所以上と接続したい場合には、過去にメインで使用していたSkype会議を使用せざるを得なくなります。また、会議中に音声が止まってしまい、話の腰が折れる事があるのも難点です。 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

会議リンクをチャットに貼るだけでアクセスできるため便利です。使用ツールはMicrosoft Teamsです。 

他の会社にもおすすめしますか? 

おすすめしています。議事録を自動的に作成してくれる機能は手間を省いてくれ、無駄な残業削減、つまり人件費削減につながるため効果的だと思います。

不動産

2〜10人

建築

インストールの必要もなく簡単に利用できる

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

導入費用:7万円 

利用期間 

2021年2月〜2021年11月現在も利用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

コロナ禍による出張費削減の為 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

社内、外部問わずミーティングルーム打ち合わせが可能となるため、無駄な出張や移動時間の削減になりました。特にインストールなども必要ないので誰でも簡単に利用できます。 

不便だと感じた点を教えてください。 

契約期間が1年単位となっているのがネックです。他のシステムへの乗り換えなども検討したいと思った時にスムーズに手続きができなくなります。1ヶ月単位の契約プランがなどがあると導入のハードルも低くなると思うので年間契約とは別に検討してほしい。 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

googleカレンダーと連携するとオンラインでのスケジュール共有が簡単にできます。 

他の会社にもおすすめしますか? 

面倒なインストールなどが一切ありませんので、使い勝手は良いと思います。対面での面談が昨今厳しくなっているからこそ、導入することでオンラインで完結できるのはコストカットにも繋がると思います。

まとめ

この記事では「B-ROOM」の特徴・評判・料金について解説しました。

オンライン商談システム「B-Room」は商談に特化した設計になっているため、オンラインでの商談が多く、その効率化・質向上に悩んでいる方におすすめです。

B-Roomの資料を無料ダウンロードする


画像出典元:「B-Room(ブルーム)」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

オンライン商談ツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】オンライン商談ツール選びのお役立ち資料
起業ログが厳選するオンライン商談ツール
オンライン商談ツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ