VCRM

記事更新日: 2020/10/06

執筆: 編集部

運営コメント

専用ソフトのインストールなど事前の手間や時間をかけずに、相手との商談を行いたい企業におすすめのツールです。開始ボタンを押し、接続ナンバーを入力するだけですぐに相手とライブ配信が行えます。ユーザー登録数無制限のため、低コスト運用で営業コストの大幅削減を実現します。

1. 資料共有機能

ワンタッチで資料のダウンロードが可能

2. 複数人コール機能

最大で4人までビデオチャットに参加できる

3. 録画録音機能

商談内容をすべて録音・録画し、後から確認できる

良い点

事前準備不要、誰にでもできる簡単な操作ですぐに商談を始めることが出来ます。メモや音声での記録機能もあり、後から内容を振り返ることも出来ます。

悪い点

複数名で接続したい場合は最大10名までの接続となります。

費用対効果:

月々払いでも1ルームあたり1ヶ月1万円以下で利用でき、ユーザー登録数無制限で利用できます。

UIと操作性:

フォームに必要情報を登録するだけですぐにトライアルで利用でき、トライアル終了後はサポートを受けながらそのまま有料プランへ変更できます。

サポート体制:

営業の現場での問題解決からセールストーク、ロープレなどのトレーニングまでトータルサポートが受けられます。

VCRMの特徴3つ

1. 事前準備不要で使用できる

VCRMの1つ目の特徴は、 事前準備不要で使用でき、すぐに商談が開始できることです。商談をする際にはお客様にホームページ上で開始ボタンをクリックしてもらい、接続ナンバーを入力するだけでライブ配信を始められます。

急に商談が必要になったときでも、顔を見て話せるだけでなく、資料や進捗状況の共有がすぐに出来るので、より具体的に話し合えてお互いの理解も深められます。


瞬時に相手とのライブ配信が始められる

2. 非公開のメモや共有メモの入力が可能

2つ目の特徴は、非公開のメモや共有メモの入力が可能なことです。

VCRMではメモ機能があり、まず、相手との商談時にこちらだけが見ることができる非公開のメモ記入欄が設けられています。営業のトークスクリプトや注意事項、自分だけのメモをいつでも見られるようにしておけるので、例えば新入社員が対応するときにも安心です。


商談メモを見ながら話ができる


また、商談を行う双方が入力できるノート欄もあり、こちらには商談内容のメモを記録したりウェブサイトのURLやメールアドレスを共有したりすることが可能です。口頭でのやりとりだけでなく、ノート上のメモを共有することでリアルタイムに商談を可視化しながらやりとりできるのも魅力です。


ノート機能で商談記録やURLなどを共有できる

3. 自動で音声を文字化し記録できる

3つ目の特徴は、自動で音声を文字化し記録できることです。メモを取らなくても音声で記録できるので、臨機応変に対応できますし、商談内容全体を後から振り返ることができます。

テキストとしてダウンロードもできるので、相手との共有も可能です。


自動音声議事録機能がある

 

VCRMの料金プラン

月々払いの利用料金は下記の通り、36,000円/4ルーム(1ルームあたり9,000円)です。

この他、初期費用はー社につき98,000円がかかります。初期費用には導入・運用コンサルティング料が含まれています。


 

VCRMの評判・口コミ

コスト大幅削減&売上エリアが拡大!
広告代理店・HP製作代行A社

社員の退職や異動等で営業人数が少なくなってしまったのですが、商談数を維持し受注数をキープし、営業を効率化するためにオンライン商談を検討しVCRMの導入に至りました。導入後は大幅な年間経費削減に成功しました。年に3回訪問していた企業への訪問回数は契約時のみ訪問の1回に減少し、訪問・出張コストも3分の1程度に減少しています。また、オンラインと訪問を使い分けることで1日の商談数が3件→6件と2倍に増加したため、オンライン商談数も2倍ほど増加しました。営業人数が減少しても年間商談数を減らすことがなく人手不足の課題をカバーすることができたと感じています。

VCRMでコロナ以前と変わらない営業活動が実現
ソフトウェアの開発
・提供B社

パンデミックの影響で訪問営業ができず、営業活動がストップしてしまったため、訪問と同じような営業ができるVCRMの導入を決めました。導入してからは移動時間がない分、無駄な時間が無くなり、削減できた時間でお客様との打ち合わせまでの事前準備がしっかり確保できるため、よりお客様に満足していただける営業活動ができていると感じています。また、電話の問い合わせに対してもすぐに資料を見ていただきながらご説明ができるので、お客様がホットなタイミングで的確なアプローチを行え、訪問と比べ受注までのリードタイムを大幅に短縮することができました。

*「VCRM」公式HP参照

まとめ

この記事ではVCRの特徴・評判・料金について解説しました。

相手との商談を簡単に、すぐに行いたい会社にはうってつけです。操作も簡単でサポート体制も整っているので、専門の知識を有する担当者がいなくてもスムーズに使用できます。

料金は初期費用に導入・運用コンサルティング料が含まれて10万円以下、月々の使用料も1ルームあたり1万円以下とリーズナブルで、導入ハードルが低いです。

また、機能も充実していて、メモやノート機能、音声での記録機能や資料共有もしやすく、使い勝手が良いです。商談内容を今までより良いものにしたいと考える営業担当者の手足となって大いに活躍してくれるツールです。

画像出典元:「VCRM」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

オンライン商談ツールの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の【オンライン商談】のツール

起業ログが厳選するオンライン商談ツール
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
Calling
B-Room
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ