FieldPlus

記事更新日: 2019/11/06

執筆: 編集部

編集部コメント

作業報告に勤怠報告、企業内は担当者への報告事項で溢れかえっています。ところが、特に現場の進捗状況などの報告はなかなかリアルタイムで報告することができず、報告のタイミングが遅れてしまうことがあるのではないでしょうか。今回ご紹介する「FieldPlus」は、アプリさえあればどこにいても報告業務を行える便利なサービスです。

1. 報告シートの作成

管理画面から報告シートを作成できる

2. 報告内容の確認

現場から送られてきた報告をリアルタイムで一括確認できる

3. 拡張機能に対応

標準機能+スケジュール管理など、都合に合わせてカスタマイズできる

良い点

管理者が報告内容を一括で確認できるサービスで、リアルタイムに現場状況を確認できます。アプリをダウンロードするだけで、どこにいても管理者に対して報告を行えるため、報告漏れを最小限に食い止められるます。

悪い点

スマホ操作に慣れていない人は、アプリの使い方で少々迷う可能性があります。対応ブラウザがInternet Expiorer11となっており、Google Chromeなど他のブラウザに対応できるかどうかは不明です。

費用対効果:

初期費用は150,000円ほどかかりますが、アプリのダウンロードは無料、安価な月額料金で利用できます。

UIと操作性:

一度システムの導入やアプリのダウンロードを行えば、簡単に操作できます。

社外連携:

報告者側がアプリをダウンロードすれば、場所や環境を問わずシステム内での報告が可能になります。

FieldPlusの3つの特徴

1. 報告シートの作成数が無制限

「FieldPlus」はシステム内で報告シートを作成できるシステムで、作成できる雛型数の数は無制限で利用できます。

たとえば、日報や月報、勤怠管理、現場の進捗状況など、企業内ではことあるごとに報告しなければならないことがあります。

これらの報告を各自で行っていたのでは行き違いや報告漏れが出るリスクが高まりますが、「FieldPlus」を使用すれば、そのようなリスクも最小限に留めることができるでしょう。

なお、現場スタッフからの報告はリアルタイムで確認できるため、緊急事態が起こった場合でも素早く対応できます。


雛型の作成数は無制限
 

自由に作成できる雛型

2. 設問式の報告用アプリ

現場スタッフは、ダウンロードした専用アプリで現場状況を逐一報告できます。入力フォームは報告内容によって入力形式を選択できます。

なお、入力項目はテキスト入力以外はすべて設問式になっているため、短時間での入力が可能です。


設問式の入力画面

3. カスタマイズ対応

「FieldPlus」はパッケージ製品ですが、標準機能+スケジュール管理といったカスタマイズに対応できます。

カスタマイズ内容については「FieldPlus」の公式サイトから相談できますので、標準機能プラスアルファが必要と思われる場合には、ひとまず問い合わせしてみると良いでしょう。

なお、カスタマイズ費用は初期費用に含まれず、別途必要になります。

かかる費用に関してはカスタマイズ内容によって異なりますので、こちらもあわせて相談してみることをおすすめします。

料金プラン



基本料金は上記の表のとおりで、カスタマイズが必要な場合では、基本料金+オプション料金となります。

※2019年9月時点

まとめ

「FieldPlus」は、企業内の報告作業を円滑に行うための便利なサービスです。

報告を受ける側はリアルタイムで報告を受け取り、現場状況を確認できるため、緊急性が高い事態が派生したとしても、直ちに対応できるでしょう。

報告業務での人件費や時間を削減したい、あるいは現場状況をいち早く確認したい方は、この機会に「FieldPlus」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「FieldPlus」公式HP

その他の日報アプリ

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ