TPiCS-X

記事更新日: 2019/10/04

執筆: 編集部

編集部コメント

「TPiCS-X」は、量産繰返生産や少量多品種生産、個別一品受注生産といった多様な生産形態の混在管理をシステム上で行えるサービスです。手動での生産管理に莫大な時間がかかってお悩みの企業にうってつけのシステムです。

1. 多様な生産形態の混在管理

量産繰返生産、少量多品種生産、個別一品受注生産をまとめて管理できる

2. カスタム設定が可能

ユーザー項目の追加をプログラム開発なしで行える

3. Excelテンプレートの変更が可能

準備されている帳票テンプレートの変更が可能

良い点

生産管理情報を社内で共有し、現場状況を把握することにより、納期遅れの解消や在庫縮小、短納期生産の両立などが可能になります。

悪い点

日本語だけでなく、英語、中国語、ベトナム語に対応したシステムですが、これらを導入するためには別途ライセンス取得費用がかかります。

費用対効果:

多様な生産形態の混在管理に対応しているため、生産管理の時短や人件費の削減に役立ちます。

UIと操作性:

導入後、操作方法のサポートを受けられます。

社外連携:

他社システムと双方向データ連携が可能です。

サポート体制:

サポートフォーム、サポート電話、リモートサポートを利用できます。

TPiCS-Xの3つの特徴

1. 素早い生産計画作成が可能

「TPiCS-X」の独自機能では、生産の販売計画や生産計画を元に製品構成表、製造リード日数、ロットサイズを確認しながら自動で生産や手配の計画を作成できます。

さらに、稼働カレンダーの登録も可能で、クライアントの稼働カレンダーに合わせた出荷や生産計画を立てることも可能です。

計画表の自動作成が可能

2. 多様なカスタム設定

「TPiCS-X」には多様なカスタム設定が用意されており、プログラムの開発をすることなくすべてのフォームやタブに任意のユーザー項目を追加できます。

また、こちらのシステムにはあらかじめ帳票のExcelテンプレートが用意されていますが、こちらも自由なカスタマイズが可能です。

また、トランザクションデータ専用テーブルを使用すれば、他社システムと双方向データ連携が可能になります。


カスタム設定の種類が豊富

3. 運用方法は4種類

「TPiCS-X」は、クライアント・サーバー運用、リモートデスクトップサーバー運用、プライベートクラウド・仮想サーバー運用、パブリッククラウド運用から都合の良い運用方法を選択できます。

適したサーバーの運用方法については企業の規模やクライアント数によって差が生じますので、まずは「TPiCS-X」の公式サイトから問い合わせを行い、詳細について相談をしてみると良いでしょう。


クライアント・サーバー運用
 
 
リモートデスクトップサーバー運用
 
 

プライベートクラウド・仮想サーバー運用
 
 
パブリッククラウド運用

 

料金プラン




その他オプションも多数用意されています。

評判・口コミ

向上の生産性が4割向上
セイホーマックス株式会社様

最大の効果は、この3~4年間、工場設備や人員が変わっていないのに、工場の生産高が4割も向上したことです。TPiCSは、作業の開始と終了時にボタンを押すだけで、毎月の個人別の出来高が明らかになりました。それを機に、作業者間で競争意識が芽生え、段取りの上手な人がいると、その人にやり方を教わるなどの好循環が生まれました。

カスタマイズしやすいところが魅力
金陵電気株式会社様

TPiCSの魅力はシステムがシンプルであり、なおかつカスタマイズしやすいこと。また、着手信号機オプションで未入庫の部品を確認できるなど、使う側の身になって考えられているところが良いですね。

※「TPiCS-X」公式HP参照

まとめ

「TPiCS-X」は、あらゆる生産形態の管理を全てシステム内で行えるサービス。運用方法を数種類から選択でき、管理画面のカスタマイズも自由に行えるというメリットがあります。

生産形態の多様化で管理が難しくなっていると感じているのなら、ぜひ、今回ご紹介した「TPiCS-X」の導入を検討してみてくださいね。

画像出典元:「TPiCS-X」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ