atWillTemplate

記事更新日: 2020/10/09

執筆: 編集部

編集部コメント

「atWillTemplate」は業務内容に合わせてシステムをカスタマイズできる生産管理システムです。生産、原価、品質を把握してより生産性や利益率を高めたい企業にはうってつけのサービスです。このサービスはテレビ番組で紹介されたこともあるため、その知名度は高くなっています。

1. 多種多様な生産形態に対応

個々の形態だけでなく、さまざまな生産形態が混在している場合にも対応できる

2. 高性能MRP(資材所要量計画)

高性能MRPにより必要な資材の数を自動算出できる

3. 製造実績収集

実施した作業を単位ごとに実績管理できる

良い点

クラウド利用のサービスで、導入支援あり・なしから導入スタイルを選べる点がメリットです。

悪い点

テンプレートの分類分けが多いため、操作に慣れるまでに少々時間がかかる可能性があります。

費用対効果:

月額費用は少々高額ですが、ライセンス保守料がなく月額費用のみで生産管理業務の効率化が実現するため、コストパフォーマンスに優れているといえます。

UIと操作性:

導入ハードル:

カスタマイズなしの標準導入で最短で3カ月程度と短期間で導入可能です。

社外連携:

PC操作のみで、スマホやタブレットには対応していません。ただし、データベースイメージのファイル出力・入力ツールが用意されているため、atWillTemplate標準ファイルとの連携なら可能です。

atWillTemplateの3つの特徴

1. 正確な原価把握の実現

ニーズの多様化に伴う多品種少量生産が頻繁に発生した場合、原価をきちんと把握していないと赤字のリスクが高まります。

「atWillTemplate」では、原価を正確に把握したうえで原価低減活動や標準原価を活用したコスト計算を行えます。

なお、標準原価を用いた予算シュミレーションや副産物、連産品の原価計算も可能で、これらは部門別・勘定科目別に割賦パターンを細かく設定できます。


部門別・勘定科目別に割賦パターンを細かく設定

2. 品質状況の見える化を実現

品質不良が起こっている場合、それを改善するためにはまず、その原因を究明しておかなくてはなりません。

「atWillTemplate」では企業内全体での品質の見える化を実現させることができ、品質不良の原因分析、品質改善を目指すことができます。

こちらのサービスでは、ISO9001/IATF16949/GMP/FSMSの要求事項に則った基準により、品質情報を一元管理できます。


品質の見える化を実現

3. ニーズに合わせたシステムを導入

「atWillTemplate」は、必要な領域のみにシステムを導入する個別導入パターンと、企業の成長に合わせて段階的にシステムを導入する段階導入パターンからプランを選べます。

個別導入パターンでは、在庫管理+工程管理、在庫管理+工程管理+購買管理というような自由な組み合わせが可能ですが、将来的に全てを導入する可能性があるのなら、段階導入パターンで検討してみることをおすすめします。


選べる導入パターン

 

料金プラン


サービスメニュー
 


保守運用サービス料金


利用料金はプランによって変動します。

評判・口コミ

品質に見合った価格の算出が可能
フォーアールエナジー株式会社様

atWillTemplateに、在庫情報から48個のモジュールの組み合わせを提案するロジックを搭載しました。製品を作るたびに、人間が48個のモジュールの組み合わせを考えていたら手間がかかりますが、atWillTemplateでロジックを組み込んだことで、効率的に生産指示を作成できます。

作業の効率化が実現
製造業A社様

重複作業の廃止に伴う工場全体の作業効率化を実現をはじめ、現場の作業手順とリンクしたシステム機能により、作業者の負荷を軽減できました。

※「atWillTemplate」公式HP参照

まとめ

「atWillTemplate」は、生産管理情報を一元化し、社内全体で情報を共有できるサービスで、現状に合わせて個別導入パターンと段階導入パターンから導入方法を選択できます。

このシステムはアドオンを前提に作られたテンプレートを使用しますが、パッケージ製品のようにライセンスの購入などが必要なく、導入後にはテンプレート利用サポートコストのみの発生というメリットがあります。

コストをなるべく抑えて高品質の生産管理サポートを受けたい場合には、この機会に「atWillTemplate」の導入を検討してみると良いでしょう。

画像出典元:「atWillTemplate」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ