SPENCER

記事更新日: 2019/10/04

執筆: 編集部

編集部コメント

「SPENCER」の運営会社は物流大手西濃運輸のグループ企業。そのため、物流改善コンサルティングの経験はどの企業にも負けません。長年積み上げてきた業務効率化のノウハウを活かした生産管理システムは、とにかく機能が充実。製造業に欠かせない計画管理・実績管理など全ての機能を網羅しています。

1. 計画管理

在庫推移を元に生産計画を立て、受注管理から発注管理まで行える

2. 実績管理

入荷管理から在庫管理、更には製造・生産指示まで製造業に必要な業務の管理ができる

3. 原価管理

原価計算基準に基づいて、個別原価を計算する

良い点

製造業の生産に関わるすべての業務を一元管理可能。利用形態はオンプレミスまたはクラウドの選択ができます。

悪い点

「SPENCER」は従業員規模が250名以上の企業に導入メリットの多いシステム。小規模の企業には不向きです。

費用対効果:

一般的な製造業向け生産管理システムと同等の価格で導入できます。

UIと操作性:

Excelなど表計算ソフトを使ったことがあれば問題なく操作できます。

導入ハードル:

約2ヶ月間でシステム開発からトレーニングまで完了させ、本稼働できます。

SPENCERの3つの特徴

1. 3つの管理機能で業務効率改善

「SPENCER」には、計画管理・実績管理・原価管理という3つの主な機能があります。

計画管理では、在庫の推移や計画情報を元に生産計画を立てられますが、その計画を元にいつまでにどの品目をどれだけ調達しなければならないのかを自動計算。

在庫推移が明確になるだけでなく、過剰在庫の発生を抑えるのにも役立ちます。

実績管理では、工場内の在庫をハンディターミナルで管理。リアルタイムな記録を残すことで現場とバックヤードのタイムラグを無くし、最適な業務計画を立てられます。

原価管理では、実績管理で収集した情報を元に実際原価を算出します。計算内容は企業毎にカスタマイズできるため、あらゆる原価計算方法に対応。工程別・ロット別の原価計算を短時間で行えます。


「SPENCER」でできること

2. 必要な機能のみ選択・導入できる

「SPENCER」には、受注管理から出荷管理・原価管理まで網羅する多数の機能が用意されていますが、企業の業務内容や規模に合わせて必要最低限の機能のみを選択して導入できます。

最初から複数の機能を導入するのではなく、段階的に機能を加えてく方法も人気。企業の成長に合わせたシステムを無駄なく導入でき、非常に便利です。


「SPENCER」のシステム範囲


また、「SPENCER」を運営するセイノー情報サービスはコンサルティング能力に定評があります。30年以上の物流改善支援経験で得たハイレベルなシナリオ力で企業価値の向上を徹底支援。

企業にとって今必要な機能と、今後導入すべき機能について的確なアドバイスをもらえます。

3. エクセルと同等の操作性を実現

「SPENCER」は多くの製造業者が普段の業務管理にエクセルを駆使していることから、「SPENCER」の管理画面もエクセルと同じ感覚で操作できるようにしました。

表やグラフなどデータ管理画面もエクセルに酷似。エクセルしか使ったことのない従業員でも違和感なく操作できます。

カレンダー画面やチャート画面など別シートでの変更も同期可能。高い操作性はそのままに便利な機能を増強したことで、業務効率を大幅に向上させることが可能です。


操作画面の例

 

料金プラン

「SPENCER」の導入費用や月額利用料金は企業規模・導入環境により変動します。

評判・口コミ

在庫が20%削減できた
食品メーカーA社様

製造拠点ごと、商品ごとに製造原価が分かるようになり、効率の悪い拠点や商品などに対し対処できるようになりました。結果として製造コストを抑えられ、利益率がアップしました。生産に関する全情報が把握できるようになり、業務改善の活動指針になりました。それによって、在庫削減の活動も進み20%削減できました。

※「SPENCER」公式HP参照

まとめ

「SPENCER」は長年携わった物流改善コンサルティングで培ったノウハウを、余すことなく反映した導入効果の高い生産管理システム。

その上、エクセルと操作性が似ているため、今までエクセルのみで全ての管理を行っていた企業でも導入しやすくなっています。製造業の原料調達から在庫管理、生産に至るまで一元管理できる「SPENCER」はコンポーネント単位での導入にも対応。

経験豊富なコンサルティングによるアドバイスを得ることで、大手企業だけでなく中小企業でも無理なく導入できるでしょう。

画像出典元:「SPENCER」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ