Hi-PerBT KIT3

記事更新日: 2019/10/04

執筆: 編集部

編集部コメント

「Hi-PerBT KIT3」はパッケージソフトよりもカスタマイズしやすく、オーダーメイドシステムよりも短納期・低コストで導入できる企業にとって”ちょうどよい”イージーオーダーソフトです。豊富な導入実績を元に、各業種独自の業務までテンプレートとしてシステム化。企業独自の業務形態を変えずに販売・生産管理システムを導入したい企業に最適です。

1. 販売管理

販売計画から受発注フォロー・支払管理まであらゆる業務をシステム化できる

2. 生産管理

生産計画や生産指示・進捗管理の他、原価計算の支援を行う

3. 他システム連携

財務会計システムや人事給与システムと連携ができる

良い点

「Hi-PerBT KIT3」はシステムを既存業務に合わせることが可能なため導入がスムーズです。

悪い点

トラブル時のためのリモートサポートが用意されていますが、企業側で事前に接続環境を整えておく必要があります。

費用対効果:

イージーオーダーシステムなので不要な機能は排除可能。無駄なく導入できます。

UIと操作性:

どのページも基本の同じレイアウトで作られるなど入力ミスを減らす工夫が満載です。

サポート体制:

サポートは保守サポートマネージャが一括して受付。トラブル時もすぐに対応します。

Hi-PerBT KIT3の3つの特徴

1. メリットばかりのイージーオーダーシステム

「Hi-PerBT KIT3」は必要なテンプレートのみ選択し導入できるイージーオーダーの販売・生産管理システム。

「パッケージソフトでは使い勝手が悪い」「オーダーメイドシステムはコストがかかりすぎる」等の悩みを抱えている企業に最適です。

その上、豊富な実績から生まれたテンプレートが充実。

他の販売・生産管理システムではオプション設定されているような機能まで標準搭載されており、パッケージソフト並みの短い納期かつ低コストでの導入を実現しました。


「Hi-PerBT KIT3」3つの強み


システム構築までの流れもシンプル。

既に用意されているテンプレートの中から企業が必要なテンプレートを選択し、テンプレートをベースに企業が業務を進めやすいようカスタマイズし組み合わせるだけです。

短納期・低コストがセールスポイントのシステムですが、丁寧な運用テストを実施。新システム導入による現場の混乱を防げます。

2. 入力ミスを防ぐ画面構成

「Hi-PerBT KIT3」は画面の見やすさに定評があります。

販売・生産管理システムは複数の画面で構成されていますが、どのテンプレートでもレイアウトがほぼ同一。

1つの画面の入力場所を覚えれば、他の画面でも直感的に入力場所を見つけられます。

入力ミスを防ぐ工夫のおかげで業務担当者のストレスを軽減。作業効率アップにも貢献するでしょう。


どの操作画面でも入力場所がほぼ同じ


また、画面操作はキー操作だけでなくマウス入力にも対応。パソコン操作に不慣れな従業員でも画面を見るだけでほとんどの操作ができます。

画面はグループや担当者別に表示を変えることが可能。不要な機能を省くことで作業の引継ぎが楽になり、操作ミス軽減にも役立つでしょう。


担当者別画面のイメージ

 

3. 連携可能な機能が豊富

「Hi-PerBT KIT3」は同じく日立ソリューションズ西日本が運用する「Hi-PerBT」シリーズ群との連携が可能。

ウェブ購買システムからワークフロー管理、財務会計システムまで「Hi-PerBT」シリーズのみでトータルシステムを構築できます。


充実の「Hi-PerBT」シリーズ


そして、「Hi-PerBT」シリーズ以外の他システムとの連携にも柔軟に対応。「Hi-PerBT KIT3」には、財務会計システムや人事給与システムとの連動を支援する機能が用意されています。

料金プラン

「Hi-PerBT KIT3」の標準価格は税抜き500万円~。

イージーオーダーシステムなので、利用規模や導入環境により大幅に異なります。

評判・口コミ

休日のみでシステム移行作業が完了
極東ファディ株式会社様

以前のシステム更改では旧システムから新システムへの切り替えにかなり長い期間を要したのですが、この販売管理システムは、土日の休みを利用して1回で切り替えることができました。それ以来システムが停止したことは一度もなく、システム監視とシステム障害対応に費やす工数も従来に比べて大幅に減らすことができました。

顧客への柔軟な対応が可能になった
東邦ガス株式会社様

LNG販売では、お客さまから都市ガスとは異なるいろいろなご要望にお応えしています。今回のシステム導入によりお客さまごとにカスタマイズした対応が可能となり、その作業も比較的容易にできるため販売管理をスムーズに行えるようになりました。また、車両の管理についても納入日や時間変更などへの対応がスムーズにできています。

※「Hi-PerBT KIT3」公式HP参照

まとめ

通常、システムの切替には多大な準備期間が必要です。

しかし「Hi-PerBT KIT3」ならテンプレートが豊富なので準備期間を短縮できる上、システムの移行もスピーディ。通常業務を大幅に妨げることなく本運用を開始できます。

また、「Hi-PerBT KIT3」の保守サポートマネージャの質の高さにも定評があります。「できること」「できないこと」を明確に解説し、トラブルや不満への対応もスムーズ。

現在使用している販売・生産管理システムに不満がある企業はもちろん、初めて販売・生産管理のシステム化を検討している企業にもおすすめです。

画像出典元:「Hi-PerBT KIT3」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ