TECHS-BK

記事更新日: 2019/10/04

執筆: 編集部

編集部コメント

「TECHS-BK」は、多品種少量型の部品加工業向けに開発された生産管理システムで、導入することで受注から売り上げまでを一元管理できます。受注以降の管理をすべて自動で行えるため、それにかかる時間や人件費の削減にも役立ちます。生産管理システム部門の出荷本数調査で9年連続NO.1を記録している今注目のシステムです。

1. 生産管理機能

受注から売上までを一元管理できる

2. 進捗状況のリアルタイム確認

バーコードハンディターミナルの使用で進捗状況をリアルタイムに確認できる

3. 受注データの取り込み

得意先の受注データを取り込み管理できる

良い点

「TECHS-BK」は、受注から売り上げまでを一括管理できるシステムで、得意先ごとにデータをひとまとめで管理できるため、発注ミスや売上計上漏れなどの人為的なミスの軽減に役立ちます。

悪い点

導入前にはヒアリングを受け、プランについて相談する必要があるため、即日の導入は難しいでしょう。

費用対効果:

導入によってデータを一元化でき、入力工数の大幅な削減に役立ちます。

UIと操作性:

見積、受注、作業指示書、工程指示、発注、製番別進捗問い合わせ、工程負荷問い合わせ、製番別原価明細問い合わせ&グラフ表示、日程計画のそれぞれの画面から簡単な入力をすることで、受注から売り上げまでを管理できます。

社外連携:

ipad実績収集オプションの導入で製造現場の情報をより早く確実にキャッチできます。

知名度:

生産管理システム部門の出荷本数で、9年連続No.1を獲得しています。

TECHS-BKの3つの特徴

1. 全ての工程管理のオートメーション化が可能

「TECHS-BK」は、既存のエクセルやEDIデータを取り込むことができ、各部門ごとの入力工数を大幅に削減できます。また、見積書はエクセル形式で管理できるため、出力後には細かい伝達事項についての記載も可能になります。

受注入力における製番は自動入力または手入力から選択でき、マスタ登録がない部品に関しては手入力での登録が可能です。さらに、製番や品名などは登録後でも自由に変更できるため、急な品名変更なども即時に対応できます。


見積書は自由なレイアウトでの作成が可能

 


手入力にも対応

2. 進捗状況をリアルタイムに確認

「TECHS-BK」はハンディターミナルでデータを読み取ることにより、作業工程の進捗状況をリアルタイムに確認できます。進捗状況がわかれば現場での作業の効率化が実現、ハンディターミナルの活用で原価集計にかかる集計時間の大幅な削減も可能です。

さらに、画面上では工程の進捗状況によって色が変わるため、製番ごとの工程の進捗状況がひと目でわかります。これなら、顧客から納期などについての問い合わせがあった場合でも画面を確認しながら即答できるでしょう。


製番ごとの工程の進捗状況がひと目でわかる

3. ipad実績収集オプション

ipad実績収集オプションの導入で、画面をタップするだけで素早い情報収集ができます。このシステムはハンディターミナルよりもスムーズに運用でき、その上使用方法も簡単です。

さらに、その場で現場の状況をメモする、不良品発生時にはipad実績収集アプリのカメラを起動させて不良品画像の登録をするなどで活用することもできます

ipad実績収集オプションの導入で現場の状況を素早く把握

料金プラン

料金プランの詳細はお問い合わせをする必要があります。

評判・口コミ

進捗確認工数の大幅削減に成功
株式会社山口技研様

以前は、得意先から問合せがある度に、工場内を一日に何回も探しまわっていました。今は、製品の進捗状況が自席で確認できるので、工場内を歩き回る必要もなく、すぐに得意先に納期回答ができるようになりました。平均して日に10件は問合せがあるので、1件につき30分として、月間100時間、年間1,200時間もの工数が削減できました。

受注量の拡大による利益率のアップに成功
株式会社マツオ様

利益率が高く、受注量を拡大していきたい業種への新規開拓もできるようになりました。これらの判断はすべて、「TECHS-BK」のデータに基づいて行っています。この取り組みにより、新規得意先が大幅に増え、受注金額における得意先構成比率が、「TECHS-BK」導入前とはがらりと変わりました。以前は1社集中でしたが、今では当社が目指す方向性を反映した、分散した形となっています。

※「TECHS-BK」公式HP参照

まとめ

「TECHS-BK」は多品種少量型の部品加工業向けに開発された生産管理システムで、導入することで受注から売り上げを一元管理できます。

そのため、このツールを導入することで、新製品の開発、新規の取り組み先の開拓が可能になり競争力強化につながります。

また、このシステムは現場の進捗状況を各画面からひと目で確認できるため、製番ごとの進捗状況がわからなくなるなどのトラブル回避に役立つでしょう。

手入力によるミスを軽減させたい場合はもちろんのこと、業務の効率化で受注量アップを狙いたいのなら、この機会に「TECHS-BK」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「TECHS-BK」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ