PayPay

記事更新日: 2019/05/27

執筆: 編集部

運営コメント

「PayPay」は国内におけるモバイル決済の代表格。レジ業務の効率化という本来の導入効果に留まらず、システムの目新しさと斬新なPR方法により新規顧客獲得効果も期待できます。今後さらに普及するであろうキャッスレス決済に対応するためにも、まず検討すべきモバイル決済システムの1つと言えます。

1. モバイル決済サービス

モバイル端末に表示されるQRコードをかざすだけで会計が完了

2. ポイント還元

購入金額に応じでポイント還元。消費者の購買意欲を向上させる

3. 「わりかん」

グループでの飲食等でも人数に応じてスマホ内で割り勘可能で、レジの混雑を防ぐ

良い点

「PayPay」はインパクトの強いキャンペーンを打ち出したことで登録者数が急増。ポイント還元機能もあることから、新規顧客開拓や購買意欲向上に役立ちます。

悪い点

利用できるクレジットカードブランドが3種類のみ。「PayPay」普及の足かせになっているとの声があります。

費用対効果:

無料で導入できる上、レジ業務の効率化だけでなく集客効果が期待できます。

UIと操作性:

会計操作は顧客側が行うため、スタッフは確認作業のみで会計が完了します。

導入ハードル:

利用前の審査があるため申込みから1週間程度時間が必要です。

PayPayの3つの特徴

1. スマホとバーコードだけで会計完了

「PayPay」のモバイル決算は、顧客のスマホと店舗のQRコードさえあれば会計が完了。現金を利用する会計に比べ、時間と手間を大幅軽減。レジの混雑解消に役立ちます。


「PayPay」による会計の流れ
 

ランチタイム時の飲食店やバーゲン開催時の小売店などは、会計待ちの行列ができるだけで顧客満足度は大幅に低下。小売店の場合、会計待ちの行列を見て購買意欲を失い、見込み客をやすやす逃してしまうこともよくあります。

「PayPay」を導入し1顧客あたりの会計にかかる時間を短縮することは、売上アップにも貢献するでしょう。

「PayPay」の利用率が増えるほどレジでのトラブル防止効果も高まります。釣銭の金額を間違えたり、釣銭が足りなくなったり、レジ業務はトラブルがつきもの。

最近は訪日観光客による支払いトラブルの例も増えてきました。しかし、「PayPay」を導入すれば人為的ミスがほぼゼロに。店舗側だけでなく顧客も安心して買い物を楽しめます。

2. 「わりかん」機能でレジの混雑を防ぐ

ファミレス等では伝票に割り勘時の金額を表示してくれる店舗もあります。しかし「PayPay」はさらに上を行く「わりかん」システムを提供しています。


「わりかん」画面イメージ
 

通常の支払い同様、代表者のスマホでQRコードを読み取ってもらうだけで割り勘での会計が完了。店舗はグループ1人1人を相手にレジ打ちをする場合と比較して、大幅に会計にかかる手間と時間を軽減できます。

「わりかん」機能が特に役立つと好評なのは、グループでのランチ利用時。1人1人違うメニューを注文している場合、会計に時間がかかりがち。その上1人でも支払うメニューを間違えたら、返金対応など余計な業務が発生します。

「PayPay」の「わりかん」は個別に請求金額を調整できるので、代表者が参加者ごとに請求金額を設定。店舗側のサポートなく、参加者は自分が注文した金額だけ支払えます。そのため、スタッフは混雑時も効率よく店舗業務を回せます。

3. 入金サイクルが早い

「PayPay」で顧客が支払いをした場合、ジャパンネット銀行なら翌日に、その他金融機関なら最短で2~3営業日に企業の口座に入金してくれます。

支払ペースは店舗毎に設定可能。「毎月末日締め」「累計決済金額が1万円以上」の2パターンから選択できるため、個人経営の店舗でも利用しやすいと好評です。


「PayPay」入金スケジュール
 

なお、2019年10月1日からは、ジャパンネット銀行への入金に限り、売上日当日の入金が可能になる予定。さらに入金サイクルが早くなります。ジャパンネット銀行は無料で口座開設できるため、「PayPay」導入を機に利用を検討してもいいですね。

 

導入費用・手数料について


「PayPay」を導入するにあたり、企業が負担する導入費用・決済手数料・入金手数料は現在全て無料です

しかし、2020年6月30日以降はジャパンネット銀行以外の金融機関への入金手数料が有料になる可能性があります。また、決済手数料も2021年9月以降有料になる予定。

手数料の詳細については決定次第発表されるので、最新の情報は公式HPよりご確認ください。

 

評判・口コミ

訪日外国人の集客に期待
神立高原スキー場様

導入したばかりなのでまだ利用者はまばらですが、オペレーションは簡単なので、当初の不安は吹き飛びました。訪日外国人は期待通り、利用率が高いです。訪日外国人の集客につながればいいですね。

PayPayアプリの地図機能で来店数増加
KASHIYAMA the Smart Tailor 丸の内ガイドショップ様

アプリの地図を見て来店されたお客様もいらっしゃいました。キャンペーン中に丸の内界隈で使えるお店を探されていて当店を見つけていただいたそうです。PayPayのおかげでお客様との接点も増えていますよ。

※「PayPay」公式HP参照

まとめ

以上が「PayPayの評判と料金を紹介|法人用の導入費用・決済手数料も徹底解説!」についてでした。

「PayPay」は斬新なPR手段を採用し、20代~40代を中心に支持されているモバイル決済システム。20代~40代、もしくはその年代の親を持つ子供を対象にしたサービスを提供する企業に最適です。

日本よりもキャッスレスに慣れている外国人は、「PayPay」のロゴを掲げている店舗を好んで利用するという声も多いです。「PayPay」は複雑なシステムや専用機器の購入が不要なので、観光地の土産店のような小規模店舗でも導入ハードルが極めて低い決済システムです。

 

画像出典元:「PayPay」公式HP

その他の【モバイル決済サービス】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ