アララキャッシュレス

記事更新日: 2022/05/13

執筆: 太田繙

編集部コメント

「アララキャッシュレス」は、キャッシュレス化に必要な要素をワンストップで実現するキャッシュレス総合支援サービスです。

個人経営店・スーパー・小売り・飲食店などの店舗のみならず、自治体や学校の食堂などもサービスの対象であり、それぞれに必要な機能をパッケージで提供しています

汎用決済と比べて決済手数料率が低く、運用の負担が少ない利点がありますが、汎用決済のようにさまざまな店舗で利用できない点は注意が必要です。

モバイル決済サービスを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

モバイル決済を徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする2サービスの資料をダウンロードできます。

アララキャッシュレスだけ知りたい方はこちら

アララキャッシュレスの資料を請求
良い点

汎用決済と比べて決済手数料率が低いです。 キャッシュレス化に必要な機能がパッケージで提供されており、個別に業者と契約する必要もなく、キャッシュレス化にかかる費用を抑えられます。

悪い点

提供しているのは、自社ブランドやグループ内で使えるハウス電子マネーと呼ばれるサービスです。 汎用決済のように、加盟店であれば他社の店舗でも利用できるわけではありません。

費用対効果:

汎用決済よりも手数料率が低く、顧客ロイヤリティアップの販促手段となり得ます。

UIと操作性:

各導入企業で、キャンペーンの独自開催が可能です。

知名度:

2021年11月より提供開始された新しいサービスなので、知名度はまだ高くありません。

 アララキャッシュレスの導入メリット4つ

1. キャッシュレス化に必要な機能がまとめて提供されている

店舗のキャッシュレス化において、決済代行会社やデジタルギフトの提供会社といった、複数業者との契約が負担だと感じている企業も多いでしょう。

アララキャッシュレスでは、「独自Pay(ハウス電子マネー)」「ポイント」「デジタルギフト」「販促・各種分析機能」といった、キャッシュレス化に欠かせない4つの要素をまとめて提供しています。

サポートも充実しているため、初めてのキャッシュレス決済導入であっても、導入前・導入後と安心して利用できるでしょう。

複数の業者と契約する必要がないワンストップ

2. 汎用決済に比べ低い手数料率

たとえキャッシュレス化でレジの回転が良くなり、売り上げが増えたとしても、支払い手数料が負担になっては運用し続けることが難しくなるでしょう。

汎用決済と比べ、アララキャッシュレスは格段に低い決済手数料率で提供されています。

業績への影響を極限まで減らしながら、キャッシュレス決済を導入・運用することが可能です。

汎用決済と比べ格安の決済手数料

3. キャッシュフローの改善が見込める

汎用決済は、売上金が後払いのため、利用が進むとキャッシュフローの悪化が懸念されます。

一方、アララキャッシュレスは、チャージ式の電子マネーのため、利用客は、商品を購入する前にカードへ現金をチャージして利用します。

店舗は前受金として現金を受け取れることができるため、キャッシュフローの改善につながります。



キャッシュフローが改善


4. 店舗の環境に合わせて決済方法が選べる

アララキャッシュレスは、「磁気カード」「バーコード」「QRコード(CPM・MPM)」「非接触IC」の4つの決済方法に対応しています。

若い世代のお客様が多い店舗では、スマートフォンを利用したモバイル決済、ご年配のお客様が多い店舗では非接触ICなどのカード型決済といった、店舗に合わせた決済方法の導入が可能です。

店舗の環境に合わせて選べば、「せっかく導入したのに利用するお客様がいない」といったリスクを減らせるでしょう。

選べる多様な決済方法

資料請求リストに追加する

 

 アララキャッシュレスのデメリット2つ

1. 汎用的なキャッシュレス決済のように、新規顧客獲得に結び付けるには適していない

アララキャッシュレスが提供しているサービスは、自社ブランドやグループ内で使えるハウス電子マネーと呼ばれるサービスの提供です。

汎用的なキャッシュレス決済と異なり、さまざまな加盟店で利用できるわけではありません。

「有名QRコード決済を導入し、お客さんを呼びたい」などのような目的がある場合には注意が必要です。

2. 知名度が高くない

アララキャッシュレスは、汎用決済と異なり、導入企業の独自Payとして導入されるため、「アララキャッシュレス」という名称自体が表にでることはありません。

そのため、知名度があまり高くないと考えられます。

アララ株式会社ではキャッシュレスサービスを15年以上、開発・運用している実績があり、上場もしているため、信頼はできるといえます。

 アララキャッシュレスの料金プラン

アララキャッシュレスの料金プランは公式HP等への記載がなく、導入費用や決済機器にかかる初期費用、月額固定費などについては問い合わせが必要です。

導入後の決済手数料は、クレジットカードや共通QRコード決済と比べると格安を謳っており、一度導入した後は続けて運用がしやすいといえます。

 競合製品との料金比較

アララキャッシュレスをはじめ、キャッシュレス支援サービスの料金プランは、要問い合わせの製品が多く、事前に競合他社と比較することは難しいです。

サービス内容を比較すると、提供サービスは絞られているので費用も抑えられると予測できます。

アララキャッシュレスを提供するアララ株式会社と、「valuedesign」を提供する株式会社バリューデザインは経営統合しています。

競合他社と比べて、アララキャッシュレスの料金が飛び抜けて高いということはなさそうです。

  アララキャッシュレス valuedesign pokepay
導入費用・決済機器
にかかる初期費用
要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ
月額固定費用 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ
提供サービス ・店舗オリジナルPay
・ポイント
・デジタルギフト
・販促、各種分析など
・店舗オリジナルPay
・デジタルギフト
・店舗オリジナル
アプリ
・主要なQR等の
コード決済サービス
への接続
・導入から運用まで
専任担当者による
サポートなど
・店舗オリジナルPay
・ポイント
・デジタルギフト
・販促、分析
・精算・売上管理
・会員機能
・外部サービス連携
・自社開発による
ハードウエアなど


資料請求リストに追加する

 

 アララキャッシュレスを導入すべき企業・向いていない企業

 導入すべき企業

 ギフト券のペーパーレス化を行いたい企業

ギフト券の発行・管理をペーパーレス化したいと考えている企業には、アララキャッシュレスがおすすめです。

印刷・発送にかかる費用が減らせるほか、店舗での管理工数も減らせるのでレジ作業の効率化が図れます。

データ活用で利用率などの見える化も実現できるため、ギフト券発行の効果を把握しやすくなるでしょう。

 リピートの顧客を増やしたい企業

アララキャッシュレスは、カフェなどの回数券のデジタル化にも対応しています。

店舗独自のPayでは、チャージ額に応じたインセンティブを付与することも可能です。

キャンペーンの設定や会員ランク機能などで、お客様の再来店が見込めます。

リピートの顧客の確保やロイヤルカスタマーの育成を目的とした施策に適しているといえるでしょう。

資料請求リストに追加する

向いていない企業

 1回の決済額が比較的高い企業

チャージ式の電子マネーのため、1回の決済額が比較的高くなるようなビジネスにおいては、あまり適しるとはいえないでしょう。

 まとめ

アララキャッシュレスは、「店舗オリジナルPayの発行」「ポイントやデジタルギフト運用」「販促・各種分析機能」をワンストップで実現するキャッシュレス総合支援サービスです。

汎用決済とは異なり、キャンペーンの実施を店舗側で自由に決めることができます。

複数ブランド・店舗を運営している、チェーン店やグループ店に適したサービスです。

資料請求リストに追加する

 

画像出典元:「アララキャッシュレス」公式HP

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

モバイル決済の資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

モバイル決済
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ