TakeMe Pay

記事更新日: 2020/02/25

執筆: 編集部

運営コメント

「TakeMe Pay」は世界各国のあらゆるモバイル決済サービスの一元管理を目指し、リリースされた画期的なシステム。スマホ決済ごとの契約・研修・端末の導入などが不要になり、複数のモバイル決済を導入する際の効率が格段に向上。モバイル端末のQRコード読み取り機能さえあれば決済できるため、顧客の利便性もアップします。

1. モバイル決済

QRコードを読み取るだけであらゆるモバイル決済を完了させる

2. マルチ決済ゲートウェイ

POSターミナルを経由したマルチ決済を可能にする

3. 割引クーポン発行

「日本美食」アプリ内で割引クーポンを発行できる

良い点

今まではモバイル決済を1種類導入する毎に契約し利用方法の研修が必須でしたが、「TakeMe Pay」なら1つの契約で100種類近くのモバイル決済が一気に利用可能になります。

悪い点

日本国内でお馴染みの楽天ペイには現在は対応していません。

費用対効果:

初期費用・月額費用無料で決済手数料も低めに設定されています。

UIと操作性:

QRコードがあれば決済が可能。店舗側も複雑な操作は不要です。

多言語対応:

日本語の他、利用頻度の高い中国語「簡体字」「繁体字」・英語に対応しています。

TakeMe Payの特徴

世界最多決済数!79種類の決済を追加

TakeMe Payでは、国際カードブランド、国内QR決済、中国系決済などの従来の20種類以上の決済サービスに加え、新たに東南アジア6ヵ国で利用されている79種類の決済サービスを追加しました。

これによりTakeMe Payは世界最多決済数の店舗向け決済サービスとなりました。

更にTakeMe Payは2020年東京オリンピックまでに世界100ヵ国、900以上の決済サービスで40億人に対して利用可能となる機能を開発予定です。

現段階で利用可能なモバイル決済は以下のとおりです。

専用QRコードを設置するだけ

モバイル決済サービスごとの端末や、専用端末などは一切必要ありません。

専用のQRコードさえあれば、それを読み取ってもらうだけで決済が完了します。

そのため今までモバイル決済が困難だった多くのシーンで、モバイル決済が可能になります。

特に便利な利用シーンは以下4つです。

1.飲食店でのテーブル決済

QRコードを設置するだけで、テーブル上での決済も可能になります。

従業員のオペレーションも非常に楽になるので、一石二鳥です。

2.客先での支払い

ハウスクリーニング、家事代行、引越し、水道トラブルといった客先での支払い時にもTakeMe Payは役立ちます。

QRコードさえあれば、客先でも簡単にモバイル決済ができるので、顧客満足度も上がります。

3.インバウンドエリアでの決済

インバウンドエリアでのモバイル決済はもはや必須条件です。

TakeMe Payを導入するだけで、クレジット決済をはじめ世界各国のモバイル決済が一気に可能になります。

4.催事や移動販売時の決済

期間限定で開催する催事や、移動販売時には幅広いモバイル決済に対応するのは困難でした。

しかしTakeMe Payであればその課題を解決できます。

顧客はQRコードを読み取るだけ

 

上述したとおり、この機能は顧客満足度の向上にも非常に役立ちます。

QRコードを読み取れば自動的に顧客の端末内でアプリが起動するため、顧客に特別な操作を求めずとも普段通りの決済が完了します。

更にポイント還元キャンペーン中の決済方法やクーポンが利用できる決済方法など、精算時に最もお得な決済方法を選べるため顧客満足度が向上し、リピーター確保にも貢献します。

明細を一元管理

TakeMe Payでは、契約だけではなく売上げも一元管理してくれます。

各サービスの明細が1つにまとまった状態で参照できるため、経理処理の効率化が図れます。

初期費用・月額費用が0円!

TakeMe Payはスマートフォンさえあれば、初期費用0円で導入できます。

また固定費要らずで、月額費用も0円なので費用対効果は非常に高く、通常のレジやこれまでのインフラと併用して利用することが可能です。

POSレジ・ECサイトマルチ決済に対応

「TakeMe Pay」のSDK(ソフトウェア開発キット)を導入することで、実店舗のPOSレジやECサイトでもマルチ決済を利用できるようになります。

SDKの導入は非常に簡単。ECサイトに導入する場合も既存のサイトに数行のコードを追加するだけ。申込から数日で「TakeMe Pay」を導入できます。

外国人観光客が多い店舗や外国人利用者が多いECサイトでも利用しやすいよう、システムは多言語に対応。

モバイル決済の「TakeMe Pay」と併用することで、さらに効率よく見込み客の囲い込みが可能になるでしょう。

SDKでさらに顧客の利便性が向上

 

TakeMe Payの料金プラン


「TakeMe Pay」は初期費用・月額費用共に無料。システム運営に必要な費用は決済手数料のみで、3.0%と業界最低水準に設定されています。

マルチ決済ゲートウェイの決済手数料につきましては導入環境により変動します。

詳しくは公式HPよりお問い合わせください。

 

まとめ

「TakeMe Pay」は複数のモバイル決済を1つのQRコードだけで行える業界初のサービスです。

今後さらに対応可能なモバイル決済を拡大することが発表されており、日本人にも使いやすいサービスになるでしょう。

「複数のモバイル決済システムを導入したいけれど、スタッフ教育や経理業務が複雑化しそう。」「1つのモバイル決済システムに絞りたいけれどどれを選べばよいかわからない。」

そんな事業者の課題や悩みを解決してくれるのがTakeMe Payです。

次々に誕生するモバイル決済システムを1つ1つ導入していく手間を考えると、非常に効率のよいシステムだと言えます。

 

画像出典元:「TakeMe Pay」「TakeMe株式会社」公式HP

その他の【モバイル決済サービス】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ