VEGA3000

3.5

記事更新日: 2021/04/16

執筆: 編集部

編集部コメント

「VEGA3000」は、クレジットカードや電子マネー決済に対応しているモバイル決済端末です。バッテリー内蔵のワイヤレス型なので、店頭販売やデリバリー販売でも活用できるのが強みです!さらにオールインワン端末なので別途タブレットやレシートプリンターを用意する必要がないため総合的に見て、かなりコスパの良いサービスです。

モバイル決済サービスを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

モバイル決済ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする1サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

プリンターとカメラ式のスキャナーまで利用できるので、決済から売上印字までまとめて対応できます。売上振込手数料が無料なのも嬉しいところです。

悪い点

現状ではQRコード決済に対応していないのが残念なポイントです。

費用対効果:

iPadなどのタブレットやレシートプリンターが不要なので、その分初期費用が安いです。

UIと操作性:

見やすいフルカラーの液晶・タッチパネルであり、バックライトも搭載しているため暗い場所でも操作しやすいです。

導入ハードル:

導入まで約4週間かかるので、スムーズに導入したい場合には少し不向きかもしれません。

知名度:

加盟店舗数20万店超のJMSのサービスですが、VEGA3000自体はリリースして間もないので知名度はまだ低いです。

多言語対応:

UnionPay(銀聯)に対応しているので、訪日観光客の獲得にも役立ちます。

VEGA3000とは?

VEGA3000は、クレジットカード・電子マネー決済に対応可能なモバイル決済端末です。現在QR決済には対応していませんが今後対応予定だそうです。

VEGA3000は知名度はまだ高くはないですが、操作性・機能面・コストの面で他サービスと比較してもかなり優れているサービスと言えます。

VEGA3000の特徴

  • デリバリー販売でも活用できる
  • 見やすい液晶タッチパネル
  • プリンター・スキャナー内蔵でコスパ◎
  • 支払い回数が豊富(顧客満足度も高い!)


次の章ではそれぞれの特徴について、他社と比較しながら紹介していきます。

VEGA3000の特徴4つ

1. レジ横だけでなくデリバリーでも使える!

VEGA3000はワイヤレス型の端末で、Wi-Fi環境・LTE回線のどちらにも対応しているため、店内だけではなく店頭販売やデリバリー販売にも活用できます。

またクレジットカードの磁気以外にもICカード(非接触も含む)にも対応しているので、お客様を待たせることなく決済がスムーズに完了します。

サイズも160mm(L)×78mm(W)×67mm(H)と片手で簡単に持てるコンパクトサイズなので、持ち運びにも問題ありません!

ただ、店外のLTE環境で使用する場合は別途SIM利用料の月額630円(税別)がかかってくる点は注意が必要です。


屋外決済が可能

 

2.従業員も使いやすい!液晶タッチパネル

VEGA3000の決済端末は他サービスのものに比べてUIが優れているのも特徴です。

他の端末は、決済方法を選ぶ際にiPadなどで別途操作する必要があります。

しかしVEGA3000の場合は端末に液晶タッチパネルが付いているため、決済方法の選択も端末1台で操作できます


実際のVEGA3000決済端末

端末1台で決済方法の選択から決済まで完結するということは、従業員が操作しやすいというメリットだけでなく、iPadなどタブレットの用意が不要ということです。

他サービスだと別途必要な場合がほとんどですが、VEGA3000であればタブレット台をコストカットできるので非常にコスパが良いです!

他サービスのイメージ

 

3.プリンター・スキャナーも端末に内蔵

VEGA3000は決済方法の選択まで端末でできることはお伝えしましたが、プリンターやスキャナーも端末に内蔵されているのもまた特徴です。

つまりVEGA3000は、端末1台で決済方法の選択から決済、売上票印字まで行えるオールインワン端末です。

他の端末ではレシートプリンターが必要な場合が多く、これもまた別途費用がかかります。さらにレシートプリンターの接続に手間取るケースも見受けられます。

一方VEGA3000であれば費用・初期準備の負担がカットされるのでメリットが大きいです。

4.支払い回数が豊富

VEGA3000は、1回・2回・分割・リボ・ボーナス払いなど複数の支払い回数からお客さまに合わせて選択できます。

大手競合のエアペイやスクエアでも、分割払いやリボ払いには非対応なので、これもVEGA3000の特長といえます!

少額決済だけでなく、多額決済をターゲットにしている業種でもVEGA3000なら安心して導入できます。

ちなみに、売上代金の振り込み回数は月2回もしくは月6回のどちらかを選択できます。

どちらの振り込み回数を選んでも、振り込み手数料0円なのはありがたいポイントです!


2回/月のスケジュール

 


6回/月のスケジュール

 

VEGA3000の料金プラン

決済手段 クレジットカード 電子マネー
決済手数料 3.24~3.74% 3.24~3.74%


クレジットカード決済、電子マネー決済の決済手数料はそれぞれ上の表の通りです。

売上振込手数料(入金手数料)は無料なので、振り込みの負担を減らせる点は見過ごせないポイントです!

また、端末費用も0円なのでコストを安く抑えたい方には特におすすめします。

VEGA3000の評判・口コミ

サービス

101〜250人

使い勝手が良く飲食業などにオススメ

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

手数料:電子マネーで3.46% 

利用期間 

2020年から2021年10月現在も利用中 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

バッテリー内蔵型のオールインワン端末なところが便利です。コロナ禍でデリバリーを始めましたが、配達においても決済に何も困らないぐらい使い勝手が良いと思いました。 

不便だと感じた点を教えてください。 

その場でサクッと決済できるし管理もしやすければ持ち運びにも困らないので、便利な要素の方が多いのですが、「QRコードに対応していない」ということには不便さを感じました。機能性が充実しているだけあり、QRが搭載されればもっと使いやすくなると感じました。 

他の会社にもおすすめしますか? 

デリバリーを含めた飲食関連の仕事に従事した人におすすめです。タッチパネルのほかに準備するものもないので、費用も抑えながら使っていける優れたツールだと思います。

まとめ

今回はVEGA3000の評判や口コミ・特徴・料金について紹介しました。

VEGA3000は、オールインワン端末なので別途タブレットやレシートプリンターを用意する必要がなくかなりコスパの良いサービスです!

売上振込手数料も無料なので、入金の負担を気にせず利用したい方にも適しています。

 

画像出典元:「VEGA3000」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

モバイル決済の資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するモバイル決済
モバイル決済
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ