Loglass 経営管理

記事更新日: 2024/05/31

執筆: 木下千恵

編集部コメント

予実の把握がスピーディにでき、速報値も正確に出せる

「Loglass 経営管理」は、予算策定・予実管理・見込み管理等の経営に必要なデータの管理工数の削減に期待ができるサービスです。

便利な機能が豊富で、Excelやスプレッドシートで行っていた手作業での集計を自動化したり、経営指標を多軸分析することが可能になります。

経営に関わる様々な情報を一元管理することができ、経営の意思決定をスピーディに行うこともできるでしょう。

複数の事業を展開する企業や、厳しい予実管理が求められる上場前後の企業におすすめのサービスです。

類似サービスと比較したい方はこちら

まとめて請求する

予算管理システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする5サービスの資料をダウンロードできます。

この製品について詳しく見たい方はこちら

製品を請求リストに追加する
良い点

表計算ソフトや会計システムと連携することができ、集計作業の効率化に期待ができます。組織体制に合わせて柔軟に利用できる点も魅力です。

悪い点

クラウド型のシステムのため、カスタマイズ性は高くありません。販売管理システムや基幹システムとの連携可否は確認が必要です。

費用対効果:

集計や突合にかかる作業工数の削減に期待できます。タイムリーに各指標を把握することで意思決定の迅速化にも繋がるでしょう。

UIと操作性:

機能は豊富ですが、導入した企業からは「誰でも使える」と操作性の高さに定評があります。

セキュリティ:

Auth0を用いており、セキュリティ対策にも注力しています。多要素認証やパスワード漏洩検知機能が実装されています。

 Loglass 経営管理の導入メリット4つ

1. 煩雑な集計作業を効率化

Loglass 経営管理では、Excelやスプレッドシートで管理している予算や会計ソフトで管理する実績データを簡単に統合することができます。

表計算ソフトを連携することが可能で、煩雑なデータ集計作業をワンクリックで実行することが可能です。

Loglass 経営管理を導入することで、経営に関するデータを素早く手間をかけずに集計できるでしょう。

集計作業を効率化

2. 意思決定に必要な情報を一元管理

Loglass 経営管理では、経営に必要な様々なデータを一元管理することが可能です。

予実管理や着地見込み、仕訳データ等をLoglass 経営管理上で一元管理することによって、経営会議での議論に必要な情報にすぐにアクセスすることができます。

多軸分析機能もあり、簡単に経営状況を分析することができる点も魅力のサービスです。

データの一元管理

3. 組織再編や管理会計ルールの変更にも柔軟に対応

Loglass 経営管理は、マスタ管理によって、組織体制や管理会計ルールに変更があった場合でも柔軟に対応することができます。

誰でもできるような簡単な操作で、組織や科目のマスタ管理が可能です。

また、多段階で複雑な配賦ルールにも対応することが可能で、組織体制に合わせたPL管理ができます。

組織編成に対応

4. データ取り込みや仕訳を自動化

Loglass 経営管理では、仕訳やデータの取り込みを自動で行うため、人為的な作業ミスや修正にかかっていた工数の削減が可能です。

ExcelやスプレッドシートをLoglass 経営管理に自動統合したり、会計ソフトと連携することができます。

Loglass 経営管理を導入することで、各データをリアルタイムで更新できるため、経営指標を随時チェックできる点も魅力も魅力です。

 業界問わず豊富な導入実績

 

資料請求リストに追加する

 

 Loglass 経営管理のデメリット2つ

1. 社内システムと連携できない場合も

Loglass 経営管理は、会計システムや表計算ソフトと自動連携ができる一方、システムによっては連携が難しい場合もあります。

基幹システムや販売管理システムと連携ができない場合もあるため、注意が必要です。

自社で使用しているシステムのデータ連携方法を確認するようにしましょう。

2. カスタマイズ性は高くない

Loglass 経営管理は経営管理に必要なデータを一元管理できるツールですが、クラウド型のサービスのため、カスタマイズ性は高くないです。

ダッシュボード等、管理画面をカスタマイズできない点は認識が必要です。

Loglass 経営管理には、多軸分析機能もあるため、自社の経営上どんな観点でモニタリングしたいか・どんな管理方法が望ましいか整理しておくと良いでしょう。

 Loglass 経営管理の料金プラン

公式HPに料金の記載はないため、お問い合わせが必要です。

競合サービスとの料金比較

料金については個別に問い合わせが必要なサービスが多いです。

システムによって得意領域や機能に違いがあるため、自社の経営管理方法にマッチしたシステムを選ぶと良いでしょう。

  Loglass 経営管理 bixid
プランニング
プラン
fusion place cloud
エンタープライズ
プラン
初期費用 要問合せ 初期導入サポート
65,000円~(税抜)
導入支援サービス
あり
価格は要問合せ
年間費用 要問合せ 117,600円(税抜) 1,440,000円〜
(税表記なし)

 

資料請求リストに追加する

Loglass 経営管理の評判・口コミ

Loglass 経営管理は、経営管理クラウド 累計導入社数 No.1※、経営管理クラウド 年間新規導入社数 No.1※を誇ります。

公式サイトで導入事例が掲載されていたので、その一部をご紹介します。

※累計(2024年4月時点)導入社数No.1/年間(2023年度)新規導入社数No.1
株式会社未来トレンド研究機構 調べ「国内経営管理クラウド・ツールに関する市場調査 2024」(2024年5月18日時点)

ダブルチェックの工数削減に成功し、素早い予算策定を実現
BASE株式会社

ネットショップ作成サービスを提供する同社では、事業拡大に伴って経営管理業務も煩雑になっていました。 予実管理の正確性とスピード感に課題感がある中でLoglass 経営管理を導入し、業務工数の削減に成功した事例です。

分析作業へのリソース投下が可能になった
dely株式会社

「クラシル」や「TRILL」といったメディアを運営するdely株式会社。 3つの事業部から成るカンパニー制を取っており、投資の優先順位を立てたいという課題感があった。 そこでLoglass 経営管理を導入し、集計の作業工数を削減し、空いたリソースで分析に集中できる体制を構築した事例です。

組織体制の変更にも素早く対応
株式会社アカツキ

エンターテイメント事業を展開する同社は、プロジェクト単位で事業を進めるため、経営数値管理が煩雑になっていました。 会計ソフトと自動連携できるLoglass 経営管理を導入したことで、スピード感を持ちつつ正確に数値管理ができるようになった事例です。

*「Loglass 経営管理」公式HP参照

Loglass 経営管理を導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

・複数の事業を展開する会社

Loglass 経営管理は、複数の事業を展開している企業におすすめのサービスです。

Loglass 経営管理は機能が豊富で、組織体制に合わせて柔軟に利用できます。

  • 事業ごとにExcelやスプレッドシートのフォーマットが異なる
  • 事業ごとの経営指標をタイムリーに把握できない

といった課題感を持つ企業は導入効果が大きいでしょう。

・事業拡大中の会社

Loglass 経営管理は、事業拡大中で管理部門の人手不足の解決や業務効率化に取り組んでいる企業にも適しているでしょう。

Loglass 経営管理では、会計システムや表計算ソフトからデータを自動連携することができるため、「経営の意思決定をスピーディーにしたい」「データ集計の工数を減らしたい」といった課題の解決に期待ができます。

資料請求リストに追加する

向いていない企業

・会計システムを活用している会社

Loglass 経営管理は、会計システムを活用して予実管理を行っている企業にはあまりおすすめしません。

会計システムの中には、予算管理機能等のLoglass 経営管理と機能が重複している場合もあります。

自社で使いたい機能や管理したいデータを整理したうえで検討すると良いでしょう。

まとめ

Loglass 経営管理は、複数の事業を展開している企業や経営管理に関する業務を効率化したいといった課題感を持つ企業におすすめのサービスです。

Loglass 経営管理では、煩雑な集計作業を効率化したり、複数の観点から経営分析ができる便利な機能が数多く搭載されています。

そのため、Loglass 経営管理を導入することは経営陣の迅速な意思決定の一助にもなるでしょう。

資料請求リストに追加する

 

画像出典元:「Loglass 経営管理」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

予算管理システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

予算管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ