LastPass

記事更新日: 2021/04/21

執筆: 編集部

編集部コメント

「LastPass」はパスワードを一括管理するID管理サービスです。マスターパスワードを作成することでログイン時の煩わしさから解放します。社内では、パスワードだけでなく、ファイルやログイン情報も安全に共有することで、ビジネスを素早く進めることが可能になります。増え続けるパスワードを安全に管理するためには有用なサービスといえるでしょう。

ID管理システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

統合ID管理システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする1サービスの資料をダウンロードできます。

1. 一括管理

マスターパスワード一つで管理が可能

2. 自動入力機能

ワンクリックでログインできる

3. 自動同期

複数のデバイスで利用可能

良い点

マスターパスワードを作成することで、様々なサイトへのログインが簡単に行えます。

悪い点

公式サイトは英語表記となっているため、機能の説明等は少しわかりにくい箇所があります。

費用対効果:

UIと操作性:

自動同期により様々なデバイスで利用できます。場所、時間を問わず作業可能です。

デザイン:

直感的なデザインで、一括管理が可能です。

セキュリティ:

機密データは強力なデータ暗号化で保護されます。

LastPassの特徴3つ

1. パスワードを包括的に管理

「LastPass」の最大の特徴はパスワードに関する管理を一括して行えることです。パスワードに関する操作を自動化し、煩わしい作業から解放します。

「LastPass」では、パスワードの作成から記憶、入力までを自動で行います。その使い方は簡単です。まず、マスターパスワードを作成します。その後、パスワード処理が必要なサイトをボールトに保管すれば終了です。また、ここに保管したサイトは自動で同期されるため、他のデバイスでもアクセス可能です。

必要なパスワードはたった一つ

パスワードが一つになったとはいえ、毎回の入力は不便なものです。そこで役立つのがフォームの自動入力です。保管したサイトにアクセスしたときにユーザー名とパスワードが自動入力されます。

そのため、ワンクリックでログインし、作業を止めることがありません。作業の効率化にはもってこいの機能といえます。

2. ビジネスでの利用

次に紹介する「LastPass」の特徴はビジネスでも大いに活用できるところです。IT化が必須のビジネスの世界ではパスワード管理は無くてはならないものと考えられます。

社内の情報を安全に共有しビジネスを進めていくための管理は必須です。そのために様々なサイトへのログインに手間取ることは誰でも経験済みなのではないでしょうか。

パスワード管理のために「LastPass」の特徴の一つであるパスワードボールトを従業員に配布することで、そのような煩わしさから解放されます。これにより、作業を中断することなく、情報にアクセスできます。また、ボールトは様々なデバイスで同期されるため、場所を問わず作業が可能になります。


ビジネスでも利用可能


社内で利用する場合は、個人での活用だけでなく、チームとして共有するということも必要になってきます。「LastPass」では、組織内での共有という点でも簡単に利用できる工夫があります。

一つ目はチーム内での同期です。サイトのログインパスワードを共有することが可能です。二つ目は共有フォルダーです。パスワードをグループ化し、必要なフォルダを共有できます。


チーム内で同期


「LastPass」を導入することで、煩わしさから解放されかつスピーディにビジネスを進めることが可能になります。

3. セキュリティ管理

「LastPass」の特徴3つ目は、管理機能も整っているところです。パスワードから解放される一方で、心配なのはセキュリティです。「LastPass」にはセキュリティに配慮した管理機能も搭載されています。

「LastPass」では管理者が中央のダッシュボードから一元管理を行います。画面は直感的で見やすく、リアルタイムでの管理が可能です。管理者権限は柔軟に分散できるため、レベルに応じた役割分担も可能です。

直感的なダッシュボード

搭載されているセキュリティポリシーは100を超え、社内の運用レベルにあわせて必要なものを選んで実行できます。また、監査レポートの作成、従業員のアクセス状況など、必要な情報を一括管理することで、セキュリティ強化を行います。

LastPassの料金プラン

「LastPass」では個人での利用からビジネスまで様々なプランがあります。

料金の詳細についてはお問い合わせをする必要があります。

まとめ

パスワードの管理に悩んでいる人におすすめのサービスです。増え続けるパスワードを一括管理してその煩わしさから解放する、というのが「LastPass」の大きな特徴だからです。

ビジネスを進めていく上で社内のサーバーにアクセスし情報を共有するのは、今や必須事項です。素早いアクセスと、チーム内での共有のために、パスワード管理はその一助となることでしょう。

「LastPass」でマスターパスワードを作成すれば、それ一つで様々なサイトにワンクリックでログインできます。管理画面は同期できるので、使用デバイスも問いません。

中央ダッシュボードによる一括管理や管理レポート作成などのセキュリティも万全です。パスワードの管理に煩わされることなく作業を進めたいという希望をかなえてくれる便利なサービスといえるでしょう。

画像出典元:「LastPass」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

統合ID管理システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選する統合ID管理システム
統合ID管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ