広告代理店について

おすすめのWeb広告代理店13社を比較!代理店選びの裏技も解説!

記事更新日: 2022/11/22

執筆: 編集部

国内に5,000以上、東京だけでも1,000社もあるインターネット広告代理店。

それぞれに得意な媒体や顧客層が異なり、ターゲットと合致していない代理店を選んでしまうと、コスト対効果が得られません。

この記事では、主要なWeb広告の代理店の中から、運用実績とコスパの良さを基準に厳選した編集部おすすめの広告代理店13選と選び方のポイント、また、迷ったときに強い味方になるマッチングサービスを紹介します。

おすすめサービスの比較を無料で!

広告代理店の資料を一括ダウンロード

おすすめのWeb広告代理店6選

1. 手堅く運用できるWeb広告代理店『株式会社ネットマーケティング』

画像出典元:「株式会社ネットマーケティング」公式HP

特徴

・主にアフィリエイト広告コンサルティングと運用型広告コンサルティング
アフィリエイトエージェント事業が有名。取扱金額は国内トップシェア
・最低運用金額が1,000万(相談可)~としている分、体制が手厚く、アフィリエイトに本気で取り組む広告主におすすめ
20年近くにわたりアフィリエイト運用に特化した幅広い実績を保有し、オールジャンルの対応が可能
・運用型広告は、自社のマッチングアプリ「Omiai」のインハウスチームを基とした組織構成
・特にクリエイティブに力を入れた運用が強み

主な実績

アフィリエイト広告
・アフィリエイト改善に特化した運用組織の構築
・金融/人材/医療/美容のリード案件やEC案件等多ジャンルにわたり15年以上運用実績有り
・過去3年間 取扱案件の運用継続率90%以上
・年間取扱予算 100億円以上

【運用型広告
・GoogleやFacebook等の媒体と強固な関係値があり、アルゴリズムを理解した広告運用を実現
・事業会社/代理店として培ったフルファネル分析によりマーケティングの課題解決の実績多数
・デジタルマーケティングにおいて重要な「ユーザーコミュニケーション」を独自のクリエイティブノウハウで最適化
・LPO/EFO/チャットボットによるCVR改善およびCRM領域の支援実績多数

費用感

初期費用/月額費用:無料
・予算 (金額感は要相談)
 アフィリエイト広告:1,000万円~
 運用型広告:500万円~

  

2. スマートフォン広告ならオールラウンダーの『株式会社サイバーエージェント』

画像出典元:「株式会社サイバーエージェント」公式HP

特徴

・インターネット広告代理店最大手で、あらゆるWeb広告分野を取り扱うオールラウンダー
・Ameba、AbemaTVなどのメディア事業、Cygamesのゲーム事業を抱える
・インフィード広告の専門部署を設立し、スマートフォン広告につよい
・SEO対策やオウンドメディア運営など、各種Webマーケティングサポートを受けられる
・eスポーツ市場に参入するなど、最新トレンドにも対応

主な実績

・「スタディサプリEnglish」インターネット広告全メディア横断での獲得件数最大化
・「タップル誕生」Twitterプロモーションで新規顧客獲得を増大
・Google社認定「Google Premier Partner」

費用感

・要問い合わせ

3. アフィリエイト運用なら!『株式会社フォースリー』



画像出典元:「株式会社フォースリー」公式HP
 

特徴

複数のASPを一元管理し、成果重複排除で効率化、最適なASPの選定
・広告掲載面のモニタリングで記載の不備や未更新をチェック
・リスティング広告やInstagramを定期的にパトロール
・ASPともクライアントともコミュニケーションを重視、定期的な情報共有
・アフィリエイト運用実績のリポーティング

主な実績

・「男性向け美容」獲得件数が1年10ヶ月で4,000倍達成。同期間で店舗数1桁から16倍へ拡大
・「女性向けファッションEC」販売当初から貢献。獲得件数は3ヶ月で800倍、1年で5,000倍達成
・「リサイクル事業」獲得件数が1年半で56倍。月間数十件の獲得数が、数千件規模へ拡大
・「実店舗型スクール案件」 獲得件数が3ヶ月で100倍,10ヶ月で260倍達成
・「インフラ事業/通信回線案件」 獲得件数が1年間で4倍,千件規模へと拡大
・「 インフラ事業/電力案件」アフィ運用当初から貢献。獲得件数は3ヶ月で0→700件規模まで拡大
その他多業種にて実績あり。

費用感

・初期費用5万円
・月額費用10万円~

詳細は、以下の公式ホームページよりご確認下さい。

 

 

4. SEO・リスティング広告に強み『株式会社オプト』

画像出典元:「株式会社オプト」公式HP

特徴

・国内トップクラスの広告代理店で、リスティング広告の運用が得意
・独自のエンジニアチームを組織し、動画広告やAI、ビッグデータの活用にも積極的
・業界トップクラスのSEM部署をもち、検索エンジンマーケティングにもつよい
・動画マーケティングにおけるコンテンツの企画から運用、検証まで一括サポート
・SNS広告のプロモーションや企画立案、ポリシー策定などもバックアップ

主な実績

・Yahoo!JAPANとのベストパートナーシップを提携
・過去にインターネット広告の取り扱い実績No1を獲得
・Twitter広告認定パートナープログラムでは「Bronze Partner」に認定

費用感

・要問い合わせ

5. "業務効率化とWebマーケティング"を両立できるビジネス書式サイト『bizocean』

画像出典元:「bizocean」公式HP

特徴

「bizocean」は、ビジネス書式のテンプレートや書き方ノウハウの提供と同時に、サイト内への広告掲載などWebマーケティングにも活用が可能なビジネス書式サイトです。

2.8万点以上もの書式やテンプレートを無料で利用でき、経営層やバックオフィスの業務効率化を実現できます。

Web広告代理店であるトライベック株式会社が提供するサービスで、ビジネス書式だけでなく、Webマーケティングに活用できる広告メニューも豊富です

広告メニューは、依頼する内容によって追加コストがかかる点に注意しましょう。

主な実績

・業種業態問わず数百社の実績
・豊富な企業自社サイト改善コンサルティング経験
・700カテゴリ約2.8万点以上のテンプレートを無料で提供
・バックオフィスに必要な業務ノウハウ、制度/法律、IT、助成金などの記事/コラムの掲載

費用感

・初期費用無料
・ビジネス書式サイト無料

広告メニューは有料で、利用内容によって料金が変動するため、問い合わせが必要です。

  ターゲティング
メール
(税別)
成果報酬型
セミナー集客
(税別)
リード広告
(税表記なし)
料金
(税別)
1セグメント
4円/通~
1件あたり
15,000円
1リードあたり
5,000円~
備考 最低利用料金
150,000円~
最低実施件数
20件~
最低配信金額
500,000円~

 

bizocean 含むweb広告代理店の資料を一括DL

 

 

6. Webマーケティングのあらゆる領域での成果創出が期待!『SYUKYAKU

画像出典元:「SYUKYAKU」公式HP

特徴

「SYUKYAKU」は広告運用代行やSNS運用代行等、Webマーケティングに関するあらゆる領域でのサポートができるサービスです。

大手の広告代理店やメディア事業会社出身のハイレベルなコンサルタントがそろっており、サービスの品質やパフォーマンスに期待ができます。

「社内にWebマーケティング施策を行うリソースがない」「今後、Webマーケティングに注力したいが、ノウハウがなく何をすれば良いか分からない」といった課題を持つ企業に適したサービスです。

 

主な実績

SYUKYAKUはサービスをリリースしてから間もないため、有名企業での導入事例がまだ少ないです。

HPでは導入企業のインタビューや実績紹介がありませんが、様々な業界での成功事例や他の広告代理店からSYUKYAKUに切り替えてCPAが改善された事例も数多くあります。

 

費用感

支援領域によって価格が変動する料金体系になっています。

広告運用代行は一律10%になっていますが、サイト作成やSNS運用代行等は個別に問い合わせが必要になります。

プラン 料金(税抜)
広告運用代行 一律10%
SNS運用代行 15万円〜
サイト&LP制作 15万円〜
SEOコンサルティング 20~50万円
インフルエンサー施策 案件による

 

SYUKYAKU 含むweb広告代理店の資料を一括DL 

 

その他のおすすめWeb広告代理店7選

1. 株式会社シード

画像出典元:「株式会社シード」公式HP

株式会社シードは、創業当初からアフィリエイト広告の運用代行を行っている広告代理店です。豊富な実績を持ち、運用スキルは業界トップクラス。SEO対策にも定評があり、Webサイト運営にも効果的です。EC-CUBEによるECサイトの運営経験も豊富で、アフィリエイター経由の口コミマーケティングなども提供しています。

費用感

・数十万円以上

2. 株式会社アイレップ

画像出典元:「株式会社アイレップ」公式HP

株式会社アイレップは、博報堂DYホールディングスによって運営されている広告代理店です。業界内の優秀な人材が豊富で、Yahoo!マーケティングソリューションパートナーやGoogle Premier Partner Awardsでも高い評価を得ています。また、広告運用やSEOだけでなく、企業の問題点や改善点の分析・検証も可能です。

費用感

・数十万円~数百万円

3. 株式会社セプテーニ

画像出典元:「株式会社セプテーニ」公式HP

株式会社セプテーニは、インフィード広告の運用代行経験が豊富な広告代理店です。LPやバナーを自社制作しているため、納品が早く広告運用の検証・改善に多くの時間を使えます。アプリ広告やSNS広告の運用におすすめです。Twitter広告認定パートナープログラムにおいては「Silver Partner」に認定されています。

費用感

・100万円以上

4. 株式会社リスティングプラス

画像出典元:「株式会社リスティングプラス」公式HP

株式会社リスティングプラスは、リスティング広告に力を入れている広告代理店です。Webマーケティングを総合的にサポートしており、Facebook広告の運用代行も行っています。状況に応じた広告運用を得意とし、顕在顧客だけでなく潜在顧客に対するアプローチも効率的です。リスティング広告を中心に、最先端のマーケティングサポートを受けられます。

費用感

・50万円以上

5. 株式会社アド・エヌ

画像出典元:「株式会社アド・エヌ」公式HP

株式会社アド・エヌは、リスティング広告の月額サービスを提供しています。サポート体制が充実しているため、リスティング広告を初めて運用する人にもおすすめです。専門スキルを持ったスタッフが、広告運用を最適化するプランや運用方法などを的確にアドバイスしてくれます。雑誌や新聞、テレビなどのマスメディアも取り扱っており、ニーズに合わせた運用も可能です。

費用感

・10万円~30万円

6. 株式会社デジタルガレージ

画像出典元:「株式会社デジタルガレージ」公式HP

株式会社デジタルガレージは、オンラインとオフラインの垣根をなくす「OMO」を得意とする広告代理店です。広告運用だけでなく、ターゲティング機能の最適化や企画コンサルティングなども行っています。広告運用はもちろんのこと、企画からマーケティングまでお任せしたい人におすすめです。

費用感

・詳細はお問い合わせが必要です

7. 株式会社メディックス

画像出典元:「株式会社メディックス」公式HP

株式会社メディックスは、35年以上の運用実績を誇る広告代理店です。さまざまなWeb広告を取り扱っており、クライアントに合った集客メディアをカスタマイズしてくれます。デジタルマーケティングを最適化したい人におすすめです。リスティング広告では「プレミアGooglePartner」と「Yahoo!マーケティングソリューションスリースター」「Yahoo!審査エクスプレスパス」を獲得しています。

費用感

・30万円以上

Web広告代理店の4つの選定ポイント

1. 得意分野・対応広告媒体

広告代理店には、それぞれ得意分野がありますので事前に確認しておきましょう。オールラウンダーな広告代理店は、取り扱っている広告が多く汎用的なWebマーケティングに活用できます。リスティング広告やディスプレイ広告、SNS広告、動画広告のいずれか、もしくは複数に対応しているような専業的な代理店は、専門性が高く小規模運用できる場合が多いです。

また、総合広告代理店や電鉄系などのハウスエージェンシーであれば、Web広告だけでなく、マスメディアやリアル媒体と連動して広告運用できます。その際は立案した広告戦略との相性や実行性の確認が必要です。

一方、SNSなどのユーザー層に偏りが出やすい媒体へ広告出稿する際は、ターゲティングを正確に行うために、出稿先のメディア名まで確認することをおすすめします。

2. 広告運用のスキルやノウハウ

Web広告の代理店を利用したいと考える企業は、広告運用のスキルやノウハウを得たいと思っているはずです。運用スキルやノウハウは実績数にほぼ比例するため、広告代理店を選ぶ際も実績数を確認しましょう。

また、事例公開している代理店があれば、同業種の顧客がいるかもチェックしてください。事例を公開している企業は業界・業種動向をリサーチしている可能性が高く、企業規模で競合でなかったとしても、トレンドに合った広告運用を期待できます。

また、最新の手法を取り入れた運用が適用できるのも、代理店を利用するメリットです。特にGoogleやYahoo!の認定パートナーである代理店は、限定情報を提供していたり、優先的に使えるツールを持っていたりします。広告代理店を選ぶ際は、認定パートナーかどうかも確認しましょう。

3. 費用・料金体系

Web広告の運用代行費用には、初期費用と運用手数料の2種類があります。それぞれ企業ごとに内容が異なるため注意が必要です。たとえば初期費用無料と謳っていても、相談料や設定手数料、画像制作費用などが別に発生する場合もあります

運用手数料は、おおむね20%程度とするサービスが多いです。しかし相談料が含まれたり含まれなかったりする場合があるため、複数の広告代理店からの見積をとり、それぞれ比較検討しましょう。中には最低運用手数料として、20%だが5万円に満たない場合は一律切り上げ、といった契約が設定されているケースもあります。

見積を取得したら、単純な提示金額だけでなく、最低利用期間や最低出稿金額など、契約制限の設定がないか確認しておきましょう。

4. 契約終了後アカウント権限の譲渡

広告運用アカウントの取扱い方は、代理店によって様々です。普通に利用する分にはあまり気になりませんが、運用契約の終了後に問題になるケースがあります。たとえば契約終了後のアカウント譲渡を認めていない代理店では、ノウハウ蓄積後にアカウントを流用できないため、自社運用する際の足かせになります。

【裏技】広告代理店選びに迷ったら

様々な要件から広告代理店を探すものの、費用面を含めて公式ホームページやパンフレットでは情報が足りず、判断に悩んでしまうこともあるでしょう。そういったときにおすすめなのが、広告代理店のマッチングサービスです。

マーケティング効果測定プラットフォームの老舗「アドエビス」の実績からうまれた「アドフープ」ならば、最短即日で理想の代理店から提案が届きます

アドフープ


画像出典元:「アドフープ」公式HP

特徴

・課題解決実績のある代理店から提案が届く
・代理店から提案が届くのがとにかく早い
・専任スタッフがフルサポート
・利用料金は完全無料

AD HOOPの資料を無料ダウンロード

 

 

まとめ

広告代理店はそれぞれ得意分野があり、クライアントに合った集客チャネルをカスタマイズしてくれます。SEO対策なども行っているため、Webマーケティングを効率化したいという人にもおすすめです。実績や費用、アカウント譲渡の有無などに注意して、自社と相性のよいサービスを選びましょう。

情報不足などで選定が困難な場合は、マッチングサービスの利用をおすすめします

画像出典元:O-dan

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

広告代理店の資料を一括ダウンロード
起業ログが厳選する広告代理店
広告代理店
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ