勤務シフト作成お助けマン

記事更新日: 2023/02/28

執筆: 編集部

編集部コメント

複雑な勤務形態も瞬時に完成するシフト作成サービス

「勤務シフト作成お助けマン」は、JRシステムが提供するセキュリティ対策も安心なシフト作成サービスです。

詳細な条件を反映した上で、早番・遅番・夜勤など記号を割り当てる場合やパート・アルバイト向けのシフトまで瞬時に自動作成できることも評判です。

低価格ですぐに利用できるクラウドサービスですが、まずは試してみたいという方は、2ヶ月間の無料トライアルを申し込んでみると良いでしょう。

シフト管理システムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

シフト管理システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする6サービスの資料をダウンロードできます。

勤務シフト作成お助けマンだけ知りたい方はこちら

勤務シフト作成お助けマンの資料を請求
良い点

複数店舗のシフト管理を一元化できるため、人手不足の際に他店舗の状況を一目で確認してスムーズな調整を実施することができます。

悪い点

カスタマイズには基本的に対応していないため、運営元が提供する別のサービスを利用するかバージョンアップを待つ必要があります。

費用対効果:

シフト作成に費やしていた時間を自動化で短縮できるため、無駄なコストの削減を実現できます。

UIと操作性:

マニュアルが不要なほど高い操作性により、詳細な条件まで簡単に設定ができるのは魅力的です。

セキュリティ:

JRみどりの窓口を支える信頼の技術により、万全のセキュリティ対策が整っているので安心して利用できます。

勤務シフト作成お助けマンの導入メリット4つ

1. 複雑な条件のシフトも自動で作成可能

勤務シフト作成お助けマンは、早番・遅番・夜勤など記号を割り当てる場合やパート・アルバイト向けのシフト作成まで自動化できるシフト管理ツールです。

独自の最適化エンジンによりシフト表を自動作成してくれるため、シフト作成業務の時間短縮を実現できます。

勤務シフト作成お助けマンを導入すれば、属人的なシフト業務を標準化して担当者の負担軽減にも繋げられるでしょう。

負担の大きいシフト作成を瞬時に完成

2. 詳細な勤務条件の設定が可能

勤務シフト作成お助けマンは、部署やスタッフ別に月や週単位で細かく勤務条件の設定ができるシフト管理ツールです。

例えば、早番が3日連続にならないようにする・AさんとBさんを一緒の勤務にするなどといった詳細な条件設定の登録が可能となります。

勤務シフト作成お助けマンであれば、必要人数の設定や勤務回数の設定まで考慮して自動化作成してくれるので人為的ミスの防止にも繋がるでしょう。

自由度の高い詳細設定が可能

3. シフト希望や確認はスマートフォンでも可能

勤務シフト作成お助けマンは、勤務希望の提出や勤務予定の確認をスマートフォンを利用してできるシフト作成ツールです。

スタッフは、場所や時間を問わずにスマートフォンで操作をできるため、出勤している時間以外でも勤務希望の入力や予定確認を実施できます。

勤務シフト作成お助けマンであれば、スタッフの利便性向上や勤務希望の提出忘れ防止にも繋げられるでしょう。

手軽にスマートフォンで確認できる

4. 複数店舗のシフトを一元管理できる

勤務シフト作成お助けマンは、自店舗だけでなく他店舗の勤務予定も一元化できるシフト管理ツールです。

人手不足により現場の労働力が足りていない場合に、他店舗の状況を確認してシフトに入れそうな人材がいないか一目で確認が可能です。

勤務シフト作成お助けマンであれば、スタッフが足りていないと発覚した際にも一元管理によりスムーズな調整を実現できるでしょう。

他店舗へのヘルプ要請が可能

資料請求リストに追加する

勤務シフト作成お助けマンのデメリット

自動作成機能を有しないサービスと比較するとやや割高

勤務シフト作成お助けマンでは、自動作成機能を有しない(管理を中心とした)サービスと比較するとやや割高というところが挙げられます。

ある程度人数がいてシフト作成に苦労する状況でないと費用対効果があがらない場合があります。(利用箇所が多い場合は、ボリュームディスカウントの対象となります。)

勤務シフト作成お助けマンの料金プラン

早番・遅番・夜勤など記号を割り当てるシフト表はDayで、パート・アルバイトに対して時間を指定するシフト表はTimeが用意されています。

初期費用が0円、どちらもトライアルが2ヶ月無料で利用可能です。

  Day Time
初期費用 0円 0円
月額費用 12,000円~/箇所(50名まで) 6,000円/箇所(20名まで)

※年額払いの場合は10ヶ月分の費用で利用可能

競合製品との料金比較

シフト管理サービスは、AirSHIFTやシフオプが有名ですが、複雑なシフト組みを自動作成できるのは勤務シフト作製お助けマンだけです。

  勤務シフト作製お助けマン
(税別)
AirSHIFT
(税込)
シフオプ
(税表記なし)
初期費用


0円

0円 0円
月額費用 【Day】
12,000円~
/箇所(50名まで)
【Time】
6,000円
/箇所(20名まで)
110円/1人 300円/1人
特徴 複雑なシフト組みに対しても自動作成により簡単に実行できる シフト作成だけでなく、タイムカードや勤怠管理の機能も利用できる シフト作成と同時に人件費を自動的に計算することができる

 

資料請求リストに追加する

勤務シフト作成お助けマンを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

・シフト作成に大幅な時間がかかっている会社

複雑な勤務形態のシフト作成により担当者の負担がある企業は導入すべきです。

早番・遅番・夜勤などの記号を割り当てる場合やパート・アルバイトに対してのシフト作成まで簡単に自動化できます。

勤務シフト作成お助けマンを導入すれば、部署やスタッフ別など詳細な条件の設定を反映した上で瞬時にシフト作成を完成してくれます。

・複数店舗のシフトを一元管理したい会社

複数拠点の店舗シフトを個別に管理している企業は導入すべきです。

人材不足によりシフトに欠員が出てしまう場合に、他店舗から人材を補充できないかスムーズな調整を実現できます。

勤務シフト作成お助けマンを導入し、複数店舗を一元管理することで他店舗の状況も簡単に確認できるようになります。

資料請求リストに追加する

向いていない企業

・少人数のシフト管理で利用したい会社

ある程度人数がいてシフト作成に苦労する状況でないと、自動作成機能の効果が最大限に発揮出来ないでしょう。

小規模なシフト表の場合は自動作成機能があまり必要でなく、費用対効果が得られない可能性があります。

まとめ

シフト作成に負担がかかっている場合は、勤務シフト作成お助けマンを活用することがおすすめです。

スマートフォンと連携して勤務希望の提出や勤務予定の確認もできるだけでなく、複数店舗の一元管理によりスムーズな応援調整も可能です。

勤務シフト作成お助けマンを導入して、複雑な勤務形態のシフト作成を瞬時に自動化で完成させて業務効率化に繋げてください。

資料請求リストに追加する

 

画像出典元:「勤務シフト作成お助けマン」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

シフト管理システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

比較検討におすすめのお役立ち資料
シフト管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ