JobSuite PARTTIME

記事更新日: 2022/03/08

執筆: 編集部

編集部コメント

"安全性と効率化"を両立させたシフト管理システム

「JobSuite PARTTIME」を利用することで、シフトの管理・作成がオンラインで完結。
シフト管理業務にかかる作業工数を大幅に軽減することができます。
直感的な操作感が魅力のシンプルなシステムで、雇用者側にもスタッフ側にも使いやすいと評判です。
登録するスタッフの人数により料金が変動することから、登録スタッフ数が多い場合は他ツールよりもコスト高となる点は注意が必要です。

シフト管理システムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

シフト管理システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする2サービスの資料をダウンロードできます。

JobSuite PARTTIMEだけ知りたい方はこちら

JobSuite PARTTIMEの資料を請求
良い点

「JobSuite PARTTIME」は、シフトの作成や管理業務を大幅に効率化できます。あらゆる事業規模や業種に対応しているため、気軽に導入が可能です。

悪い点

登録人数に応じた従量課金制の料金体系のため、登録するスタッフの人数が多い場合は料金が高くなります。

費用対効果:

UIと操作性:

シンプルでわかりやすいUI。直感的な操作のみでシフトの収集から作成、調整、共有まで可能です。

セキュリティ:

暗号化やデータセンターでの運用、不正アクセス対策など、あらゆるセキュリティ対策が講じられています。

JobSuite PARTTIMEの導入メリット4つ

1.シフト管理業務にかかる時間を大幅削減

「JobSuite PARTTIME」の最大のメリットはシフトの作成がオンラインで完結するところ。

これまでシフトの作成や調整にかかっていた時間を大幅に短縮することができます。

「JobSuite PARTTIME」を導入すればシフトの作成がスムーズにできるだけでなく、シフト管理業務全体の業務効率化につながります




2.どのような事業規模・業種にも対応可能

「JobSuite PARTTIME」は柔軟な設定が可能で、ユーザーごとの細かい要望にも対応できます。

店舗管理機能や役割管理機能もあり、店舗が異なるスタッフの管理や、ホールやキッチンなど仕事内容がことなるスタッフの管理も「JobSuite PARTTIME」でおこなうことができます。

「JobSuite PARTTIME」はさまざまな業種や業態の企業で活用することができ、シフト管理業務の幅広い問題解決に役立ちます。


どのような職種にも対応可能

3.雇用者・スタッフ共に使いやすい機能充実

雇用者側にもスタッフ側にも使いやすいところも「JobSuite PARTTIME」の魅力です。

雇用者側は一括送信機能でシフトの提出連絡や確認依頼をおこなうことができます。

スタッフ側はQRコードやURLにアクセスするだけで「JobSuite PARTTIME」が利用可能。

「JobSuite PARTTIME」では面倒な操作は一切なく、調整や共有も瞬時におこなうことができます。


スタッフの要望にも対応できる機能が充実

4.万全のセキュリティ

「JobSuite PARTTIME」は、採用管理システムで20年以上も顧客の大切な個人情報を守ってきたステラスが提供しているシフト管理システムです。

独自のノウハウを生かした万全のセキュリティ対策が講じられており、安心して利用することができます。

安全性の高い「JobSuite PARTTIME」なら、従業員に安心感を与えることにもつながり、シフト管理システムをスムーズに導入することができます。

画像出典元:「JobSuite PARTTIME」公式HP

資料請求リストに追加する

 

JobSuite PARTTIMEのデメリット2つ

1.導入時に初期費用がかかる

導入時の初期費用に加え、月額利用料金は登録スタッフの人数に応じて増えていきます。

そのため、たくさんの店舗を抱えパート・アルバイトの数が多い企業では導入時の費用が高額に。

有料オプションの機能もあるため、導入時にはある程度の予算の確保が必要です。

2.操作サポート窓口は平日限定

「JobSuite PARTTIME」は電話・メールで操作方法などのサポートをおこなう窓口が土日祝日休みです。

パートやアルバイトで働く人が多いサービス業では平日夜間や土日祝日にサポートを利用したいケースも多くあるため、問題発生時にリアルタイムでサポートを受けられない場合があります。

JobSuite PARTTIMEの料金

利用人数によって料金が異なります。

詳しくは資料をご確認ください。

資料請求リストに追加する

 

JobSuite PARTTIMEを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

従業員数100名以上の会社

「JobSuite PARTTIME」は、幅広い規模の会社で導入されていうシステムですが、特に100名以上の規模の会社におすすめです。

シフト管理・作成がオンライン上で完結し、シフトの提出依頼や確認依頼も一括送信で作業工数を大幅に軽減できます。

毎月のシフト表作成に多くの作業工数がかかっている大規模の会社にはぴったりのツールです。

人手不足でシフト調整が困難な会社

「JobSuite PARTTIME」は、オンラインでシフトの調整をおこなうことができます。

スタッフ側は可否を選択するだけでよく、雇用者側がスタッフの希望の聞き取りに何往復もしなければならなかった調整を短い時間で済ませることができます。

人手不足でシフトの調整が多く発生する会社には特におすすめです。

資料請求リストに追加する

 

向いていない企業

従業員数10名以下の会社

導入時に初期費用がかかるため、10名以下の小規模の会社では「JobSuite PARTTIME」を導入しても、高い費用対効果を期待できない可能性があります。

担当者がシフト管理や作成をおこなってもさほど時間がかからないのであれば、費用対効果を考慮して従来通りのやり方でも問題ないでしょう。

 

 

まとめ

「JobSuite PARTTIME」は、シフト管理・作成における業務効率化に高い効果を発揮するシフト管理システムです

セキュリティ面でも安心して利用でき、安全性を重視する企業にもおすすめのシステムです。

膨大な人数のパートやアルバイトのシフト管理・作成に悩んでいる企業が「JobSuite PARTTIME」を導入すれば、シフト管理業務を劇的に効率化することができます。

資料請求リストに追加する

 

画像出典元:「JobSuite PARTTIME」公式HP

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

シフト管理システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】勤怠管理システム選びのお役立ち資料
シフト管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ