Sync Up

記事更新日: 2019/10/16

執筆: 編集部

運営コメント

毎月のシフトを簡単に作成して、調整・管理まで効率よく進めることができるシステムです。これまでシフト作成にかかっていた時間を大幅に削減できるため、店舗運営の工数を減らせます。スタッフの稼働率が向上し、頑張っているスタッフにはメダルを付与できることから、定着率の向上にもつながります。スタッフ全員に一斉にお知らせできるタイムラインは、連絡漏れの防止に便利です。

1. シフトの収集と作成

シフト希望の収集と調整・管理ができる

2. ヘルプ募集・依頼と調整

人手が欲しいシフトにスタッフを募集して依頼・確定できる

3. スタッフリレーション管理

頑張っているスタッフを表彰したりスタッフに一斉連絡できる

良い点

バランスの良いシフト管理を実現し、人手が足りないときには他店にまでヘルプを募集することも可能です。連絡事項は、スタッフに一斉送信でタイムリーにコミュニケーションができるようにもなります。頑張っているスタッフにメダルで表彰する機能は、スタッフの満足度向上に役立ちます。

悪い点

スタッフへのダイレクトメッセージは緊急時や伝達忘れなどに便利な機能ですが、多用し過ぎると就業時間外のプライベートを侵害しかねません。適度な活用を見極めて、店舗全体のメリットになるように注意することが重要です。

費用対効果:

初回60日間は、登録スタッフ上限20名までの1店舗アカウントが無料で利用できます。

UIと操作性:

直感的なUIによる操作は、マニュアルが必要ないほど簡単です。

社外連携:

他店舗へのヘルプ募集をかけることができ、人手が余っている店舗から不足している店舗に依頼をかけることもできます。

Sync Upの3つの特徴

1. 時短で作成できるシフト表

「Sync Up」にスタッフが希望シフトを提出する際には、時間や場所を問わずスマートフォンを使えます。希望シフトは自動で「Sync Up」に反映され、収集の手間が省けます。シフトの作成頻度に合わせた提出期間を設定可能で、集まったシフトを調整するだけでシフト表の完成です。

週ごとのシフト累計時間を確認しながらの調整は、バランスの良いシフトにつながります。シフトの希望を入れる際にスタッフがコメントを添えることができ、希望を考慮したシフトにしやすいです。確定したシフト表は、即座にスタッフへと一斉連絡できます。


スマホで簡単!シフト作成

2. 他店舗と連携も可能なヘルプ調整

繁忙期など人手が必要な日時をあらかじめ登録しておくことで、スマホアプリのカレンダーをチェックしたスタッフがシフトに応募できます。

他店舗にヘルプの募集をかけることもでき、逆に人手が余っている店舗からは応援に駆け付けることも可能です。店長同士のやり取りは1クリックで完了し、何度も電話やメールをする必要はなくなります。

ヘルプが確定すれば、スタッフにその旨情報が通知されます。ダイレクトメッセージは、シフト以外に緊急の連絡事項やお店で伝え忘れていた通知をするときにも便利です。


スタッフへのダイレクトメッセージ機能

3. スタッフリレーション管理で満足度向上

スタッフへの一斉連絡は、「Sync Up」にてタイムリーに通知できるようになります。全員に漏れなく連絡が届き、連絡事項を知らなかったスタッフが出る心配がありません。

スタッフリレーション管理

頑張りが見られるスタッフには、メダルの付与によって表彰できます。スタッフの満足度がアップすると同時に、信頼度アップにもつながるでしょう。店舗全体のコミュニケーションも、スムーズになってきます。

がんばったスタッフへのメダル機能

 

料金プラン


 
登録スタッフの数によって月々の料金プランが異なります。
 

初回60日間は、無料でシステムを利用できます。登録スタッフ数の上限は20人までなので、それ以上のスタッフを抱えるお店では人数を絞って試用してみるのもよいでしょう。無料のフリープランでも、基本的な機能は備えています。

エリアプランやエンタープライズプランでは、基本機能に加えてIPアドレス制限や管理者画面オプションなどの機能が使用可能です。分析レポートまで出してくれるため、今後のシフト管理に役立てられます。

評判・口コミ

店舗間ヘルプ活用による店長の就業環境改善
ミスタードーナツ ららぽーとTOKYO-BAYショップ(株式会社バザール)様

「Sync Up」の活用で、スタッフが余っている店舗から不足している店舗にアルバイトを送れるようになりました。アルバイトが「Sync Up」からヘルプ募集に応募して労働力の創出ができるようになり、店舗間・店長間の関係性も良くなりましたアルバイトが働きやすい環境にもなり、コミュニケーションが活性化されています。

数百名規模のスタッフシフトを1人で管理出来るようになった
doda転職フェア事務局(パーソルキャリア株式会社)様

従来のオフィス系ソフトによるシフト表とメールでのスタッフ管理を「Sync Up」に移行したことで、イベント時にやり取りが必要になる約300名のスタッフを管理する工数が削減できました。これまで3名体制で行ってきた管理を1名で対応できるようになったのです。イベントスタッフに事前にマニュアルを送ることもでき、当日の運営もスムーズになりました。

※「Sync Up」公式HP参照

まとめ

シフトの調整は、お店の運営に直接影響するだけに常に目を光らせておく必要があります。しかし、シフトを管理する人には大きな負担となる作業であることも事実です。

「Sync Up」の導入で数十名から数百名規模のスタッフのシフト管理が簡単にできるようになり、管理者の負担が軽減されるでしょう。

チェーン店の場合は、店舗間での協力をスムーズにする活用法も可能です。働きたいスタッフを効率よくヘルプに入ってもらえるようになり、関連する情報の通知はスタッフに一斉に送ったり個別に連絡をすることもできます。

スタッフの意識が変わるきっかけにもなり、これこそ働き方改革の一助となりそうです。

画像出典元:「Sync Up」公式HP

その他の【シフト管理】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ