COTOHA Meeting Assist

記事更新日: 2024/01/12

執筆: 編集部

編集部コメント

「COTOHA Meeting Assist」は文字に起こした文書を後から最大限活用できるよう配慮した機能が多い点が魅力です。NTTグループの実績を生かしたセキュリティ保守対策もしっかりしている点も嬉しいポイントです。同業他社製と比べて月額料金が5万円~と、約半額で済むため、人員不足のため議事録作成工数を削減したい、業務改善を図りたいとお考えの企業におすすめです。
※本サービスは、2023年12月28日をもって新規の申し込み受付が終了されています。

議事録自動作成ツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

議事録自動作成ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

単なる文字起こしに終わらず、後から活用した際に目的を見つけやすいタグ付与や自動翻訳機能など“使える議事録”として作成してくれるため、導入した甲斐があったと十分満足できるでしょう。

悪い点

音声データが増えた場合にはメモリ・ディスク容量の追加が後々必要になります。基本契約と合わせて最大1TB(1,000GB)までとなっており、定期的にデータ整理を行う必要がありそうです。

費用対効果:

手作業が圧倒的に削減でき、同業他社製より月額料金が約半値で利用可能です。

UIと操作性:

AIが適切にサポートしてくれるため、編集作業も楽になります。

導入ハードル:

クラウド対応のためインストール作業・初期設備の準備は不要です。

セキュリティ:

通信は暗号化され、IPアドレス制限機能も搭載。サーバは24時間365日体制で監視を行っています。

サポート体制(運営会社の):

導入後のサポート体制については、直接お問い合わせが必要です。

COTOHA Meeting Assistの特徴3つ

1. 議事録作成の作業時間を大幅に削減

後から見やすく確認しやすい議事録を作成するには、それなりの経験と手間がかかるものです。

「COTOHA Meeting Assist」はAI音声認識でマイクからの音声をその場で即座にテキスト化してくれるので、会議後の作業時間を大幅に削減できます。

また音声はリアルタイム録音だけではなく、過去に記録した音声データ(WAV、mp3、mp4形式)からも文書化できます。

音声データをそのまま残すよりはテキストデータに落とした方が確認も早く、またデータファイル容量も削減できるため、テキストデータに置き換えるとデータ保存するために新しいHDDを増設する頻度も少なくなります。


COTOHA Meeting Assistでできることのイメージ
 

2. 音声書き起こし以外の機能も充実

会話を文章化するだけの場合、そこから修正などの手作業が必要になると、せっかく導入しても作業工数を削減できません。

「COTOHA Meeting Assist」にはNTTコミュニケーションズが誇るAI技術「COTOHA」が搭載されており、単なる文章の記録から一歩進んだ機能を提供します。

例えば、音声認識されたテキストは時系列で音声と紐づいて保存されているため、該当部分の音声のみ聞き直して簡単に文章の修正が行えます。

また発言内容にAIが自動でタグ付けをおこなってくれるので、後から見直した際に課題の見落としを防ぎます。

さらに自動翻訳機能まで付いており、10ヶ国語の聞き取りと文書作成が可能です。

こうした高性能サービスですが、専用機器などは不要です。いつも会議で試用しているインターネット接続端末+マイクがあれば、すぐに使える点も嬉しいポイントです。

さらに「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2020」にてAI部門「ベストイノベーション賞」を受賞しており、信頼性の高さがうかがえます。


特筆機能の利用イメージ
 

3. 幅広いシーンで活用できる汎用性

単なる議事録作成サービスに留まらない「COTOHA Meeting Assist」は、様々なシチュエーションで活用できます。

まずは会議の規模・場所を問わないため、テレワーク中のグループミーティングからリーダー層での定例会議・機密情報を扱う役員会議などで利用できます。

また研修やセミナーなどの内容もテキスト化できるので、参加者が後から復習したり、次年度のセミナー開催時の参考資料にしたりするなど、活用範囲が広がります。

さらに自動翻訳機能が付いているため、会議の参加メンバーも国籍を問いません。海外の取引先との商談などにも心強い相棒として利用できます。


利用シーンイメージ

 

COTOHA Meeting Assistの料金プラン


<料金内訳>

基本契約:35,000円 / 月 + APIパック:15,000円 / 月

CPU・メモリー追加:10,000円 / 1コア・8GB

ディスク容量追加:1,000円 / 10GB

※APIパックの契約が必須です

一般的な議事録作成支援サービスと比較して、月額料金が約半分程度の価格設定になっています。

まとめ

今回は、「COTOHA Meeting Assist」の評判や口コミ・特徴・料金について紹介しました。

COTOHA Meeting Assistは、マイクからの音声を即座に文書化してくれる議事録作成支援サービスです。

NTTグループの提供かつ「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2020」にてAI部門「ベストイノベーション賞」を受賞するなど、各界で注目を集めています。

単なる発言内容の記録だけに留まらず、NTTグループが展開しているAI技術「COTOHA」を活用し、発言へのラベル付与や自動翻訳機能など、最先端技術を存分に利用し、業務を効率化しましょう!

画像出典元:「COTOHA Meeting Assist」 公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

議事録自動作成ツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選する議事録自動作成ツール
議事録自動作成ツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ