副社長とは?取締役と役割は違う?仕事・ポジション・給料を解説!

副社長とは?取締役と役割は違う?仕事・ポジション・給料を解説!

記事更新日: 2020/05/20

執筆: 編集部

副社長とは社長や部長などと同じ役職の1つで、基本的には社長に次ぐNo.2のポジションです。

しかし、副社長の仕事や正確なポジションについて、よくわかっていない、という人も多いのではないでしょうか。

会社によっては存在しない「副社長」というポジション。

そんな副社長の仕事内容やポジション、取締役との違いや給料について解説します。

副社長とは

副社長とは社長や部長などと同じ役職の1つです。

基本的には社長に次ぐNo.2のポジションです。

ただ、副社長はあくまで会社で使われる呼称の一つであり、法律で決められているわけではありません。

そのため、会社によっては副社長が存在しない会社もありますし、具体的な業務や権限も会社によって多少異なります。

一般的には、社長を補佐する役割であり、社長と共に経営の舵取りや会社のビジョンを構想します。

また、社長が不在の時は社長の代理として経営判断を行います。

副社長と専務・常務の違い

副社長はNo.2のポジションと説明しましたが副社長に続くのはどんな役職でしょうか。

一般的には、副社長の下に専務、常務と続きます。

専務は役割的にも副社長と近く、社長を補佐することが主な業務となっています。

常務も同様に社長の補佐の役割がありますが、副社長や専務に比べて、日常的な業務も行うという違いがあります。

副社長と取締役の違い

副社長と取締役の違いを考える前に取締役について簡単に説明します。

取締役とは、会社法で定められている役員のうちの1つです。役員は会社の総会で議決権を持っています。

副社長は役職の1つであり、会社の定款で定められている呼称にすぎません。

副社長が取締役を兼ねていることも多いですが、副社長と取締役は根底となる考え方が違うということは覚えておいた方が良いでしょう。

代表取締役副社長とは

副社長の役職を持つ人の中には、「代表取締役副社長」として働いている方もいます。

代表取締役副社長は名称の通り、代表権を持っている副社長です。

代表というと代表取締役が思い浮かぶ人が多いと思いますが、1つの会社の中で複数の人が代表権を持つことは認められています。

また、「取締役副社長」という役職名で働かれている方もいます。これは副社長の役職であり、かつ取締役であることを明示しています。

副社長の給料

副社長の給料はどれくらいか気になる人も多いでしょう。

副社長はあくまでそれぞれの会社で定めている呼称の1つなので、副社長の給料として決まっているものはありません。

会社の規模や業績によって様々ですが、一般的には数千万から多い人では億単位にのぼる場合もあります。会社によって額は違いますが、一般の社員に比べればかなり多くもらっていることがほとんどです。

まとめ

副社長は社長と同様に役職の1つです。

あくまで会社の定款によって決まっているものであり、その仕事や役割、給料などは会社によって様々です。

同じ副社長という名称でも、代表権を持っている場合もあるなど、それぞれであると言うことを知っておきたいところです。

画像出典元:Unsplash

最新の記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ