仕事ができる人の習慣&特徴18選!できない人との違いは?

仕事ができる人の習慣&特徴18選!できない人との違いは?

記事更新日: 2022/01/28

執筆: 根本翔伍

仕事をおこなう上で「仕事ができる人」と「仕事ができない人」がいます。

その差はどのようにして生まれるのでしょうか。

できることならば、多くの人は仕事ができる人になりたいはずです。

そこで今回は、仕事ができる人の習慣と特徴について紹介します。

この記事を読むことで、他の人からも一目置かれる存在となるはずです。

是非最後までご覧ください。

仕事が異常にできる人とは

仕事が異常にできる人は、仕事に対して誰よりも努力を惜しまない人です。

身体的特徴や運動神経などは、ほとんど遺伝で決まります。

そのため、努力してもどうにかなる問題ではありません。

しかし、仕事においては社会人になってから経験するので、全員がゼロからのスタートです。

つまり、努力することによって仕事はいくらでもできるようになります。

営業マンを例として考えましょう。

営業マンは第一印象が重要なので、容姿によって営業成績が決まると思う人もいるかもしれません。

しかし、第一印象だけでなく、商品やサービスの知識、お客様への接客態度など全てが完璧でな人こそ優秀な営業マンになれるのです。

顔に自信が無かったとしても、笑顔を作ることは誰でもできます。

商品やサービスの知識も勉強して、接客態度なども数をこなしていくうちに自然と身に付くものです。

そのため、努力した人だけが仕事が異常にできる人になれます。

仕事ができる人の特徴12選

冷静な判断分析

仕事ができる人は冷静に物事を判断して分析する力があります。

仕事をおこなう上で、時には想定しないトラブルやイレギュラーな事態もあるはずです。

普通の人であれば対応するのに必死で、周りが見えないケースがほとんどですが、仕事ができる人は違います。

どんな状況であっても物事を客観的に捉えて分析することによって、的確な判断を下すことができるのです。

自ら率先して動く

仕事ができる人は自ら率先して動く行動力がある人です。

特に近年では、AIによって仕事が奪われてしまうということも言われています。

そのため、決して指示を待つのではなく、自分で動く力が必要なのです。

自ら動くことで、新たな視点から物事を捉えたり情報を得ることができます。

考えてもわからないのであれば、まずは行動してみましょう。

計画性がある

計画性があることも仕事ができる人の特徴です。

ほとんどの場合、仕事には期限があります。

そのため、目の前の仕事をひたすらおこなうのではなく、仕事に取り掛かる前に計画を立てなければいけません。

まずは仕事に対して優先順位をつけましょう。

優先順位をつけることで、どの仕事からおこなわなければいけないのか、明確にすることができます。

計画を立てておくことで、仕事をスムーズに終わらせることが可能です。

返信が早い

仕事ができる人は返信も非常に早いです。

特に最近では、面と向かって直接会話することが少なくなり、連絡手段はチャットやメールが主流となってきました。

そのため、連絡が遅いと仕事が進まず、業務に支障がでてしまうことも少なくありません。

返信が早いだけで、業務がスムーズになり、相手に対しても安心感を与えることができます。

連絡が来た時には後回しにするのではなく、なるべく早めに返信しましょう

コミュニケーション力がある

コミュニケーション力の高さも重要です。

仕事は1人で進めるのではなく、コミュニケーションを図りながら全員でおこないます。

周囲の人間とコミュニケーションを取ることで、信頼関係を築いて業務の効率化にもなるので、積極的に周囲の人と話しかけてみましょう。

メリハリがある

仕事とプライベートのメリハリが上手い人も仕事ができる人の特徴です。

休日も仕事のことを考えてしまうと、十分な休息が取れず、仕事に集中できなくなってしまいます。

一方、仕事ができる人は、休日に自分の趣味を充実させることで仕事への活力に繋げることができるのです。

挨拶を忘れない

仕事ができる人は挨拶も忘れません。

出社する時やクライアントとの打ち合わせ時など、挨拶をすることで自分を認識してもらうことができます。

挨拶する時には自分から挨拶することを心がけましょう。

身だしなみを整える

身だしなみを整えることは非常に重要です。

人は出会って3秒で第一印象が決まると言われています

新たに仕事をおこなう担当者のスーツが汚れていて髪もボサボサだったらどうでしょうか。

たとえどんなに優れている人でも、あまり良い印象を抱きませんよね。

身だしなみでその人の印象が決まるので、清潔感を保つようにしましょう。

自分に自信がある

仕事ができる人のほとんどは自分に絶対的な自信があります。

仮に営業マンが商品やサービスを自信がなさそうな顔をしながら提案してたらどう思うでしょうか。

ほとんどの人が買いたいと思いませんよね。

自信があるからこそ、説得力が増して成約に繋がるのです。

自信がないのであれば、自己分析をおこなって自分の強みを探してみましょう。

気配りができる

仕事をするにあたって気配りも重要です。

後輩や同僚が仕事で困っているのであれば、いち早く気づいてあげることでさらに良好な関係になります。

仕事ができる人ほど気配りができているので、自分のことだけではなく、周囲にも目を配りましょう。

人にお願いする

仕事ができる人は、素直にお願いすることができます。

先ほども述べたように、仕事は1人だけでおこなうものではありません。

周囲の人と協力しておこないます。

そのため、自分の手に負えない仕事や苦手な仕事があった時には他の人にお願いしましょう。

ただし、一方的にお願いするのではなく、自分も積極的に協力することが大事です。

Win-Winの関係を築きましょう。

何事にも興味を持つ

仕事ができる人は、どんなに些細なことでも貪欲に興味を持ちます。

興味を持つことによって、あらゆるジャンルに詳しくなり、話のネタにすることができるからです。

最新のニュースやトレンド情報など、常にアンテナを貼っておくようにしましょう

仕事ができる人の6つの習慣

目標の設定

仕事ができる人はどんなことにおいても目標を設定しています。

目標を設定することで、自分のモチベーションを維持することができるからです。

また、目標を設定することで達成するまでにやるべきことが明確に見えてきます。

新しいことに挑戦する場合は目標を設定しましょう。

早寝早起き

仕事ができる人は早寝早起きを習慣化しています。

早く寝ることによって、その日の疲れを回復させることができるからです。

また、早起きすることで、時間に余裕が生まれます。

朝は脳がクリアになっている状態なので、その日に自分がおこなう仕事内容を整理しておくことで、スムーズに仕事に取り組むことができるのです。

遅くても23時までには就寝するようにしましょう。

筋トレ

仕事ができる人は筋トレを欠かせません。

筋トレをおこなうことで体が引き締まり、筋肉がつきます。

自分の体型を改善することで自分に自信がつくので、仕事でも説得力のある提案ができるようになるのです。

筋トレが難しいのであれば、ジョギングやスポーツをおこないましょう。

成功している人の真似をする

仕事ができる人は自分のやり方ではなく、成功している人の真似をします。

なぜなら、成功している人の真似をすることが一番成功への近道だと気付いているからです。

逆に仕事ができない人は自分のやり方を貫いて失敗します。

仕事ができるようになりたいのであれば、成功している人のスキルを全て真似するくらいのスタンスでいることが重要です。

読書

仕事ができる人は読書を習慣化しています。

読書することによって、知識が深まり仕事にも生かすことができるからです。

本をあまり読んだことがない人は、まずは書店に足を運んでみましょう。

整理・整頓

仕事ができる人は机周りや部屋も綺麗に整理整頓されています。

整理整頓することで、どこに物があるのか一瞬で把握することが可能です。

探す手間が無くなるので、無駄な時間を減らすことにも繋がります。

仕事ができる人の考え方3つ

仕事ができる人の考え方を3つ紹介します。

どんなことでも理由を考える

仕事ができる人は、成功した時や失敗した時も理由を必ず考えます。

成功した時には理由を明らかにすることで、次回も成功できる確率が高まるからです。

一方で失敗した時には、理由を考えることで同じ過ちを回避することができます。

何かしらのアクションをおこなった時には、必ず理由を考えるようにしましょう。

失敗を恐れない

仕事ができる人は失敗を恐れません。

行動して失敗するよりも、何もしないことの方が後悔すると分かっているからです。

失敗することは悪いことではありません。

失敗することによって新たな経験を積むことができます。

挑戦することが何よりも重要です。

目標は通過点

仕事ができる人は目標を目標だと思っていません。

達成できて当然だと考えています。

目標とプラスアルファを考えることで、自分をさらに成長させることが可能です。

仕事ができる人の3つの口癖

仕事ができる人の口癖を3つ紹介します。

「つまり〜」

「つまり」は、これまでの意見を全てまとめる時に用います。

自分なりの考えも付け足した上で活用すると、より効果的です。

「そもそも〜」

「そもそも」は、別の視点で物事を考える時に用います。

「そもそも」を使うことで一歩下がって物事を客観的に見ることができるので、新たな気付きを与えるキッカケにもなるのです。

「一言で言うと〜」

「一言で言うと」は、言葉の通り一言で要約する時に用います。

この言葉を用いる時には、誰もが理解できるようにまとめることが重要です。

仕事ができる人あるある3選!

フットワークが軽い

仕事ができる人はフットワークが非常に軽いです。

飲み会はもちろん、イベントや行事にもほとんど参加します。

そのため、自然と人付き合いも上手い印象です。

自分の意志を持っている

仕事ができる人は自分の意志や信念をしっかり持っています。

そのため、周囲の人間に流されることはありません。

自分が正しいと思う行動をすることで、何事も効率よくこなすことができます。

何事にも全力

仕事ができる人は何事にも手を抜かず、全力でおこないます。

だからこそ、周囲からも認められる存在となるのです。

仕事ができない人との決定的な違い3つ

結論ファースト

仕事ができる人は結論ファーストを心がけています。

結論ファーストにすることで、相手に内容をわかりやすく伝えることができるからです。

一方で、仕事ができない人は結論を最後に話してしまいます。

そのため、最終的に何を伝えたいのか、相手側が理解できないと言うケースが多いです。

責任感がある

仕事ができる人は、会社や後輩が起こしたミスも自分の責任と受け止めます。

自分の責任と受け止めることで、対策を考えて仕事のミスを防ぐことができるからです。

仕事ができない人は、他の人のミスをカバーすることはありません。

その結果、同じようなミスを自分がしてしまうケースもあります。

ポジティブ思考

何事に対してもポジティブ思考でいられるのが仕事ができる人の特徴です。

ポジティブ思考になることで、失敗を恐れずに挑戦することができます。

逆にネガティブ思考の人は、自分に不都合なことがあるだけで気持ちが下がってしまいます。

その結果、挑戦する前に失敗を恐れてしまい、自信がなくなるという負のループに陥ってしまうのです。

仕事ができる人になるには?

仕事ができる人になるには、できることから行動してみることが大切です。

まずは習慣から変えてみましょう。

早寝早起きや整理整頓、目標の設定などはスキルや知識が無くても誰でもおこなうことが可能です。

習慣は3週間継続することで変えることができると言われています。

そのため、まずは3週間継続してみましょう。

習慣が変わることで仕事への意識も徐々に変わって、最終的には仕事ができる人になるはずです。

是非試してみてください。

まとめ

今回は仕事ができる人の習慣や特徴について紹介しました。

社会人は働く上で、どうしても周りの人から評価されてしまいます。

評価されるのであれば、多くの人が「仕事ができる人」と思われたいですよね。

今回の記事を参考に、「仕事できる人」を目指してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:O-DAN (オーダン)

最新の記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ