ビジネスで使える暑中見舞いと残暑見舞いの書き方|文例と注意点

ビジネスで使える暑中見舞いと残暑見舞いの書き方|文例と注意点

記事更新日: 2021/04/30

執筆: 編集部

ビジネスで書く暑中見舞い残暑見舞い。なるべく効率よく書き終わりたいところですが、年1回の作業ということもあり書き方を覚えていない方も多いのではないでしょうか。

失礼な暑中見舞いを書いて会社や取引先の方に迷惑をかけないためにも、今回は暑中見舞い・残暑見舞いの書き方や注意点、文例などについて解説します。

これを読めば、失礼のない暑中見舞い・残暑見舞いをスムーズに書くことができます。

暑中見舞いのマナー

そもそも、暑中見舞いや残暑見舞いはどういった役割を持っているのでしょうか。

どちらも暑さの厳しい時期に送るものですが、送る時期に少し違いがあります。

まずはそういった、暑中見舞い・残暑見舞いの基本的なマナーについて見ていきましょう。

暑中見舞い・残暑見舞いとは?

暑中見舞い・残暑見舞いは、暑さの厳しい夏に送る挨拶状です。相手の体調を気遣うだけでなく、自身の近況を報告する意味合いもあります。

これら2つの大きな違いは、出すのがよいとされている時期です。

  • 暑中見舞い:梅雨明け(7月)~暑さのピークとされる8月上旬(立秋)
  • 残暑見舞い:立秋以降~8月中


暑中見舞い・残暑見舞いはどちらか片方で問題ないため、取引先の繁忙期や暑さの特に厳しい時期に合わせて選択するのがいいでしょう。

暑中見舞い・残暑見舞いの注意点

ここで、暑中見舞い・残暑見舞いを書く上で押さえておきたいポイントをご紹介します。

暑中見舞い・残暑見舞いのニュアンス

夏ということもあり、暑中見舞い・残暑見舞いに爽やかなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、あくまで暑中見舞い・残暑見舞いは「暑い時期に相手を気遣う」挨拶状です。

そのため書く際は、取引先を心配したり気遣ったりする一言を忘れないようにしましょう。

暑中見舞い・残暑見舞いはメールでもOK

メールで暑中見舞い・残暑見舞いを送るのは失礼ではないか?と感じる方もいらっしゃいますが、礼儀をわきまえた内容であれば問題ありません

今は暑中見舞い・残暑見舞い用のハガキ風テンプレートなども開発されています。そういったサービスも活用しながら、会社に合った方法で暑中見舞い・残暑見舞いを送りましょう。

暑中見舞い・残暑見舞いをいただいた場合

暑中見舞い・残暑見舞いをいただいた場合は、必ずお返しのメールをしましょう。

返信したい数にもよりますが、手紙でもらった場合は手紙など取引先と合わせた形を取るのもおすすめです。

暑中見舞いやお中元でお品物をいただいた場合は、その返礼品も用意しましょう。

後ほど返信文例についても解説しますので、そちらも合わせてチェックしてみてください。

残暑見舞いはいつまでに書けばいい?

一般的に、残暑見舞いを送っていいのは9/6頃(処暑の候)までとされているため、これ以降は普通の手紙として送ってください。

この場合、時候の挨拶を「秋冷の候」など季節に合わせたものにして、見舞いのお礼と遅れてしまった理由・お詫びを伝えましょう。

しかし、ビジネスの場合挨拶状の遅れが信頼問題に繋がる可能性もあるため、まずは遅れないよう準備をしっかり進めることが大切です。

送り先の方が喪中の場合送って大丈夫?

暑中見舞い・残暑見舞いそのものは送って大丈夫です。しかし、四十九日以降、簡素なデザインの暑中見舞い・残暑見舞いを送るなどの配慮をしましょう。

暑中見舞いの基本構成

ここからは、暑中見舞い・残暑見舞いの具体的な書き方についてご紹介します。まず、暑中見舞い・残暑見舞いの基本構成は以下の通りです。

1. 書き出しの挨拶

2. 取引先の安否確認

3. 自社の近況報告

4. 結びの挨拶


ちなみに、暑中見舞い・残暑見舞いのタイトルは「暑中見舞いor残暑お見舞い申し上げます」、締めは「○○年 盛夏or晩夏」になります。

ハガキやメールテンプレートの場合印字されていることも多いですが、念のため押さえておきましょう。

それぞれの内容や注意点について確認していきましょう!

1. 書き出しの挨拶

書き出しは「簡単な挨拶+取引先を気遣う言葉」の形が基本的です。

「立秋を過ぎましても~~」など、時期に言及する際は暑中見舞い・残暑見舞いの時期とずれないように気をつけましょう。

また、日頃の感謝を伝えたいこの書き出しの前に、日頃の感謝を述べる形も

フレーズ例

  • 厳しい暑さが続いております
  • 晩夏の候
  • 立秋を過ぎましてもなお暑さが続いております
  • 炎暑ことのほか厳しい中
  • 連日の酷暑でございますが

 

2. 取引先の安否確認

書き出しの言葉と繋げて、もしくは書き出しの1文の後に「取引先を気遣う言葉」を挿入しましょう。自社の報告より、先に安否確認を行うのがポイントです。

フレーズ例

  • お変わりなくお過ごしでしょうか
  • いかがお過ごしでしょうか
  • ○○様におかれましてはますますご健勝のことと存じます
  • ○○様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます

 

3. 自社の近況報告

相手を気遣う文章の後は、会社・もしくは個人の近況報告になります。会社の業績やセール情報など、自社について伝えたいことを記載しましょう。

暑中見舞い・残暑見舞いで1番個性の出る部分ですから、内容もなるべく前向きなものを選ぶことが大切です。

取引先からお品物をいただいている場合、先にお礼を書いてから近況報告をしましょう。

フレーズ例

  • さて、このたびは結構なお品物をご恵贈賜り誠にありがとうございます
  • 当社では、以下の期間を夏季休業とさせていただいておりましたが~~
  • 先日、○○地域にて新商品の販売が開始されました
  • 弊社事務所が下記へ移転することになりました
  • お陰様で当社の業績も順調でございます
  • ~~~のため、社員一同心より感謝申し上げます

 

4. 結びの挨拶

近況を報告したら、結びの挨拶を書いていきます。暑中見舞い・残暑見舞いの後も暑い時期はしばらく続くため、ここでも気遣う一言を忘れずに挿入しましょう。

フレーズ例

  • 今後とも、なお一層ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます
  • くれぐれもご自愛くださいませ
  • 体調にはお気をつけてお過ごしくださいませ
  • さらなる飛躍を心よりお祈り申し上げます
  • 季節の変わり目、~~~~

 

暑中見舞いの文例

暑中見舞い・残暑見舞いにおける基本構成は掴めたでしょうか。ここからは、上記の基本構成を踏まえて暑中見舞い・残暑見舞いの文例を見ていきます。

前述した通り、タイトルは「暑中見舞い申し上げます」、締めは「○○年 盛夏」になります。

【一般・同僚向け】暑中見舞い文例.1

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?

こちらは例年より暑く、夏バテ気味ではありますが元気に過ごしています。

お互い仕事が落ち着いたら、また遊びに行きましょう!○○様(さん)とまた会えるのを楽しみにしています。

時節柄、体調にはお気をつけください。

 

【一般・同僚向け】暑中見舞い文例. 2

厳しい暑さの毎日ですが、変わりなくお過ごしでしょうか?

当部署も無事お仕事がひと段落つき、暑さを凌ぎながら楽しく過ごしております。

○○様(さん)には、日頃よりお仕事でもプライベートでも大変お世話になっております。私も○○様(さん)のお力になりたく考えておりますので、お困りの際はぜひお声かけください。

まだまだ酷暑が続きますため、くれぐれもご自愛くださいませ。今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

 

【上司向け】暑中見舞い文例. 1

盛夏の候、○○様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

この度は、夏季休暇をいただきまして誠にありがとうございます。おかげさまで、家族共々元気に過ごしております。

休暇が明けましたら、より○○様のお力になれますよう仕事に励む所存です。今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。

暑さ厳しき折、どうかお体に気をつけてお過ごしください。

 

【上司向け】暑中見舞い文例. 2

近年稀に見る酷暑でございますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

さて、先日は○企画へ大変なご助言、ご助力をいただき誠にありがとうございました。おかげさまでプロジェクトも無事成功し、羽を伸ばすことができております。

今後も一層、○○様のご期待に沿えますよう尽力する所存でございますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

時節柄、ご自愛専一にお過ごしくださいませ。

 

【取引先・顧客向け】暑中見舞い文例. 1

炎暑ことのほか厳しい中、いかがお過ごしでしょうか。

○○様におかれましては、日頃よりご支援ご厚情を賜り誠にありがとうございます。

私どももより質の高いサービスをご提供できますよう、一層精進してまいります。今後ともご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

酷暑の折、くれぐれも皆様ご自愛くださいませ。

 

【取引先・顧客向け】暑中見舞い文例. 2

平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

盛夏の候、貴社におかれましてはいよいよご盛栄のこととお喜び申し上げます。

さて、弊社では8月〇日(〇)から8月〇日(〇)までの期間を夏季休業とさせていただきます。

休業期間は何かとご不便をおかけしますが、ご了承のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

時節柄、なお一層のご自愛を心よりお祈り申し上げます。

 

残暑見舞いの文例

続いては、残暑見舞いの文例をまとめました!言い回しやボリューム感などを含めて、ぜひ参考にしてみてくださいね。

残暑見舞いのタイトルは「残暑見舞い申し上げます」、締めは「○○年 晩夏」になります。

【一般・同僚向け】残暑見舞い文例. 1

立秋とはいえ気温の高い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

こちらは夏季休業中、ゆっくり羽を伸ばすことができました。○○様(さん)もリフレッシュできていたら、嬉しく思います。

季節の変わり目、体調にはお気をつけください。

 

【一般・同僚向け】残暑見舞い文例. 2

まだまだ暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

こちらは家族全員、今年の夏も元気に過ごせています。ちょうど先日、家族旅行にも行ってきました。

そこでおいしい和菓子を見つけまして、○○様(さん)にもぜひ…と思ったため一緒に送ります。

また、お互い落ち着いた頃にお電話できたら嬉しく思います。

暑い日は続きますから、体を大切にしてくださいね。

 

【上司向け】残暑見舞い文例. 1

残暑の候、ご家族の皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。

平素は何かとお世話になり、誠にありがとうございます。おかげさまで、悩みや不安も少なく仕事を進めることができております。

今後もより一層○○様のために尽力させていただく所存です。ご指導ご鞭撻のほど、お願い申し上げます。

まだまだ暑い日が続きますため、何卒ご自愛くださいませ。

 

【上司向け】残暑見舞い文例. 2

立秋の折、○○様におかれましてはますますご清祥のことと存じます。

この度は、休暇の日数についてご配慮いただきまして誠にありがとうございます。おかげさまで、家族とゆっくりリフレッシュすることができました。

まだまだ暑さの収まる気配はございませんため、○○様とご家族の皆様のご健康をお祈り申し上げます。

 

【取引先・顧客向け】残暑見舞い文例. 1

暦の上では早くも立春を過ぎましたが、まだまだ暑い日が続いております。

○○様におかれましては、日頃より格別のお引き立てにあずかり誠にありがとうございます。

今後も全店舗スタッフ一同、暑さに負けず元気に皆様のお越しをお待ちしております。

時節柄、くれぐれもご自愛くださいませ。今後ともご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

【取引先・顧客向け】残暑見舞い文例. 2

朝晩の風は涼しくなって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

季節の変わり目、くれぐれもお体を大切になさいますようお祈りいたします。

貴社のますますのご発展と、社員ご一同様のご健勝をお祈り申し上げます。

 

暑中見舞い・残暑見舞いへの返信文例

暑中見舞いや残暑見舞いをいただいた場合、その返信を行うようにしましょう。ここでは、暑中見舞い・残暑見舞いを書くポイントと返信文例をご紹介します。

暑中見舞い・残暑見舞いの返信はどう書く?

まずは、暑中見舞い・残暑見舞いの返信をどう書いたらいいかについて見ていきましょう。

返信文の基本構成とマナー

返信文の基本構成は、暑中見舞い・残暑見舞いと同様に、タイトルは「暑中見舞い申し上げます」or「残暑見舞い申し上げます」書き出しの挨拶→取引先の安否確認→自社の近況報告→結びの挨拶になります。締めも同じです。

しかし、書き出しの挨拶を「暑中見舞い・残暑見舞いへのお礼」へ変更しましょう!相手の近況報告に触れた一言などを添えると、さらに印象のいい返信文になります。

【一般・同僚向け】暑中見舞い・残暑見舞いの返信文例

先日は心のこもった残暑お見舞いをいただきまして、ありがとうございました

旅行の素敵な写真も拝見しました。私も先日お出かけに行きましたので、その際の写真を同封しますね。

寒暖差の激しい季節ですから、くれぐれも体調には気をつけてお過ごしください。

 

【上司向け】暑中見舞い・残暑見舞いの返信文例

お忙しい中素敵なお見舞状をいただき、誠にありがとうございます。充実した休暇を過ごされたとのことで、大変喜ばしく思います。

おかげさまで、私も体調を崩すこともなくリフレッシュすることができました。

休暇が明けましたら、より一層お仕事に励む所存でございます。ご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申します。

暑い日はまだまだ続きますが、くれぐれもご自愛くださいませ。

 

【取引先・顧客向け】暑中見舞い・残暑見舞いの返信文例

この度はお忙しい中お見舞状をいただき、大変恐縮にしております。貴社にはお健やかにお過ごしとのこと、何よりとお喜び申し上げます。

おかげさまで弊社一同、暑さに負けず過ごしております。今後ともご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

季節の変わり目、皆さまのご健康をお祈り申し上げます。

 

暑中見舞いや残暑見舞いに使えるフレーズ一覧

暑中見舞い・残暑見舞いの書き方や文例などについて見ていきました。

最後は、より手軽に個性の光る暑中見舞い・残暑見舞いを書くためにおすすめのフレーズを紹介していきます!

いつもより少しおしゃれな暑中見舞い・残暑見舞いを書きたいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

季語

  • 暑中見舞い:向日葵、茄子、浴衣、金魚、氷水、絵団扇、花火など
  • 残暑見舞い:朝顔、夕顔、終戦日、秋の蝉、晩夏、秋近し、土用波など


これらの言葉は、暑中見舞い・残暑見舞いに使えるキーワードになります。話題の中で使っても構いませんし、ハガキの場合イラストなどで入れ込むのもおしゃれですよ。

俳句

  • 風鈴に 物縫ふ瞳 移しけり(枴童)
  • 此あたり 目に見ゆるもの みなすゞし(芭蕉)
  • 大蟻の たゝみをありく 暑さかな(士朗)
  • 夕立が 洗つていつた 茄子をもぐ(山頭火)
  • ひだるさを うなずきあひいぬ 百合の(支考)
  • 老が身の 着かへえて白き 浴衣かな(鬼城)
  • おもはずの 人に逢ひけり 夕涼み(如風)


俳句はフレーズが長くなるぶん、挿入のポイントに悩むかもしれません。

おすすめの挿入場所は近況報告の後!上記の太文字や太文字のジャンルに関する話題を出した後、俳句を挟むことで風情を楽しむことができますよ。

その他

上で紹介した季語・俳句は使いこなせないかも…という方は、まず基本構成で紹介したフレーズで形を整えましょう。その上で、以下のような言葉を取り入れてみてください。

  • 本格的な夏の到来ですね
  • 秋の到来が待ち遠しいですね
  • 日傘の手放せない時期
  • 寝苦しい夜
  • 日陰ばかりを探して歩いてしまいます


まずは季節への言及です。誰でも取り入れやすく、次の話へ進む前のクッションとしても活用できます。加えて、

  • 庭に植えた○○も~~でした
  • 八百屋さんで○○を見かけるようになりました。秋の訪れを感じます
  • 娘は~~な様子でした
  • ○○様にお力添えいただきましたおかげで、~~~
  • 以前○○様のおっしゃっていました~~~


上記のように自分、もしくは自分と相手の関係性でしか出てこない話題を挿入することで、よりオリジナル性の高い暑中見舞い・残暑見舞いになります。

とはいえ、話が脱線してしまってはかえって伝えたいことが伝わりにくくなってしまいます。あくまで基本構成を守りつつ、比喩や例などを挟み込むのがポイントです。

まとめ

暑中見舞い・残暑見舞いを書くポイントや書き方、文章例などについて解説しました。

社会人にとって、季節の挨拶状は大切なコミュニケーションツールの1つです。

ぜひ暑中見舞い・残暑見舞いを活用して、取引先や同僚、上司などに日頃の思いを伝えてみてください。

画像出典元:o-dan

最新の記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ