オフィスステーション マイナンバー

記事更新日: 2022/08/23

執筆: 編集部

編集部コメント

毎月のコストを抑えてマイナンバーを徹底管理できるツール

「オフィスステーション マイナンバー」は、厳重なセキュリティのもとで従業員のマイナンバーを管理できるツールです。

サイト改ざん防止システムの導入や通信データの暗号化など、金融機関並みのセキュリティを誇ります。

月額費用も規定の人数幅であれば一定のため、毎月のコストを気にせず企業規模に合わせて導入できるのが魅力です。

ただし、導入時には登録料が必要となっています。

事前にシステムチェックや疑問点の解消をしておき、導入後に「イメージと違う」とならないように気をつけましょう。

マイナンバー管理システムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

マイナンバー管理システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする5サービスの資料をダウンロードできます。

オフィスステーション マイナンバーだけ知りたい方はこちら

オフィスステーション マイナンバーの資料を請求
良い点

金融機関並みの強固なセキュリティシステムを誇る点に加え、「従業員1人あたり」では料金が変動しないため、大規模企業でも毎月のコストを抑えて利用できます。

悪い点

初期費用として登録料11万円が必要なため、資金面に余裕が無い企業の場合、導入を躊躇するかもしれません。

費用対効果:

登録時に費用は必要ですが、競合製品とは異なり「従業員1人あたりの従量制」ではないため、長期的にコストを軽減して運用できます。

UIと操作性:

基本的にひとつの画面のみで、マイナンバー取り出し・削除・追加・CSV出力を実行でき、ボタン名も明快でわかりやすいです。

セキュリティ:

通信データとサーバー本体を暗号化した上でWAF多重ファイアウォールも設置しており、セキュリティ体制が金融機関並みに強固で安心です。

 オフィスステーションマイナンバーの導入メリット4つ

1. 毎月のコストを軽減して管理できる

マイナンバー管理システムは数多くありますが、ほとんどの料金体系は「従業員1人あたり◯◯円」と設定されています。

従業員数が少ない企業であれば良いですが、企業規模が大きくなるほどコスト負担も膨らんでしまいます。

オフィスステーションマイナンバーの場合、料金は「規定の従業員数の幅内」であれば、一定額しか発生しません

発生する費用も毎月数千円程度なので、マイナンバー管理システムを初めて導入したい企業にピッタリです。

使いやすい料金体系

2. 社労士・税理士との共有システムによる一元化

オフィスステーションマイナンバーは、社内管理に加え、外部の社労士や税理士とも同じシステムを利用することが可能です。

同じシステムを活用するため、社労士や税理士とのやりとりにかかる負担を軽減できます。

システムが同じであるため、「分散管理をしていて一方から情報漏洩してしまう」というリスクもありません

外部関係者とのシステムも一元化可能

3. 問い合わせ対応の良さが非常に好評

オフィスステーションマイナンバーでは、困った際にサポートデスクへの連絡が可能です。

他社でもサポートデスクを導入しているところはありますが、繋がらなかったり対応を待たされたりすることも少なくありません。

オフィスステーションマイナンバーのサポートデスクは、導入企業から「問い合わせ対応が非常に良い」と評価されています

そのため、導入後も安心して利用できることが大きな魅力です。

導入事例でもサポートデスクの対応の良さが高評価

4. セキュリティ体制が非常に強固

万が一マイナンバー情報が漏洩した場合、企業には罰則が課されるため、管理システムのセキュリティ体制は最も気になる部分です。

オフィスステーションマイナンバーでは、以下「金融機関並み」のセキュリティシステムを導入しています

・WAF多重ファイアウォール設置

・二重認証

・通信データとサーバー本体を暗号化

・ISO/IEC27001・ISO/IEC27018取得

万が一にも漏洩させるわけにはいかないため、強固すぎるとも言えるオフィスステーションマイナンバーのシステムは心強いです。

圧倒的に強固なセキュリティシステムを導入

資料請求リストに追加する

 

 オフィスステーションマイナンバーのデメリット2つ

1. 初回の登録料が高い

オフィスステーションマイナンバーは、導入時に初期費用として11万円(税込)の登録料支払いが必要です。

他社のマイナンバー管理製品を見ると、ほとんどが「初期費用0円」を謳っています。

確かに製品への評判は良いです。

とはいえ、使用感を完璧に把握しているわけではない製品に11万円を支払うことに、抵抗を感じる企業があるかもしれません。

2. オフィスステーション関連製品とのID・パスワードがバラバラ

オフィスステーションシステムはシリーズ化されており、以下が用意されています。

・年末調整

・有給管理

・労務

・給与明細

・Pro

自社が管理したい部分に合わせてカスタマイズできるのは魅力的です。

ただし、各システムのログインIDとパスワードはすべてバラバラです。

セキュリティ上、やむを得ない部分もありますが、シリーズを一貫して利用するユーザーにとっては不便さを感じるかもしれません。

 オフィスステーションマイナンバーの料金プラン

オフィスステーションマイナンバーの料金プランは、利用する従業員数によって変動します。

クラウド上で運用しているため、様式変更や法令改正などに伴うバージョンアップが生じた場合も、特別な更新費用等は不要です。

月額利用料は、従業員1人あたりではなく「各従業員数の範囲内」であれば、表中の料金しか発生しません。

例えば、50名も90名も、月額利用料は全体で「3,300円のみ」ということです。

人数によって料金が大きく変動しないため、自社への負担を最小限にできます。

従業員数 〜100名 101〜200名 201〜300名 301名〜
登録料(税込) 11万円 11万円 11万円 11万円
月額利用料
(税込)
3,300円 4,400円 5,500円 1,100円/100名

 

 競合製品との料金比較

オフィスステーションマイナンバーでは、初回に高い登録料が発生します。

この点は他の製品と比較しても懸念事項です。

しかし月額利用料は、従業員1人あたりの従量制でないため、長期的に見ると負担を軽減しつつ運用できます。

  オフィスステーション
マイナンバー
MFクラウド
マイナンバー
ジョブカン労務HR
初期費用(税込) 11万円 0円 0円
月額費用(税込) 3,300円〜 3,278円〜 2,200円〜


資料請求リストに追加する

 

 オフィスステーションマイナンバーの評判・口コミ

いつお問い合わせをしても確実に回答してくれるので安心
株式会社にんべん

システム導入した後のサポートデスク(コールセンター)はつながらないものだと思い込んでいたのですが、すぐつながるし、必ずつながるのが助かっています。早く処理したい業務をすぐに解決したいと思い連絡させてもらうのですが、それを即座に解決してくれるのがとてもうれしいです。仕事がたまるのは気分的にあまり良い気持ちではないので…。(笑)

クラウド型の利点を活かして業務効率アップ!
社会福祉法人茨木厚生会

事務所が複数あるので、どの事務所でも作業できるのが良いですね。手続きをするにも従業員の住所や雇用保険番号など記憶してないので、手続きのために保管先の事務所まで戻ってくるのも面倒でした。かといって従業員の個人情報の持ち歩きは慎重になりますし、複数人だと荷物も大変だったのが、「オフィスステーション」に従業員情報を登録しておけばどこにいても手続きを進められるので、業務効率もあがりました。

*「オフィスステーションマイナンバー」公式HP参照

 オフィスステーションマイナンバーを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

 多くの従業員を抱える大企業

オフィスステーションマイナンバーでは、強固なセキュリティシステムを手軽な費用で導入できます

そのため、多くのマイナンバーを管理する必要がある大企業にオススメです。

特に大企業は世間の認知度も高いため、万が一情報漏洩が発生すると一般的な企業よりも注目されやすいです。

報道等によって信頼を失う可能性もあります。

高いセキュリティシステムを誇るオフィスステーションマイナンバーを導入することで、信頼を失うリスクを低コストで防げるのは魅力的です。

 長年紙ベースで従業員の情報を管理してきた企業

オフィスステーションマイナンバーは、直感的な画面で手軽にマイナンバーを管理できます。

サポートデスクの繋がりやすさも好評なため、疑問を解消しながら利用できるのが魅力です。

そのため、長年紙ベースでの管理に慣れてしまいITに抵抗を持つ企業でも、安心して導入できるのでオススメです。

資料請求リストに追加する

 

向いていない企業

 資金面にあまり余裕が無い企業

オフィスステーションマイナンバーは、導入時に11万円の登録料が必要です。

そのため、あまり資金面に余裕がない企業では導入をためらうかもしれません。

無料トライアルもあるとはいえ、初めて利用する製品に対して11万円を支払うのは抵抗を感じる企業も多いでしょう。

 

 まとめ

「オフィスステーションマイナンバー」は、直感的に操作できる画面上でマイナンバーを手軽に管理できるツールです。

高いセキュリティシステムを誇っているため、個人情報を抱える企業ならどこでもオススメです。

毎月のコストが大きく変動せず、サポートセンター対応も上々なため、これからマイナンバー管理システムの導入を検討している企業はぜひ検討しましょう。

資料請求リストに追加する

 

画像出典元:「オフィスステーションマイナンバー」公式HP

 

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

マイナンバー管理システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

比較検討におすすめのお役立ち資料
マイナンバー管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ