BeingProject-CCPM

記事更新日: 2020/12/03

執筆: 編集部

編集部コメント

「BeingProject-CCPM」は、 残日数を色分け表示する日数管理機能や他システムとの連携機能で、工期を管理する手間や負担を大きく削減してくれます。アクシデントが起こることを前提に開発されたシステムなので、工期の管理がうまくいかない、工期が遅れがちだ、などと悩んでいる企業におすすめです。

1. 日数管理機能

残日数ごとに色分けで表示

2. 積算データ連携

データをボタン1つで読み込み、工程表を作成

3. 情報共有システム連携機能

工程表を関係者間で柔軟に共有できる

良い点

工期の残日数や、進捗状況をわかりやすく表示してくれるので、一目で工期の進みや遅れを確認できます。

悪い点

積算システムや情報共有システムとの連携は、同社の『Gaia』シリーズや『BeingCollaboration』シリーズとの連携となっています。

費用対効果:

UIと操作性:

進捗状況の見える化や、工程表も全体を見渡せるよう分かりやすく表示していることで、手間や負担をかけずに使えます。

社外連携:

積算システムや情報共有システムと連携ができて、関係者間で工程表を柔軟に共有することも可能です。

サポート体制:

リモートサポートサービスも用意されていて、電話やメールでは説明が難しいことも遠隔操作でわかりやすく説明してもらえます。

BeingProject-CCPMの特徴3つ

1. 独自の手法で工期を短縮

1つ目の特徴は、「全体最適の視点から開発した手法で無理なく工期の短縮を実現できる」ことです。

BeingProject-CCPMでは、工期を「財務」「顧客」「業務プロセス」「経営理念」「社会貢献」「「成長と育成」の6つの視点で考え、プランナーが工程表を作成します。

システムには読み合わせ機能などが備わっていて、人だけでなくシステムからも内容を検証し、無理なく実行できる工期を実現するための万全な体制が整えられています。


工期の全体を見渡せる作成・チェック体制
 

2. 進捗を可視化しわかりやすく表示

2つ目の特徴は、「工事の進捗を見える化し、一目でわかるように表示」していることです。

BeingProject-CCPMにはバッファマネジメント機能があり、天気やアクシデントなどの工程に関わる不確実性を考慮し、各作業から必要な日数と安全余裕日を分けて配置するようになっています。

また、進捗管理は率(%)ではなく、日数で管理しています。

どちらも進捗状況に合わせて色分けで表示されるようになっていて、担当者の方は一目でぱっと見ただけで、現在の状況が把握できます。


進捗状況を一目でわかるよう可視化して表示
 

3. 他システムとの連携で効率化アップ

3つ目の特徴は、「積算システムや情報共有システムとの連携で作業の効率化が図れる」ことです。

積算システムとの連携では、積算データをボタン1つで読み込み、工程表を簡単に作成・変更できるようになっています。

工程表作成の際も、連携できることで日当り施工量の確認もできます。

情報共有システムとの連携では、工程表を関係者間で柔軟に共有できるようになります。

作業にかかる手間や負担が軽減できるので担当者の大きな助けとなりますし、関係者とのやりとりがスムーズにできることで関係構築も期待できます。


工程表作成手間の削減やコミュニケーションの活性化を実現

 

BeingProject-CCPMの料金プラン

詳細はお問い合わせをする必要があります。

BeingProject-CCPMの評判・口コミ

 
 

国土交通省のNETISに登録された実績があり(2007年にNETIS、2011年にNETIS-V)、工期短縮やコストカットを実現できると評価されていると言えるのではないでしょうか。

*「BeingProject-CCPM」公式HP参照

まとめ

今回は、「BeingpProject-CCPM」の評判や特徴、料金について紹介しました。

BeingProject-CCPMは、工期を全体最適の視点で管理しているのが特徴で、常に全体を見渡し、傾向グラフ機能では未来の危険性なども推測できるようになっています。

また、不慮の事故や、人員の欠員などのイレギュラーな事態が起こっても迅速な対応ができるので、トラブル対策の大きな手助けにもなってくれます。

工程表だけでは管理しきれない部分を見える化し、システムからも検証することによって、漏れなく無理のない工程管理が実現できます。

画像出典元:「BeingProject-CCPM」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ