鉄人くん

記事更新日: 2020/11/25

執筆: 編集部

編集部コメント

製造業専門のクラウド型生産・販売管理システムです。これまで紙ベースで行っていた工程管理や作業指示が図面とともに一画面で把握できます。受注時にまとめて入力することで、進捗や納期の確認も即座に行えるため、見落としや納期の遅れも防げます。受注管理や納期に合わせた指示や工程の管理をスムーズに行いたいと考えている製造業管理にはおすすめです。

1. 工程管理

図面とともに工程、進捗、納期が一画面で管理可能

2. 受注一覧

受注を一覧として表示可能

3. 検索機能

キーワードで過去の受注を即座に検索

良い点

紙ベースでの管理では行き届かなかった細かな指示も、受注時に行う工程入力により一目で把握可能になるため、作業効率が上がります。

悪い点

他のシステムからのデータ異動はCSVファイルを利用するなど、システム連携はしていません。

費用対効果:

工程管理だけでなく納期管理・図面管理など充実した機能が月額30,000円~利用可能です。

UIと操作性:

PCをはじめ、スマホ、タブレットも利用できるため、外出先でも確認可能です。

サポート体制:

24時間365日システムの保守やメンテナンスに対応しています。

セキュリティ:

SSLにより通信が暗号化されているため、盗聴や改ざんの危険性が低いです。

鉄人くんの特徴3つ

1. 作業指示や工程状況の把握が簡単

鉄人くんを利用した工程管理では、負担軽減の一つとして、入力が簡単に行えるということが挙げられます。工程を図面への手書きから画面での入力に変えるだけで、効率がぐっと上がります。

作業をスムーズに行うためには、的確なタイミングでの詳細な指示が必要です。

その点、鉄人くんでは、すべての工程が画面で一目で理解できるようになっており、そこに作業指示も表示されるため、流れをとめることなく作業を行うことが可能になります。

画面では工程の完了、未完了などの完了区分や納期も表示されるため、管理者が進捗を把握するのも簡単です。


工程状況が一目で把握可能

2. 受注管理が簡単に行えます

工程を入力するための図面や納期の入力についても鉄人くんなら簡単に行えます。シンプルな入力画面に表示される項目に従って一度入力すれば終了です。

受注があった場合、その内容を入力します。それまでの紙ベースとは異なり、項目も統一され、必要書類の一括チェックもあり、漏れやミスも防げる仕様になっています。

受注ごとに入力していった記録は受注管理画面で一覧として確認可能です。この画面では、受注日はもちろん、納期順、更新日順での並び替えもできます。納期日を正確に把握できることは進捗管理にも大いに役立ちます。

また、この画面では、見たい工程にマウスをあてるだけで、図面や工程が表示されるため、納期に向けての進捗や今後の計画策定に利用できます。


受注一覧も工程管理に役立ちます

3. 検索機能

鉄人くんには検索機能も搭載されています。紙ベースではできなかった過去の受注が簡単に検索できる機能は、工程管理にも役立ちます。

鉄人くんでは過去の受注情報が、キーワードやさまざまな条件で検索できます。得意先ごと、納期ごとなどで検索を行うことで、時間をかけずに見たい情報を即座に集められます。

過去の受注や図面が簡単に手に入ることにより、同じような受注についての工程管理が簡単にすすめられるというメリットが得られます。これも鉄人くんでデータを一括管理することの大きな特徴といえます。


さまざまな条件での検索が可能です

 

鉄人くんの料金プラン

月額30,000円~です。

料金の詳細についてはお問い合わせをする必要があります。

鉄人くんの評判・口コミ

効率アップで時間外労働がなくなりました
株式会社ウマテツ機工

導入前は、社員の状況は電話での確認が必要で、管理や指示に時間がかかっていました。鉄人くんを導入してからは、画面をみれば製品の状況が把握できるため、管理や指示出しがずっと楽になり、自分の仕事ができるようになったため、時間外労働がほとんどなくなりました。

いつでも数字を把握でき、分析もしやすい
有限会社サカノ

鉄人くんは、一つの画面で全ての納期が確認でき、しかもスマホで簡単にチェックできます。製品管理だけでなく、請求書や納品書など会計も一括管理できるのは、引継ぎに関しても大きなメリットといえます。

*「鉄人くん」公式HP参照

まとめ

この記事では鉄人くんの特徴・評判・料金を解説しました。

紙ベースでの受注、生産管理に限界を感じている製造業管理者にはおすすめのシステムです。それは受注はもちろんのこと、工程や指示に関しても一括管理できる、というのが鉄人くんの大きな特徴だからです。

図面と共に画面に指示や納期が入力できるため、各自が作業内容や優先順位を考えながら進めることが可能になります。一目で工程が把握できる状況は、現場の作業員だけでなく、得意先との対応を行う営業でも大きなメリットといえるでしょう。

比較的小規模の製造業におすすめです。現場の作業だけでなく、得意先との対応についても効率アップが期待できることでしょう。

画像出典元:「鉄人くん」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ