オーダーエントリーシステムとは?導入のメリットを解説

オーダーエントリーシステムとは?導入のメリットを解説

記事更新日: 2019/10/29

執筆: 編集部

人手不足の解消や作業の効率化は、飲食業界でも取組まなければならない課題です。それらの課題をクリアし顧客満足度を高めるツールとし導入されているのが「オーダーエントリーシステム」(OES)です。

この記事ではオーダーエントリーシステムとは何か、オーダーエントリーシステム導入のメリット、オーダーエントリーシステムの種類、導入方法、おすすめのオーダーエントリーシステムを紹介します。

導入を検討されている方はぜひ参考にしてください。

オーダーエントリシステムとは何か?

オーダーエントリーシステム(Order Entry System :略してOESとも呼ばれる)は、主に飲食店で採用されていた手書き伝票による注文、キッチンへのオーダー通しを、デジタル化したシステムです。

ファミレスや居酒屋などでは店員さんがハンディターミナルなどの専用端末で注文を取りにきます。

注文内容は無線でキッチンに送信され、キッチンのプリンターで印刷できます。

オーダーエントリーシステムでは、それらの注文情報を、会計処理、売上報管理、在庫管理などのPOSシステムと連携させることで、業務の効率化を図ることができるようになっています。

手書き伝票で起こるミスを避けられる

オーダーエントリーシステムを導入すれば、手書き伝票による以下のミスを避けることができます。

  • 伝票の書き間違い、読み間違いによるオーダーミスやロス
  • ホールからキッチンに注文内容をと届けに行くので作業効率が悪くなる
  • 会計時には伝票を見てレジ打ちをするので時間がかかる。打ち間違いもある

 

オーダーエントリーシステム導入のメリット

手書き伝票による様々な問題を回避できるオーダーエントリーシステムですが、導入することで店側はどんなメリットを獲得できるのか次に説明します。

1. 客回転率のアップ

オーダーエントリーシステムでは、ホールスタッフは注文を取った後、それを送信するだけで、すぐ次のお客様の注文を取る作業に移行できます。

キッチン側も、手書き伝票のときは、注文内容が分かりづらい場合、担当したスタッフに再度尋ねる必要がありました。

しかし、オーダーエントリーシステムではホールとキッチンの情報共有もスムーズに行なえます。

ランチタイムなどのピークでも効率的に接客、商品提供ができ客回転率がアップします。そうすれば売上アップにつながります。

2. ミスが防げる

オーダーエントリーシステム導入により手書き伝票のときに生じていた注文ミスが防げます。

キッチン側も品名・注文数・順番・テーブル番号などがすぐに把握できるので、調理ミスや誤配を防げます。

手書き伝票のときは、ホールスタッフはメニュー内の商品の名前をすべて覚えて、書く必要がありました。

オーダーエントリーシステムを導入すれば、商品の名前を覚えたり、書いたりする必要がないので、スタッフ教育にかける時間を減らせます。

また、日本語を書くのが難しい外国人労働者の雇用も可能になります。

3. 会計ミスの防止

POSレジと連動したオーダーエントリーシステムでは、伝票に記載されたバーコードを読み取って会計ができます。

またテーブル番号ごとに会計情報を記録し、会計時にテーブル番号を入力すれば会計情報を呼び出せるシステムもあります。

割り勘会計に対応した機能を備えているものもあります。

こうした機能を持つオーダーエントリーシステムを導入することで、手書き伝票を読んでレジを打ち込むことによるミスを防止できます。

さらにお会計が迅速にできるのでお客様を不必要に待たせることもありません。

オーダーエントリーシステムをPOSレジと連携させれば、レジの操作ログも記録できるので従業員の不正防止にもなります。

4. 管理業務の効率化

オーダーエントリーシステムでは、管理用のパソコンなどからテーブル状況の確認、注文状況、現在の売上合計、売上予想をリアルタイムで把握できます。

売上管理、販売実績の把握がすぐに行なうことができ、経営戦略を練るための参考資料となります。

オーダーエントリーシステムのタイプ

オーダーエントリーシステムは大きく3つのタイプに分かれます。

それぞれのタイプのメリット・デメリットを紹介します。

1. ハンディターミナル型

注文を取る時に専用のハンディターミナルを利用するタイプです。

大手レストランチェーンや居酒屋チェーンなどでよく見るタイプです。

メリット・デメリット

メリット

・操作性が優れている
ある程度教育を受ければ操作できる

・耐久性に優れている
レストランや居酒屋などで想定される過酷な使用環境でも耐えられる

・故障などのトラブルに対応しやすい
専用端末の故障などには予備の端末を常備しておくことで対応できる
レジ・キッチンプリンターなどの専用機器一式を保守契約すればメンテナンスなどのサポートも受けられる

デメリット

・導入コストがかかる
専用のハンディーターミナルだけでなく、レジやキッチンプリンターなどすべての専用機材で一本化されているので、導入にはコストがかかる
スマホやタブレットを使うシステムと比較すると導入コストは高くなる

 

2. スマートデバイス型

オーダーエントリーシステムとして導入する店舗が増えているのが、スマホやタブレットを利用したスマートデバイス型です。

オーダーエントリーシステムを提供しているメーカーのアプリをインストールすることで簡単に導入できます。

メリット・デメリット

メリット

・導入コストがかからない
ハンディターミナルのような専用端末を一式揃える必要がない

・汎用性が高い
専用アプリをインストールして運用するので、対応できる機種であればどのスマホやタブレットでも利用できる

・操作性に優れている
普段から使っているスマホやタブレットを専用端末にするので、スタッフも馴染みやすい

デメリット

・耐久性が不安
スマホ・タブレットを専用端末にするので、落下・水濡れなどで端末が使えなくなる可能性がある

 

3. テーブル据え置き型

お客様自信がテーブルに設置されたタブレットで注文を入力するタイプです。

スマホやタブレットを普段から使う人が増えているので、店舗スタイルに合わせて導入する企業や飲食店も増えてきています。

メリット・デメリット

メリット

・人件費の削減
お客様自身が注文するのでホールスタッフの人数を削減できる

・スタッフによる注文ミスがない

・独自のコンテンツが配信できる
店舗の最新情報・割引情報など独自のコンテンツをタブレット上に表示できる

デメリット

・メニューを分かりやすく表示するなど工夫が必要
文字だけでなく、効果的なイメージ写真などでお客様が注文しやすいように工夫する必要がある
提供するコンテンツの内容を更新する必要がある

・故障や破損への対処
たくさんのお客様がタブレット端末を扱うので、故障・破損する可能性がある
故障・紛失・盗難への対策が必要

 

オーダーエントリーシステム導入方法


コストを抑えて導入できるスマートデバイス型を例に、実際にオーダーエントリーシステムはどのように導入されるのか、どんな機器が必要なのかを図表で解説します。

オーダーエントリーシステムの導入方法の一例

スマートデバイス型のオーダーエントリーシステムの導入方法と必要機器は上記の表のようになります。

オーダーエントリーシステム導入に必要な機器

先ほどの表にあるオーダーエントリーシステム導入に必要な機器を説明します。

POSレジ

タブレット端末を利用したPOSレジシステムです。

iPadを会計専用の端末にできるのでレジスペースの縮小化、直感的な操作性が実現できます。

オーダーエントリー端末

オーダーエントリー端末としてスマホに専用アプリをインストールします。

オーダーエントリーシステムのアプリはわかりやすい画面設計なので、スタッフもすぐ操作に慣れることができます。

無線アクセスポイント

スマートデバイスが各プリンターやサーバーと通信するための中継器です。

レシートプリンター

お会計時にレシートを出力するプリンターで領収書の発行も行なえます。

キャッシュドロワ

自動開錠するキャッシュドロワでお金の受け渡しなどの会計業務もスマートに行なえます。

キッチンプリンター

ホールスタッフが端末で受けた注文を送信すればキッチンプリンターがそれをプリントアウトします。

機能によってはフード用・ドリンク用など出力先の変更も可能です。

管理用パソコン・タブレット

テーブル状況や注文状況の確認、配膳管理、現在の売上確認、メニューの編集などが行なえます。

クラウドシステムによりデータは管理されているのでネット環境さえあればタブレットやスマホで外出先からでもリアルタイムの情報を確認できます。

おすすめのオーダーエントリーシステム4選

最後におすすめのオーダーエントリーシステムを4つ紹介します。

1. Waiter


画像出典元:「Waiter」 公式HP
 

タブレット端末を利用した「スマレジ」のサービスを提供している株式会社スマレジのオーダーエントリーシステムが「Waiter」(ウェイター)です。

導入タイプ スマートデバイス型  
月額料金

スタンダードプラン
(1店舗のみの小規模店舗向きプラン)

0円
  フードビジネスプラン 10,000円(税抜)/1店舗
おすすめポイント

・POSレジサービス「スマレジ」との連携可能
・スマレジと連携すれば売上情報の分析もリアルタイムで可能
・オプションでテーブル据置型の「スマレジ・テーブルオーダー」の利用も可能
・30日間の無料トライアルあり

 

 

2. Orange Handy

画像出典元:「Orange Handy」公式HP

Orange HandyはiPad miniを専用端末としたオーダーエントリーシステムです。

端末をiPad miniにすることで従来のハンディターミナルを専用端末としたオーダーエントリーシステムより導入コストを半額以下で導入可能です。

導入タイプ スマートデバイス型  
月額料金

Orange Cloud One
(利用アプリ/1アプリ)

9,800円
 

Orange Cloud Standard
(利用アプリ/2アプリ)

要問合せ
 

Orange Cloud Standard
(利用アプリ/無制限)

要問合せ
おすすめポイント

・iPad miniを専用端末にすることで持ち運びに適した重さとサイズになっている
・画面が広く視認性が高いので注文ミスが防げる
・iPadを利用したPOSレジ「Orange POS]と連携させれば店舗の経営状況を集計し分析可能
・30日間の無料トライアルあり

 

 

3. Order 4U


画像出典元:「Order 4U」公式HP
 

ハンディ端末はiPhoneやiPadなどのiOS上で稼働するアプリを採用し、オーダーエントリーや会計業務などは、レスポンスに支障をきたさないために、Webアプリよりも動作が早いWindowsプラットフォーム上で稼働するネイティブアプリを採用しています。

導入タイプ スマートデバイス型  
月額料金

アプリ利用料金
(台数による追加課金なし)

8,000円
 

ヘルプデスク(オプション)

(24時間365日の電話サポート)

4000円
おすすめポイント

・POSレジやオーダーエントリーシステムがWindowsベースの専用端末
・クラウド型のサービスではないのでネット環境が安定していない状況でも業務の継続が可能

 

 

4. poscube

画像出典元:「poscube」公式HP

「poscube」はPOSとオーダーエントリーシステムがひとつになった唯一のオールインワンダブレットPOSシステムです。

導入タイプ スマートデバイス型  
月額料金 サポートプラン 5,980円(税別)
おすすめポイント

・iPod TouchもしくはiPad miniをハンディーターミナルとして利用可能
・お客様が自分で注文するセルフオーダーシステムに連携可能
メニューは多言語に対応できる
・火入れのタイミングを知らせるファイヤー機能、スタッフ練習用のトレーニングモードなど便利な機能をたくさん搭載
・顧客管理や予約管理システムとの連携、複数店舗を効果的に統制する本部連携も可能

 

 

導入のためのポイント

オーダーエントリーシステム導入のメリットとおすすめのオーダーエントリーシステムを4つ紹介しました。

ハンディーターミナル型よりも導入のための初期費用が安くすむので、スマートデバイス型の導入がおすすめです。

クラウドを活用したサービスを利用すれば、規模の小さい店舗でもすぐに導入でき、毎月のランニングコストも1万円程度で運用できます。

実際にオーダーエントリーシステムを導入する際には次の2点を考慮できます。

スタッフが使いやすいか

作業の効率化、それによる顧客満足度の向上につながるオーダーエントリーシステムですが、スタッフが使えなければその効果は期待できません。

スタッフが使いやすいと感じるような設計になっているオーダーエントリーシステムを選ぶことができます。

導入直後は、操作に迷うスタッフが出てくることが予想されるので、操作に長けた担当者やスタッフをつけるなどの対応策が必要でしょう。

管理業務や経営戦略の立案などに活かせるか

オーダーエントリーシステムをPOSシステムと連携させることで、販売情報や売上実績などの情報管理が可能になります。

「いつ」「誰が」「何を」オーダーしたかが把握できれば、メニュー開発など今後の経営戦略の立案にその情報を活用できます。

「何曜日」「何時」にピークが来るのかなどの情報もシフト管理に活かすことができます。

こうした管理業務や経営戦略の立案に活かせる機能を備えているかどうかも、オーダーエントリーシステムを選ぶ指針のひとつになります。

まとめ

オーダーエントリーシステムとは何か、導入のメリット、導入タイプ、導入方法などを解説しました。

オーダーエントリーシステムはスタッフの作業負担を軽くし、人的ミスを減らし、POSシステムと連携すれば管理業務も効率的に行なます。

人手不足の解消や作業の効率化などにつながる便利なツールです。

クラウドサービスやタブレット端末を利用したオーダーエントリーシステムを導入すれば、初期費用や毎月の運用コストを安く抑えることもできます。

この機会に自分の店のスタイルに合ったオーダーエントリーシステム導入を検討されるのはいかがでしょうか。

画像出典元:pixabay

最新の記事

ページトップへ