ファイブフォース分析とは?5つの要素の意味と目的をやさしく解説!

ファイブフォース分析とは?5つの要素の意味と目的をやさしく解説!

記事更新日: 2020/08/13

執筆: 編集部

ファイブフォース分析は、マーケティングにおける業界分析をおこなうためのフレームワークです。

では、ファイブフォース分析を行うことで、どのようなことを把握でき、マーケティング対策や判断ができるようになるのでしょうか?

ファイブフォース分析は 業界の収益性を把握することができ、経営戦略の立案や最終的な経営判断をすることができるようになります。

この記事では、ファイブフォース分析とは何か、 5つの要素の意味や目的を紹介します。

ファイブフォース分析とは 

ファイブフォース分析とは、以下の5つの要素から業界の収益性を分析するためのフレームワークです。 

  • 業界内の脅威
  • 新規参入の脅威 
  • 代替品の脅威 
  • 供給者の脅威 
  • 購入者の脅威 

この5つの要素を確認することで、業界を取り巻く状況やどのような脅威があるのかを分析することができます。 

ファイブフォース分析を行うことによって自社が参入する業界の収益性や脅威を把握することができるため、経営戦略を立てたり、新規参入すべきか、撤退すべきかといった経営判断をすることができるようになります。 

ファイブフォース分析の基本 

ファイブフォース分析の基本は以下の2点になります。 

  • 業界内の競争が激しくなれば収益性は低下する
  • 業界内の競争が寡占状態であれば収益は高くなる

ファイブフォース分析の5つの要素を確認することで、基本である「どのような状態であれば競争が激しくなり収益性が低くなるのか」、あるいは「競争が少なくなり収益性が高くなるのか」を確認することができます。

ファイブフォース分析をおこなうことで、収益性を高めるためには、5つの要素のどれを強化すれば良いのか、新規参入しやすいかどうか等、経営戦略をどう立てるかが分かるようになります。 

ファイブフォース分析における5つの要素 

それでは前述した、ファイブフォース分析における5つの要素がどういった内容なのか詳しく確認していきましょう。 

1. 業界内の脅威

業界内の競合相手との競争がどの程度なのかが、業界の収益性に影響を与えます。 

業界が寡占状態であれば競争は穏やかなものであり、新規参入しても収益が見込めると判断することができます。 

逆に、業界に参入している同程度の企業が多い状態ならば、競争は激しいものになるでしょう。業界内で生き残るには、価格競争や差別化といった競合相手に負けないための戦略が必要になります。

競争が激しいほど収益性は低くなるため、新規参入の断念や業界からの撤退も視野に入れることになります。 

2. 新規参入の脅威 

業界に新規参入する企業が多くなれば競争は激しくなるので、収益性に影響を与えます。 

参入障壁が低い業界では、新規参入が容易なので競合する企業が多くなり、競争が激しくなります。一時的にに業界の収益性が高くなったとしても、新規参入する企業が多くなれば収益性は低下することになります。 

業界への新規参入の脅威を低下するためには、業界への参入障壁を高くすることが重要です。知名度やブランド、独自の技術といった、新規参入する企業がマネできないような参入障壁を作り上げることで、新規参入の脅威が低下します。 

3. 代替品の脅威 

業界が提供する商品やサービスが、他の業界の商品やサービスで代替されることがあると業界の収益性に影響します。 

他の業界の商品やサービスが顧客のニーズを満たし、費用対効果が高いものであれば、業界の収益性は低下することになります。 

業界が提供する商品やサービスから他の商品やサービスに乗り換えるためのコスト、つまりスイッチングコストを高めることで、代替品の脅威を低くすることができます。価格や機能、デザインなどで差別化することも重要です。 

4. 供給者の脅威 

商品やサービスを作るために必要な部品や原材料を提供するサプライヤーとの関係は、業界の収益性に影響します。 

サプライヤーに独自の技術がある場合など寡占状態であれば、部品や原材料を仕入れる場合にサプライヤーが高い交渉力を持つことになります。サプライヤーが優位であれば業界が負担するコストが高くなってしまうため、収益性が低くなります。 

収益性を維持するためには、特定の供給者に依存しないことや独自の供給ルートの確立、商品・サービスの差別化、スイッチングコストの増加といった対策が必要です。  

5. 購入者の脅威 

商品やサービスを提供する相手との関係は、業界の収益性に影響を与えます。 

購入者が優位な立場である場合は、購入者から値段を下げるように要求されたり高い品質を維持することを要求されると、必要なコストの増加に繋がり業界の収益性は低下します。 

収益性を維持するためには、購入者に依存しないことや商品・サービスの差別化、スイッチングコストの増加といった対策が必要です。 

ファイブフォース分析の目的 

ファイブフォース分析を行う目的は、自社が参入する業界の収益性や脅威を把握し、経営戦略を立てたり、新規参入すべきか、撤退すべきかといった経営判断をすることができるようになることです。

  • 収益性を向上するための戦略立案
  • 参入すべきか撤退すべきかの判断を行う
  • 経営資源配分の最適化 

それぞれ詳しくみていきましょう。

1. 収益性を向上するための戦略立案 

ファイブフォース分析をおこなうことで、業界内における自社の優位性を把握することができるので、収益性を向上するために何をすべきかといった経営戦略を立案することが可能です。

新規参入や代替品といった将来に対する脅威を把握しておくことで、事前に対策を練るなど対応がしやすくなります。 

2. 参入すべきか撤退すべきかの判断を行う 

ファイブフォース分析をおこなうことで、 参入すべきか撤退すべきかの判断を行うことが可能になります。

このような経営判断を行うためには、現在の業界の競争状態や将来の可能性についてを分析し、新規参入時の収益性やこれからの収益性の変化を読み取ることが必要です。 

3. 経営資源配分の最適化 

ファイブフォース分析をおこなうことで、収益性を向上するための経営資源の再配分が可能になります。 

5つの要素のどこを強化すれば収益性が向上するのか、あるいは経営資源を投入しても効果が望めないのかなど、経営戦略を立案するためにはファイブフォース分析が必要です。  

まとめ 

ファイブフォース分析は、マーケティングにおける業界分析をおこなうためのフレームワークです。

業界の収益性を左右するのは、以下の5つの要素になります。 

  • 業界内の脅威 
  • 新規参入の脅威 
  • 代替品の脅威 
  • 供給者の脅威 
  • 購入者の脅威

ファイブフォース分析を行うことによって自社が参入する業界の収益性や脅威を把握することができるため、経営戦略を立てたり、新規参入すべきか、撤退すべきかといった経営判断をすることができるようになります。 

このファイブフォース分析を有効に活用し、適切なマーケティング対策を講じることができれば、競合との戦いを優位にすすめることもできるかもしれません。

画像出典元:o-dan、pixabay

最新の記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ