経営管理とは?目的や課題・向上させる方法とポイント

経営管理とは?目的や課題・向上させる方法とポイント

記事更新日: 2021/10/14

執筆: 編集部

企業を経営するために欠かせない経営管理ですが、なんとなく理解しているという方も多いのではないでしょうか。

経営管理とは企業が立てた目標を効率的に達成するために必要な調整を行う手法です。

各部門に必要な調整やコントロールなど、健全な経営を行うために経営管理の具体的な目的や業務内容について理解しておく必要があります。

今回は経営管理の概要や目的、必要なスキルなど詳しく解説していきます。

経営管理を行う上で発生する課題についても解説していきますので、ぜひ自社の経営管理にお役立てください。

経営管理とは?

経営管理とは、企業が事業活動において立てた目標を達成するために、社内組織の調整・総括を行う経営手法を指します。

ここでは経営管理の定義と混同されやすい経営企画との違いについて解説していきます。

経営管理の定義とは

経営管理は、企業が立てた目標達成に向けて組織単位、または事業部単位で行われる管理業務です。

経営管理を行うことで自社の課題・事業の動きを把握できるため、適切な経営判断が下しやすくなります。

経営管理を怠ってしまうと、投資や損切のタイミングが遅れてしまい、せっかくのチャンスを損失してしまう可能性もあります。

経営管理にはさまざまな管理方法がありますが、一般的には5つの管理を行うことが多いです。

  • 生産管理
  • 販売管理
  • 人事管理
  • 労務管理
  • 財務管理


経営管理には、事業を発展させる上で欠かせない「人・物・金」を適切に管理することが求められます。

経営管理と経営企画との違い

混同されやすい経営管理と経営企画ですが、業務内容が異なります

経営管理 = 経営企画が策定した戦略に基づき、事業や部門、業務を管理する業務

経営企画 = 中長期的な経営計画、経営戦略など大きなプロジェクトを担う業務


経営企画では市場調査や競合分析などを行い、経営資源の分配や施策を策定します。

そこで立てられた戦略や施策を実行するために必要な業務が経営管理なので、企業規模によっては経営管理が経営企画に含まれていることもあります。

経営管理の目的

企業の目標達成に欠かせない経営管理ですが、適切な管理を行うには経営目標や戦略を社内全体で共有しなければなりません。

業務に携わる従業員に対して、明確な方向性を示さなければ、チームとしてのパフォーマンスも下がってしまうでしょう。

また、目標達成に必要な予算やスケジュールなど、適切に管理出来ていない場合、モチベーションの維持も困難になります。

このように経営管理の最大の目的は、組織や事業の動きを把握し、従業員一人一人が最大パフォーマンスを発揮できる仕組みづくりであると言えます。

経営管理に必要なスキル

さまざまな部門・組織の調整が必要になる経営管理業務では、求められる3つのスキルがあります。

自社の「人・物・金」を適切に管理・調整するために、具体的にどのようなスキルが必要なのか確認していきましょう。

1. マネジメントスキル(人事・労務管理)

経営管理に必要なスキルとして、まずマネジメントスキルが挙げられます。

マネジメントには従業員のモチベーションやタスク管理だけでなく、人事や採用選考、労務管理なども含まれます。

従業員のモチベーションやパフォーマンスを維持させるためにも、適切なポジションへの配置、評価は重要です。

人事や労務管理は、利益に直結するわけではありませんが、生産性や効率性の向上など、自社経営に影響があるため非常に重要な管理スキルと言えるでしょう。

2. マーケティングスキル(生産・販売管理)

事業をより発展させるためには、生産・販売管理などマーケティングスキルが重要です。

市場の需要と供給のバランスを把握し、在庫や生産計画など、過不足ない管理が求められます。

顧客の満足度や関心が向上できるような商品やシステムの開発には、市場のニーズをしっかりと把握していなければできません。

必要なものを必要なときに必要なだけ生産・販売できれば、大きな利益に繋がります。理想の経営管理を目指すのであれば、生産の段階から注視しておく必要があるでしょう。

3. 財務管理スキル(財務管理)

財務管理は事業を行う上で、企業を維持しながら利益を増やすために欠かせない管理ポイントです。

商品の開発コストや人材採用コスト、営業利益など多くの数字を正しく把握しておく必要があります。

特に海外展開を行っている、グループ会社が多い企業は、キャッシュフローに不明瞭な点がないか正確に把握しておかねばなりません。

財務管理が不適切であったため、黒字倒産してしまう企業もあります。

コストカットの必要性や今後の投資計画など、健全な経営資本を増やすためにも財務管理スキルは必要不可欠と言えるでしょう。

こんな経営管理が理想

経営管理は企業の数だけありますが、実際にどのような経営管理が理想なのでしょうか。

ここで理想的な経営管理方法をご紹介しますので、ぜひ経営管理を行う際の参考にしてみてください。

経営者が決定した目標に向かって、従業員が行動できること

理想の経営管理とは、経営者が下した意思決定に対して、従業員が同じ方向性を持って行動できることです。

企業規模が大きければ大きいほど、経営管理に求められる綿密さは跳ね上がります。

特にどのような戦略・管理が必要か、部門・グループ間でどのような連携が必要か誰でもわかるよう、明確にしておかねばなりません。

従業員が高いモチベーションを保ち、目標達成に向けてスムーズに行動しやすい環境づくりが理想の経営管理への一歩とも言えるでしょう。

適切なタイミングで経営判断が行える

自社にとって理想的な経営管理ができていれば、将来の経営判断がしやすくなります。

自社の現状をしっかり把握しておくことで、コストカットすべきか、または新たな事業へ投資すべきかなど、適切なタイミングで経営判断ができるでしょう。

経営判断がしやすい環境を整えるためには、実際の経営状況や事業計画、社内の環境整備が整っている必要があります

事業を発展させるタイミングをしっかり掴むためにも、普段から財務管理や組織編成計画などこまめな見直しが重要です。

経営管理で抱える課題

事業が発展していくにつれて経営管理も煩雑になり、多くの課題に直面します。

経営管理を行う上で、特に難しいとされている2つの課題を確認してみましょう。

1. 将来の業績予想の精度が困難

経営管理の課題として多く挙げられるのが、将来の業績予想の困難さです。

近年特に、市場の急激な変化他社の合併・新規事業などによるシェアの分散などで、業績予想の精度が難しくなっています。

特にコスト変動や価格競争など外的要因の変化には、随時把握し対応していく柔軟さが求められるでしょう。

2. 経営管理の高度・複雑化

業績予想の精度とともに困難を極めるのが、経営管理の高度・複雑化です。

近頃は、海外展開や複数の子会社を有している場合も多く、管理対象データが増加したことで、より高度な経営管理が求められるようになりました。

子会社毎の管理は出来ていても、決算時期は連結で決算報告をしなければなりません。

管理対象データの収集や精査に膨大な時間と負担が発生してしまうため、企業規模が大きくなればなるほど悩ましい問題となってしまうでしょう。

経営管理を向上させる方法とポイント

経営管理の改善は、業績向上に直結するため、しっかりと状況を把握しておく必要があります。

ここで経営管理を改善するためのポイントを3つご紹介します。

ポイント1. 現場レベルに合わせた課題を設定する

目標を達成するためには、部門毎に合わせた課題を設定し、予実管理させることが重要です。

現場レベルに合った課題を設定することで、従業員の自発性やモチベーションを高めることも期待できます。

また、チームで目標に向かって業務を行うことで、チームワークの向上も期待できるため、より難易度の高い課題にも取り組めるでしょう。

課題を設定する際は「経営レベル・マネジメントレベル・現場レベル」と各ポジションに合わせた管理指標を定める必要があります。

部署の状況や業績によって課題設定は異なるため、まずは現状把握から対策を取りましょう。

ポイント2. 経営管理を行うためのデータを見える化する

適切な経営管理を行うためには、自社のリソースすべてを一元化し、見える化しておくことが重要です。

経営管理を行うためには、生産・販売・人事・労務・財務と多くのデータを取り扱う必要があります。

データの一元化は、必要なときにリアルタイムのデータを確認できるため、スピーディーな経営判断に役立つでしょう。

また見える化しておくことで、現在の業績から着地点までの予測も可能になるため、経営管理の改善策として特に有効です。

ポイント3. 経営管理を効率化させるツールを利用する

経営管理の改善ポイント3つめは、経営管理システムツールの導入です。

今までの経営管理では多くのデータをExcelでまとめていることが多かったため、膨大な時間と負担がかかり、さらに管理しにくい面がありました。

経営管理システムツールを利用すれば、すべての情報を同じデータベース上で管理できるため、各部門・グループ会社のデータもリアルタイムで確認できます。

現在主流となっているのはERPやRPAといった、業務基幹システムです。特に機械学習やAIを用いたRPAは、経営管理に欠かせないツールとなるでしょう。

経理業務やデータ分析など煩雑な業務をすべてRPAに任せることで、従業員の負担軽減も可能になります。

ツールの導入にはイニシャルコストとランニングコストがかかるため、人件費などの経費を考慮しながら導入を検討してみてください。

まとめ

経営管理とは、適切な経営判断を行うために必要な管理方法です。適切な経営管理を行うためには、具体的な目標やスピーディーな課題設定が求められます。

特に今後事業拡大やグローバル化を計画されているのであれば、今のうちに経営管理について再構築してみるのもいいでしょう。

企業によって経営に関する課題は異なるため、現状を把握し効率的な経営管理を行うためには経営管理システムの導入もおすすめです。

自社の経営管理の体制に課題を感じている場合は、システムの導入や管理方法の見直しを検討してみてください。

画像出典元:写真AC

RPAの概要・サービス一覧をみる

最新の記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】RPAツール選びのお役立ち資料
RPA
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ