【2018年版】誰も教えてくれない 起業に役立つ助成金の活用法!

【2018年版】誰も教えてくれない 起業に役立つ助成金の活用法!

記事更新日: 2018/08/06

執筆: 松木大誠

助成金と調べるとたくさんの助成金が出てきて、実際どれを選んでいいか迷ってしまうと思います。さらに助成金別に「条件の厳しさ」や「貰える額」が異なっており、申請できる助成金が毎年変わるのでとても複雑に感じます。

経営者にとって、助成金はとても大切な資金であり、税金が一部免除される制度などもたくさんあります。ただ、普通に起業して会社を経営しても、助成金については誰も教えてくれません。

助成金とは『完全に知らなきゃ損!!』というわけです。

実際に後で知っても手遅れで、本当に誰かちゃんと教えてよ。って数年後に後悔する経営者がたくさんいます。ビジネスを考えたり、たくさんのやる事が多いと思いますので、まずは確認しておいた方が良い、いわゆるお得な助成金なのではないかっという2018年度版をあげさせてもらいました。

この記事では短い時間で理解できるよう、経営者目線でまとめているので、この機会に助成金を活用するようにしましょう!

助成金とは?

助成金とは目的を実現するために費やした、努力や工夫に対して交付される「ボーナス」のようなもので、国や地方自治体から支給される「返済不要」な支援金のことをいいます。一般的には条件を満たし、様式に従って申請を行うことことで、ほとんどの助成金は得ることが可能です。

助成金は返済不要が大きな特徴ですが、基本的には「後払い」です。後払いということは、申請してすぐ支給されるわけではなく、条件や規定を満たして初めてお金がもらえる仕組みになっています。

補助金との違い

助成金・補助金は融資とは異なり、どちらも国や地方の公的団体から受け取ることができる、「返済不要なお金」です。このような制度を上手に活用することにより、経営をする上での支出を軽減することができます。

しかし、助成金と補助金の違いをはっきりとわかっている人は少ないです。この機会に助成金と補助金の違いについて、しっかりと理解しておきましょう!

補助金とは

補助金は期間内に応募しなければ受けることができません。さらに応募のために書類や要件を満たしている必要があり、予算や定員が限られていることが多いので、期間内に応募したとしても、審査が通らななければ補助金を受けることができないのも助成金とは異なる特徴です。

助成金と補助金の違い

支払い期限と返済義務は双方とも違いはありません。
大きな違いとしては、助成金は受けるための資格要件を満たせばほぼ受けられるのに対して、補助金は申し込んだ会社全てが受けられるとは限らないところです

補助金はもらえる会社に限りが設けられており、どんな事業に使うのかなどの書類を作成して、選ばれなくてはなりません。具体的には事業計画書などを提出する必要があり、助成金よりもハードルが高くなります。

さらに申請期間にも差があり、助成金は比較的長く設定されていますが、補助金は期間限定的なことが多いです。
両方とも活用して損はないので、片方だけを活用するのではなく、助成金と補助金の両方の制度を使うことをおすすめします!

助成金のメリット・デメリット

メリット

・返済不要

何度も紹介していますが、助成金の大きなメリットは融資とは異なり返済不要なところです。なぜ返済が不要なのかは、企業が収めている雇用保険を財源としているからです。
助成金を使わずに融資を行う場合、いずれは返さなくてはならなく、金利も考えなくてはいけません。その点、助成金であれば返す必要がないので、精神的ストレスが少なく資金を得ることができます。

・社内体制が向上する

一般的のベンチャー企業やスタートアップなどは社内体制が定まっておらず、給料規定や就業規制などが曖昧です。厚生労働省の助成金は、給料規定や就業規則などの社内体制をしっかり整備しないと貰えないので、社内体制の曖昧さがなくなり必然的に体制が向上します。

デメリット

・申請が非常に複雑

助成金を申請するためには補助金のように、「事業計画書」を必要としませんが、申請の過程が非常に複雑になっています。
例としては「計画申請→就業規則の改定→取り組み実施→支給申請」の4段階になっているものもあります。

さらには用語がわかりずらいのでハードルが高く、もし申請したとしても、書類が1つでも間違っていたら無効になってしまいます。内容が難しい上に、書類を間違えることができないのでハードルが上がり、結果として申請することがめんどうになる人が多いようです。

・後払い

助成金の受け取りは原則「後払い」です。自己資金で支払いをした後に、助成金が支給され一部を負担してくれます。お金が必要になったら使えるわけではないので、ある程度の自己資金を準備できていないと助成金を借りることすら困難になってしまうのです。

必ず抑えておきたい助成金

必ず抑えておきたい助成金は大きく3つあります。

1.キャリアアップ助成金
2.人材開発支援助成金
3.両立支援制度等助成金

数多くの助成金がありますが、この3つの助成金を抑えておけば間違いないでしょう。

ここではその3つの助成金の中からおすすめのものを、「貰える金額、取得条件、助成金支払いまでの期限」の3つの項目から紹介し、それぞれの特徴を記載していきます!それぞれの提出書類などは紹介すると細かすぎるので、提出書類はご自分で検索してください。

キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金は最もメジャーで、主に非正規社員に向けた助成金です。
非正規社員を正規社員にキャリアアップさせるための人材育成や、賃金規定の改定や、健康診断の導入の取り組みなどの際に助成される制度です。この制度は厚生労働省が管轄しています。

1. 正社員転換コース(おすすめ!)

正社員転換コースとは、非正規社員を正社員に転換する際に助成される制度のことです。この制度は1人を採用するごとに助成金が貰えるので、社員を採用する毎に助成金をもらえます

2. 東京都 正社員転換支援(おすすめ!)

この助成金は東京都の事務所で働いている方が対象の制度です。
東京都の事務所で働いているだけでこの制度に申請することができるので、都内で働いている方にはおすすめの助成金です。しかし、正社員転換コースと比べる不確実性が高いので、必ず貰える助成金ではないという認識が必要です。

3. パートタイム無期転換コース

非正規社員のパートタイマー・アルバイトを、正社員に転換すると貰える助成金です。パートタイマーとアルバイトに限定していることが特徴です。

4. 東京都 無期雇用転換支援

東京都内の事業所で働く従業員(雇用保険加入も東京)が対象の制度です。この制度はパートタイム無期転換コースの認定を受けた後に申請できます。

5. 賃金共通化コース

会社の給与体系を定め、正社員と非正規社員に適用すると貰える助成金です。例としては、共通した賃金テーブルの作成や、賃金規定ルールの明確化などをする必要があります。

6. 諸手当共通化コース

非正規社員を含む従業員に、共通のルールで「皆勤手当」を3000円以上支給すると助成金対象になる制度です。皆勤手当とは、欠勤なく会社に勤務した場合につく手当のことです。

7. 健康診断コース

正社員と同様の健康診断を非正規社員に対して、累計4回実施すると助成金が貰える制度です。



人材開発支援助成金(おすすめ!)

人材開発支援金とは、主に正社員のキャリア形成を目的として支援される助成金のことです。雇用する社員に対して専門的な知識や技能を習得させるための、職業訓練などを実施した場合などに掛かった費用を助成します。

この人材開発支援助成金は、「貰える金額、取得条件、助成金支払いまでの期限」がそれぞれ同じなので、最後にまとめて紹介し、特徴は制度別に紹介していきます。

1. セルフキャリアドック制度

この制度は国が指定するキャリアコンサルタントと、正社員が面談(有料)を行う制度です。申請後は企業規模に応じた人数に対し、1回実施することが要件です。

2. 教育訓練休暇制度

正社員に「特別給与」を取得させ、自発的にしたいと希望するセミナーに行ってもらう制度です。企業規模に応じた人数に対し、5日間付与することが要件です。

3. 技能検定合格報酬金制度

国が指定する技能検定(有料)に正社員が合格し、その正社員に対して合格報酬が支払われる制度です。企業規模に応じた人数に対し、1回実施することが要件です。技能検定には機械加工、建築大工、ファイナンシャル・プランニングなどの128種類の試験があり、その中から選ぶことができます。

金額・条件・期間

以上の3つが人材開発支援助成金でマストとなる制度です。この3つは全て兼用して申請することができます。
3つ全てを申請すると(47.5万円×3=142.5万円)となり、非常に大きな金額になるので、3つ全て申請することをおすすめします!

両立支援制度等助成金

この制度は妊娠や出産、育児、介護を理由として、休まざるを得ない場合に適用される助成金のことです。この助成金を使うことで、長期的に仕事を休む際には安心できますし、仕事と家族の両立を促進することができます。

1. 育児休業等支援コース

2. 出生時両立支援コース

以上が抑えておきたい助成金の紹介でした。
最後にこれらの助成金を申請する際の手間を省いてくれる、便利なサービスをご紹介したいと思います!

おすすめのサービス: toreruca


画像出典元:torerucaホームページ

トレルカとは「どの助成金が取れるのか?」「自分の会社は本当に助成金が取れるのか?」といった悩みを解決するために開発されたサービスです。
診断方法はとてもシンプルで12の質問に答えることで、簡単に診断することができ、答える時間も約3分で終わります。

トレルカのもう1つの特徴は「実績の高さ」にあります。トレルカは2015年8月からサービスをスタートし、今では助成金診断数は1000件を超え、申請成功率は98.8%という高い信頼実績があります。
自分で調べるよりも、トレルカを使用した方が時間もお金も削減しながら助成金を受けることができるので、ぜひ一度使うことをおすすめします!

まとめ

助成金は知らないと誰も教えてくれません。本当はもらえたのに、最初に申請しなかったからもらえないなんて事も多いのが現実です。
助成金はダメ元で申請することで通ることもあるので、しっかりと調べて申請するようにしましょう。

1つ注意しなくてはならないことは「助成金のためにお金を使わないこと」です。よくあるのが、助成金の条件を満たすためにお金を使い、結果として支出が増えただけで経営としてはマイナスになっている、なんてことがあります。
助成金を目的とせずに、助成金はあくまで一部であるという認識を忘れないようにしましょう。

今ではトレルカなどのサービスもあるので、そのようなサービスを活用することで、助成金を受けられるかが判断できます。ビジネスで100〜200万円利益を出すのは大変ですが、助成金を活用すれば支出を削減することができるので、真剣に検討することをおすすめします!

画像出典元:Burst

この記事に関連するラベル

最新の記事

ページトップへ