ActivewebPresentation

記事更新日: 2020/01/22

執筆: 編集部

運営コメント

会議を開催するためには、資料を作成したり会議室を確保したりと、何かと前準備がめんどうです。また、紙の資料を大量に作成するとなると、その分のコストもかかります。「ActivewebPresentation」はデバイスを選ばず利用できる便利なペーパーレス会議ツールのため、導入によって会議の準備の手間やコストの大幅削減に役立つでしょう。

1. ダウンロードなしで即ログイン

ブラウザー一体型のソフトのため、ダウンロードなしでの即ログインが可能

2. 手書きのマーキングやポインター機能

発表者は手書きでマーキングをしたりポインターを使用でき、参加者全員の画面へ共有できる

3. 投票機能

オプションの投票機能で、参加者の意見を集約してグラフ化できる

良い点

「ActivewebPresentation」の導入で、会議の前準備の時短やコスト削減が実現します。また、どこからでも会議に参加できる、重要種類のセキュリティ保持、アンケート機能による意思決定の明確化といったメリットもあります。

悪い点

便利な機能がオプションになっていることが多いため、より便利な形で利用したい場合にはオプション費用がかかります。

費用対効果:

導入で会議の合理化を図れ、前準備や紙の資料のコスト削減に役立つでしょう。

UIと操作性:

多機能ツールのため、機能や操作方法に慣れるための時間が必要かもしれません。ただし、専門的な知識は必要ないため、慣れてしまえば便利なツールとして使いこなせるでしょう。

社外連携:

社外連携には対応していません。

ActivewebPresentationの特徴3つ

1. マルチファイル形式、マルチデバイスに対応

「ActivewebPresentation」はダウンロードなしですぐに利用できるツールですが、特徴はほかにもあります。

それは、Office系ファイル形式(ワード、エクセル、パワーポイントなど)に対応できるという点と、PC、タブレット、スマートフォンといったマルチデバイスに対応できるということです。

たとえば、タブレットのみに対応したツールでは会議参加者予定分のタブレットを用意しなければなりませんが、「ActivewebPresentation」なら現在使用中のデバイスを用いて会議を発表したり参加したりすることが可能です。


マルチファイル形式、マルチデバイスに対応

2. シンプルで使いやすく、セキュリティ対策にも配慮

「ActivewebPresentation」は、発表者や会議参加者がファイルをアップロードしやすく、必要なファイルを全員で確認しながら会議を進行させることができます。

なお、ファイルはシンプルな手順でアブロードできるため、機械の操作が苦手な方でも容易に行えるでしょう。

また、発表者や会議参加者が会議中に残したメモはAWP(WEB会議のプレゼンツール)サーバーに保存できるほか、終了した会議に関しては管理者が会議名を削除できます。

会議中に使用した資料に関しては、保管、回収、廃棄を選択できますので、重要書類を使用した場合でもセキュリティ面に関する不安はほぼないといえるでしょう。


使いやすくセキュリティ面も安心

3. 拡張機能も充実

「ActivewebPresentation」は拡張機能も充実していて、拡張機能をオプションでつければ、AWPビデオ会議機能やデジタル書庫システムAWDも利用できます。

AWPビデオ会議機能は5ユーザー(5拠点)までの登録が可能で、ストリーミングサーバーやプラグイン不要で導入できます。

一方のデジタル書庫システムAWDは、あちらこちらに散在してる文書をデータ化して一元管理できる機能で、AWPとの連携でAWPへデータを転送できます。

この機能を使用すれば、会議に必要な資料の検索をスピーディーに行えますので、文書整理でお困りならオプションでの導入を検討してみると良いでしょう。

拡張機能も充実

ActivewebPresentationの料金プラン

詳細はお問い合わせをする必要があります。

ActivewebPresentationの評判・口コミ

大幅コスト削減を実現
サービス業・大手ホテルグループ様

「全国9拠点・170名規模の幹部会議を行う際、今までは大掛かりなビデオ会議システムを使用していたのですが、やはりコストがネックでした。また、規模が規模なだけに会議資料の印刷費も相当なものになっていたので、ウェブ会議ツールの導入が急務でした。数社に渡って検討した中で、AWPが最もシンプルでわかりやすかったですね。PC、タブレットと端末を選ばないので、導入がスムースだった点も良かったですね」

セキュリティが向上
教育機関・S県立大学様

「職員会議をペーパーレス化したいと考えて導入しました。学生の個人情報など機密性の高い資料を扱うことも多いので、参加者の端末にデータを残さず資料を閲覧出来るAWPの導入は、セキュリティ面の向上にもつながっています。今後はカスタマイズを加え、講義システムへの応用を計画しています」

*「ActivewebPresentation」公式HP参照

まとめ

「ActivewebPresentation」はマルチファイル形式、マルチデバイスに対応した使い勝手が良いペーパーレス会議ツールです。

プランは、20人ユーザープラン、40人ユーザープランのほか、同時接続メモリサイズ無制限のクラウドプランから選べますので、会議参加者人数に合わせてプランを検討してみると良いでしょう。

また、このツールは拡張機能も充実していますので、より便利にペーパーレス会議を行いたい方は、こちらの導入もあわせて検討することをおすすめします。

画像出典元:「ActivewebPresentation」公式HP

その他の【ペーパーレス会議】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ