ConforMeeting/c

記事更新日: 2020/01/22

執筆: 編集部

運営コメント

会議といえば、プロジェクションマッピングを使用し、それを確認しながら全員で情報を共有する、あるいは、テレビ会議で情報を共有するというイメージが強いのではないでしょうか。しかし、これらには情報内容に誤りがあった場合に、その場での修正が難しいというデメリットがります。そして、これらの方法の弱点をカバーできるのが、今回ご紹介する「ConforMeeting/c」なのです。

1. 共有機能

各自のPCを使用し、電子化された資料を会議参加者全員で共有できる

2. ページの先読みが可能

個人作業モードでのページの先読みが可能

3. 手書きでの書き込みが可能

共有したい内容を手書きで書き加えられる

良い点

「ConforMeeting/c」を導入で会議参加者全員で情報を共有すれば、資料内のミスの早期発見や修正をリアルタイムに行えます。また、コミュニケーションの円滑化にも大きく貢献しますので、資料内容の解釈の行き違いといったトラブルも避けることができるでしょう。

悪い点

資料請求から導入までには時間がかる可能性があるため、その場での導入は難しいでしょう。

費用対効果:

公式サイトで費用を公表しておらず、場合によっては高額や初期費用や月額料が発生する可能性が考えられます。

UIと操作性:

直観的な操作が可能で、難しい操作は必要ありません。

社外連携:

ipadやAndroidにも対応しています。

ConforMeeting/cの特徴3つ

1. リアルな会議を実現できる機能を搭載

「ConforMeeting/c」は、ご自宅や外出先から遠隔でのアクセスから会議に参加できる、画期的なシステムです。

会議に参加する際には、会議室リストから当該会議室番号を選択して入室し、参加者承認を受ければ直ちに会議への参加が可能になります。

近年、テレワークを導入する企業が増えていますが、「ConforMeeting/c」を導入すればテレワーク勤務の方もスムーズに会議に参加できるでしょう。

なお、会議室ロック機能も搭載されており、この機能を使用すれば会議室リストが非表示になります。

特に会議に集中したいときには、この機能をうまく利用してみると良いでしょう。


簡単ログイン、機能も充実

2. ケースバイケースで柔軟な対応が可能

「ConforMeeting/c」はどこにいても利用できる便利なシステムで、組み合わせによってバリエーションに富んだ利用が可能です。

たとえば、TV会議システムとの組み合わせ、電話会議との組み合わせ、社内ミーティング、プレゼンテーションなど、応力範囲が広いのが「ConforMeeting/c」の特徴です。

もちろん、紙の資料は使用しませんので、会議の完全ペーパーレス化実現も可能になります。


テレビ会議システムとの組み合わせ
 

電話会議との組み合わせ
 

社内ミーティング
 
プレゼンテーション

3. 多彩な機能、直観的な操作が可能

「ConforMeeting/c」の機能は、ツール、編集、追加・削除、保存、保管(オプション)から構成されています。

画面は見やすく、画面右のバーに会議参加者が表示されており、鮮明な画面で情報を共有できます。なお、ipadやAndroidでも操作方法はPCと同様ですので、迷うことなく操作ができるでしょう。

資料を共有したら、書き込みしたファイルを元のファイルに書き戻し、再利用が可能になります。


機能一覧
 

Andoroidでもスムーズな操作が可能
 

再利用が可能

 

ConforMeeting/cの料金プラン

詳細はお問い合わせをする必要があります。

まとめ

「ConforMeeting/c」は、ペーパーレスの会議を実現できる画期的なシステムで、導入することでテレワーク勤務や海外勤務、外出中の社員も会議に参加できます。

また、資料中の誤りを発見した場合にはその場で修正できるというメリットもあります。

もちろんセキュリティ体制も万全ですので、情報漏えいの心配もほぼないでしょう。

通常の会議をより効率化させたいなら、この機会に「ConforMeeting/c」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「ConforMeeting/c」公式HP

その他の【ペーパーレス会議】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ